FC2ブログ
HOME

へたくそ隊長の釣れない釣行記と色々です。

三崎宇和海側・トボ(夜釣り)

2020年2月8日(土)~9日(日) 大潮 干潮 13時38分 90㎝ 満潮 19時7分 202㎝ 干潮 1時39分 6㎝ 満潮 8時21分 229㎝ 月出 16時37分 月没 7時0分 月輝面 99.1% 月齢 14.0


 今回は満月の大潮、仕事の方も毎年恒例の年度末にかけての激務が予想されるために、どうしても夜釣りに行きたい。

 メンバーを募るものの、寒さと強風のために断念するもの2名。

 それでも、「隊長1人だけ行かすわけにはいかない」と、TURUさんが何とか仕事の都合をつけてくれ同行してもらいました。


 昨日の雨上がりの後の爆風、朝のうちは北北西8m、時間が経つにつれ段々と風速が上がっていき10時頃には北北西18m。

 船着きに着くと港の中まで風波が入ってきて渡船は大揺れ、こうなればTURUさんも道連れです。

 本日、目指すトボは北側に山を背負う地形なので、港から見る限りは大丈夫な感じです。(非常に不安)


 TURUさんが少し遅れたのでゆっくりと船頭さんと談笑出来ました。


 15時43分、出船。

 激しくしぶきがかかるので、後ろの船室に緊急避難します。


 16時1分、トボに上礁。

01_DSCF6033-1.jpg

02_DSCF6034-1.jpg

03_DSCF6035-1.jpg

04_DSCF6036-1.jpg

 北北西の風がたまに西側の正野漁港や東側の三崎港の方から吹き回してきますが、突風ではありません、何とか釣りは出来そうです。


 16時25分、実釣開始。

05_DSCF6037-1.jpg

 潮は良い感じの満ち潮が右側に流れていました。


 16時58分、潮がかなり高くなってきました。

06_DSCF6038-1.jpg

07_DSCF6039-1.jpg

 17時26分、初浮き入れ、寒い鯛でした。

08_DSCF6040-1.jpg

 17時35分、お決まりのアイゴ。

09_DSCF6042-1.jpg

 17時51分、間もなく日没です。

10_DSCF6044-1.jpg

11_DSCF6045-1.jpg

 TURUさんは本釣り座から。

12_DSCF6046-1.jpg

awx8n-xsqc4.jpg


 少し薄暗くなると餌が残りだし、夕まずめのチャンス到来です。

 しかし、この肝心な時に満ち潮は緩み、右からの風に押されて流れなくなります。

 絶好の時間帯に2人ともノーヒットでした。

 
 19時を過ぎると左の引き潮の流れとなります。

 お月さんも応援するかのように恥ずかしいぐらい海面を照らしてくれます。

 この月、この潮が出れば、間違いなくイサギ、魔鯛が釣れる筈です。

 北北西19mになりましたが、少し風向きが変わったのか、殆ど当たらなくなりました。



 しかし、世の中甘くありません。

 刺し餌はたまに取られるものの、浮きには反応無し。

 潮は岡寄りから沖に跳ね出る、絶好の魔鯛が釣れる潮となってきました。

 
 この状況、水温低下が原因でしょうか、ウリボウすら釣れません。

 流芯を流して沖の魔鯛を狙いますが、全くやる気が感じられませんでした。


 20時50分、この状況でもTURUさんにヒットです。

 この竿の曲がりは魔鯛のようですが、余り頭を振りません。

 ハエ際にきて横走り、まさかのシマアジと期待しますが、少し長いような・・・

 65㎝のハマチでした。

o0640048014711009066-1.jpg

 日没後、約3時間経過、月夜とはいえまさかハマチが釣れるとは全く予想外の出来事でした。

 
 22時29分、引き潮の止まりかけ、かなり近場で浮きがぴょこぴょこ。

 ゼンゴかと思いましたが、51魔鯛が釣れました。

14_DSCF6051-1.jpg

15_DSCF6055-1.jpg

 22時53分、TURUさんにも40魔鯛が釣れて時合い到来かと思いましたが、潮が止まってしまい追加は出来ませんでした。


 0時を過ぎると少し満ち方向の右流れとなります。

 釣り座を右側の離れに移動して攻めてみます。

 流れ始めに、ゼンゴが2枚。


 0時30分、潮上で釣っていたTURUさんには41魔鯛が釣れました。


 満ち潮の流れは段々と速くなり、TURUさんは大きく潮下の釣り座に移動しました。

 そこは手前がかなり浅く、少し奥まっているので、TURUさんのような遠投力と巻き倒すパワーが無いと攻めれないところです。

 
 少しゼンゴが居るのか、たまに刺し餌は落ちるものの、浮きには反応がありません。

 2時4分、かなり沖に流して回収を始めると魚が喰ってきました。

 巻き上げに反応してイサギが喰ってきたと思いましたが、何とウマヅラ君でした。

16_DSCF6058-1.jpg

 ここのウマヅラは夜も寝ずに頑張っているよです。

 
 この後、TURUさんにヒット、竿を大きく曲げています。

 直ぐに仕掛けを回収して玉助に向かいました。


 究極の巻き倒し、近場の磯根を交わしてカゴが水面を切ります。

 魚も最後の抵抗、水面約1m下で反転、シマシマ模様が見えた瞬間、痛恨の針外れとなってしまいました。


 やっていれば何かが釣れると投げ続けますが、魚の反応は無し。

 TURUさんに35魔鯛が釣れただけ。

 潮も終わりかけたので5時前から少し仮眠しました。


 仮眠後、潮は引き方向に変わっていました。

 まだ流れ始めで奥に入っています。

 風は北北東9mに変わったものの、左前側より強く吹きつけてきだしました。


 5時21分、底を掻いたような、ホゴが喰ったような感じで浮きに反応があります。

 巻いてみると45魔鯛が針掛かりしていました。

17_DSCF6065-1.jpg

 潮は風に逆らい流れますが、やはり押されて少し奥に入ってしまいます。

 朝のモーニングサービスに期待して投げ続けますが、2人とも1発の浮き入れも無く、6時40分には納竿としました。


 港に帰っての記念撮影。

18_DSCF6066-1.jpg

 激シブの状況でしたが、何とか魚の顔は見ることが出来ました。

 TURUさんと同じ潮筋を釣ってしまうと、やはり遠投力の差が出て釣り負けてしまいます。


 お持ち帰り。

19_DSCF6068-1.jpg

 もう三崎の夜釣りも終わりの感じですね。


 激務終了後復帰戦は4月の第2土曜日となりそうです。
 
スポンサーサイト



三崎宇和海側・童子バエ(昼釣り→半夜釣り)

 2020年1月25日(土)  大潮 干潮 1時25分 4㎝ 満潮 8時14分 227㎝ 干潮 14時4分 90㎝ 満潮 19時31分 204㎝ 月出 7時29分 月没 17時51分 月輝面 0.2% 月齢 0.6


 本当は夜釣りをしたかったのですが、21時頃より雨が降る予報となっていため、昼釣りから半夜釣りまでとしました。

 半夜釣りは、満ち潮が止まる20時までの予定です。


 4時45分、出船。

 童子バエは全く初めてで、真っ暗闇なので船着きから南沖にあるシモリの位置関係が良く分かりません。

 潮は時間的に絶対満ち潮が流れている筈です。

 風は北東向きなのでたまに吹き回してくるだけで問題有りません。


 シモリに当たる波の音でシモリの位置を予測して仕掛けを投げてみます。

 1投目、浮きが立たずに根掛かり、ハリスが切れてしまいました。

 朝一からトラブルで訳が分かりません。


 投げた場所が悪いのか、浮き下が深いのか判断に苦しみます。

 次は少し右にずらしてみますが、今度は少し流れて底を掻いてしまいます。

 何回か投げていると潮の流れや仕掛けが通るコースが分かってきました。

 ゼンゴは居ない感じなので潮に任せて流してみます。


 6時0分、携帯電話のアラーム音と同時に浮き入れ。

 余り大きくない魔鯛ですが、途中に点在するシモリの場所も全く分からないので、必死に巻き倒します。


 46ハットリ君、三崎では初めてでした。

01_DSCF5944-1.jpg

 やはり、ゼンゴは居なく餌が残ってきます。

 さらに沖の方まで流してみました。

 6時36分、60魔鯛。

02_DSCF5948-1.jpg

03_DSCF5951-1.jpg

 何となく感じが掴めてきました。

 6時49分、同じ場所で61.5魔鯛。

04_DSCF5953-1.jpg

05_DSCF5956-1.jpg

 その後、近場で中アジ、ウリボウ、小メバルが釣れたところで夜明けを迎え、モーニングサービスは終わってしまいました。


 南側のシモリと沖は名礁サクラバエ。

06_DSCF5962-1.jpg

 7時27分、まだ良い感じの満ち潮が流れていますが、餌取り塗りくりとなりました。

07_DSCF5963-1.jpg

 7時47分、コナガ。

08_DSCF5964-1.jpg

 8時57分、完全に満潮の潮止まり。あちこちと探検してみます。

 船着き釣り座。

09_DSCF5966-1.jpg

 サクラバエ。

10_DSCF5967-1.jpg

11_DSCF5968-1.jpg

 東向き、中梶バエ方向。

12_DSCF5969-1.jpg
 
 南東から西向き。

13_DSCF5970-1.jpg

14_DSCF5971-1.jpg

15_DSCF5972-1.jpg

16_DSCF5973-1.jpg

 てんこすの水溜まり。

17_DSCF5974-1.jpg

 引き潮時の第二釣り場???。

18_DSCF5975-1.jpg

 童子バエ、東側。

19_DSCF5976-1.jpg

20_DSCF5981-1.jpg

 右先端にうっすらと見えるのは名礁、中梶バエ。

21_DSCF5982-1.jpg

22_DSCF5978-1.jpg

23_DSCF5987-1.jpg

 9時5分、引き潮が微かに流れだしたので、釣り座を少し左側に移動します。

24_DSCF5989-1.jpg

 この方向にも、かなヤバいものが有ります。

25_DSCF5988-1.jpg

 引き潮、第1投目に小さなサンバソウ、続いて小さな寒鯛。

26_DSCF5990-1.jpg

 これは、昼間の引き潮も釣れるかと期待しましたが、直ぐに餌取り塗りくりとなってしまいます。

 引き潮の流れ始めは不安定で何故かサクラバエ向きに流れを変えたので、また西向きを釣ってみます。

 やはり、こらも餌取り塗りくりです。

27_DSCF5992-1.jpg

28_DSCF5993-1.jpg

29_DSCF5994-1.jpg

 11時23分、引き潮が速くなってくると本来流れるべき方向に流れ始めました。

30_DSCF5995-1.jpg

31_DSCF5996-1.jpg

 11時43分。流れは良いものの餌取りの活性は高いです。

 たまに磯ベラ、ホゴ、スズメダイ、小鯛、小グレ、ウマヅラが釣れる程度です。

 しかし、潮の流れやシモリの場所、水深などはある程度把握出来ました。

 この潮も夜釣りで狙えば面白そうです。

32_DSCF5997-1.jpg

33_DSCF5998-1.jpg

34_DSCF5999-1.jpg

35_DSCF6001-1.jpg

 13時30分。

36_DSCF6002-1.jpg

 14時1分。

37_DSCF6004-1.jpg

 14時15分、干潮の潮止まり、昼釣りの釣果撮影。

 初めてにしては十分です。

38_DSCF6006-1.jpg
 
 後は夕まずめの満ち潮に期待です。


 15時9分、やっと満ち潮が流れ始めました。

39_DSCF6009-1.jpg

 15時53分。良い流れとなっていますが、やはり餌取りがきついです。

40_DSCF6010-1.jpg

41_DSCF6011-1.jpg

 満ち潮の流れのピークは17時から17時半の間、かなり速かったです。

 日没前、潮は落ちつきだし、暗くなると餌が残りだしました。

 夕まずめのラストチャンス到来です。


 メバル、メバル、ホゴ、イサギ、やっぱり魔鯛が喰ってきました。

 18時2分、64魔鯛。

42_DSCF6014-1.jpg

43_DSCF6016-1.jpg

 何とかもう1枚と頑張りますが、何か少し餌取りがいる感じで餌が残ってきません。

 ただただ喰わせない時間だけが過ぎていきます。
 
 19時前、やっとのことで40弱魔鯛。

 続いてかなり沖の方で中アジが釣れました。


 19時を過ぎると急に大粒の雨が降ってきました。

 さすがの天気に戦意喪失、片づけているところに丁度船頭さんから電話があり、直ぐに迎えにきてもらいました。


 本日の釣果。

44_DSCF6018-1.jpg

45_DSCF6021-1.jpg

46_DSCF6023-1.jpg

47_DSCF6024-1.jpg

48_DSCF6025-1.jpg

49_DSCF6026-1.jpg

50_DSCF6027-1.jpg

 初磯でしたが、期待以上の釣果となりました。

 
 次回は、余り寒くなければ2月8日(土)の夜釣りを予定しています。

 

三崎宇和海側・トボ(夜釣り)

 2020年1月11日(土)~ 12日(日) 大潮→中潮 干潮 14時29分 91㎝ 満潮 19時54分 204㎝ 干潮 2時29分 -1㎝ 満潮 9時16分 230㎝ 月出 17時52分 月没 8時23分 月輝面 99.4% 月齢 15.7

 今回は、今年の初釣りとなりました。

 少し訳があって、こちらからの出船です。

01_DSCF5887-1.jpg

 第2土曜日だったので、定刻の12時に出船。

02_DSCF5888-1.jpg

 井野浦の波止。

03_DSCF5889-1.jpg

 常連の方2名が童子バエに。

04_DSCF5891-1.jpg

05_DSCF5892-1.jpg

 12時25分、上礁。緩い引き潮の左流れが残っていました。

06_DSCF5893-1.jpg

07_DSCF5894-1.jpg

08_DSCF5895-1.jpg

 右流れの時の釣り座。潮が高くなるとほぼ水没します。

09_DSCF5896-1.jpg

 この方向は手前の瀬が荒く、取込みには大変難儀します。

10_DSCF5897-1.jpg

 12時43分、実釣開始。

 風も波も無く釣り易いのですが、直ぐに餌取りが湧いてしまいます。

 潮も殆ど流れていないです。

11_DSCF5898-1.jpg

 14時19分、右に流れそうにはなってます。

12_DSCF5899-1.jpg

 T師範代、近場でウマヅラ狙い。

13_DSCF5901-1.jpg

 14時54分。緩い右沖流れ。

14_DSCF5902-1.jpg

15_DSCF5903-1.jpg

16_DSCF5904-1.jpg

17_DSCF5905-1.jpg

18_DSCF5906-1.jpg

 15時27分。ちょっとは速くなってきました。

19_DSCF5907-1.jpg

20_DSCF5908-1.jpg

21_DSCF5909-1.jpg

22_DSCF5910-1.jpg

 しかし、浮きに反応があるのはこいつだけです。

23_DSCF5912-1.jpg

 16時3分。

24_DSCF5913-1.jpg

 16時55分。

25_DSCF5914-1.jpg
 
28_DSCF5917-1.jpg

 17時1分。かなり良い感じの潮となってきました。
 
29_DSCF5918-1.jpg

 もう少しで、夕まずめのチャンスです。

30_DSCF5919-1.jpg

31_DSCF5920-1.jpg

 日が落ちると急に餌取りが居なくなります。

 このタイミングで綺麗な浮き入れが。

 良型魔鯛ですが、何とか手前の瀬を交わすように左側に回ってくれたので寄せてこれました。

 しかし、玉網は後ろの遠い所に置いてあります。


 少ししてT師範代が持ってきてくれたのですが、潮が高くなっていたために飛んで渡ってこれません。

 魚の顔は見えていたのに、次の突っ込みで針が外れてしまいました。

 結局、良い感じの右流れは直ぐに止まってしまい、19時頃には左流れとなりました。

 このままだと、非常にヤバい感じです。


 左流れになってもゼンゴは居なく、餌が残ります。

 月夜なので、ウリボウの活性は良い感じで直ぐに3枚釣れました、しかし型が小さいです。


 餌が残るので、どんどんと流してみます。

 すると、かなり沖でびっくりするような浮き入れが。

 こちら側は深いので、ゆっくりとやり取りが出来ますが、中々と浮かす事が出来ませんでした。

 20時12分、72魔鯛、やっと丸ボー脱出です。

32_DSCF5925-1.jpg

33_DSCF5927-1.jpg

 左流れも不安定でスピード、向きが定まりません。

 潮が止まりかけても、忘れた頃にウリボウが当たってきます。


 10時頃から2時頃まで、殆ど潮が動かずに近場で38魔鯛のみ。

 地形的に少し奥に入っているため、満ち引き潮ともに流れる方向、反転時間が良く分からない所です。


 2時を過ぎると少し右の潮が流れ始めました。

 どんどんと速くなっていき、少し右奥に舞い込みますが、良い感じの潮です。

 このタイミングで良型のイサギが5枚ほど当たってきました。

 しかし、釣れる度にポイントが遠くなっていく感じでした。

 イサギが当たらなくなると、かなり沖の方で46魔鯛。

 最後には黒い鯛まで釣れました。

34_DSCF5930-1.jpg

 5時半を過ぎると今度は左流れに変わります。

 左奥に舞い込む潮ですが、こちらもかなり流してイサギが4枚ほど釣れました。

 この時のイサギも型が良かったです。

 もう少し釣れそうな感じでしたが、迎えの時間もあるので6時40分には納竿としました。


 T師範代の釣果。

35_DSCF5935-1.jpg

 隊長の釣果、久し振りの好漁です。

36_DSCF5937-1.jpg

37_DSCF5938-1.jpg

38_DSCF5941-1.jpg

 満月の月夜でしたが、22時頃からは殆ど雲がかかり薄明かり程度の明るさでした。

 今年は本当にゼンゴが少ない年です。

 月夜ならばもう少しの間、イサギ、魔鯛と狙えそうですね。 

三崎宇和海側・ウマのハエ(夜釣り)

 2019年12月28日(土)~29日(日) 中潮 干潮 14時54分 92㎝ 満潮 20時18分 203㎝ 干潮 2時53分 0㎝ 満潮 9時43分 228㎝ 月出 8時50分 月没 19時4分 月輝面 5.5% 月齢 1.7

 今回は、今年最後の釣行となりました。

 当初は29日の晩の夜釣りを予定していましたが、悪天候となる為に急遽28日の晩に変更しました。

 仕事を10時半に切り上げ、15時10分に港に到着。

 
 当日は昼釣客りが多かったようで、丁度昼釣り客を港に下ろしているところでした。

 潮が大きいのでトボで良かったのですが、半夜客を上げているとのことで、ウマで半夜までやってトボに変わる作戦とします。


 15時23分、上礁。

01_DSCF5869-1.jpg

02_DSCF5870-1.jpg

03_DSCF5871-1.jpg

04_DSCF5872-1.jpg

 ほぼ無風、満ち潮が少し動き始めていました。


 今回は何故かT師範代がやる気満々で隊長より早く始めました。

 1投目でイサギ、2投目にウリボウが釣り上げます。


 15時46分、やっと実釣開始。

05_DSCF5873-1.jpg

 さすがに出遅れると餌取りが沢山となっています。

 しかし、満ち潮が速くなってくると近場の潮目中心でイサギが当たってきました。

06_DSCF5874-1.jpg

07_DSCF5875-1.jpg

 17時4分、かなり良い感じとなってきました。

 夕まずめのチャンス到来です。

08_DSCF5877-1.jpg

09_DSCF5878-1.jpg

09_DSCF5879-1.jpg

10_DSCF5880-1.jpg

 この時間帯でT師範代に良い当りが。

 しかし、残念ながら途中で針外れ、本人曰く、あれは大鯛だったと、かなり悔しがっていました。

 またまたT師範代に浮き入れがあり、55魔鯛。

 さっきのはこんなサイズでは無かったと、まだ言っていました。



 絶好の時間帯なのに満ち潮の流れはどんどん速くなっていき浮きはすっ飛んでいきます。

 18時44分、かなり沖で48真鯛。

11_DSCF5882-1.jpg

 続いて3本指サイズの太刀魚が針掛かりしてきます。


 20時を過ぎると満ち潮も緩んできて釣り易くなってきましたが、魚は喰ってきません。

 そろそろ半夜釣り回収船がやってきますが、ウマの引き潮に賭けて朝まで粘るようにしました。

 これが吉に出るか、凶と出るか、この時には分かりませんでした。


 21時を過ぎると引き潮がゆっくりと左に流れ始めます。

 大アジを期待しましたが、ゼンゴ太りが4枚釣れただけでした。


 引き潮の流れは本当に弱くゆっくりとしか流れません。

 釣り易い潮ですが、月明かりが無いせいか、魚の気配が感じられません。


 ここで、投げっぱなしにしていたT師範代に浮き入れで40強魔鯛。

 完全に交通事故、やはり真面目に釣っていないといけないとの証拠ですね。


 1時半になると満ち方向の流れとなります。

 干潮になる3時頃まではゆっくりの流れを期待しましたが、直ぐに速くなってしまい、3時過ぎには完全にお手上げ状態、納竿としました。


 本日の釣果、前回と同じく大撃沈です。

12_DSCF5886-1.jpg

 結果論で言えば、半夜でトボに変わっていた方が良かったのかなと思います。

 次回は11日(土)、月夜なので日和良ければもう一度夜釣りにチャレンジしたいです。

三崎宇和海側・ウマのハエ(夜釣り)

 2019年11月23日(土)~24日(日) 中潮 干潮 10時52分 77㎝ 満潮 17時2分 199㎝ 干潮 23時28分 50㎝ 満潮 5時49分 197㎝ 月出 2時42分 月没 15時4分 月輝面 12.7% 月齢 25..8

 今回は由良での夜釣りでサバを釣りたかったのですが、事前情報が余り良くなかったので、今時期のHGである三崎宇和海側に行ってきました。

 少し北東の風が吹いていましたが、夜中より南東の風に変わる予報となっています。

01_DSCF5838-1.jpg

 ハカセバエを予約していましたが、南東の風で波が大きくなると危険なので安全策としてウマに上がることとしました。

 13時35分、出船。昼釣り好調なのか、昼釣り客は結構居ました。

02_DSCF5839-1.jpg

03_DSCF5841-1.jpg

04_DSCF5842-1.jpg

05_DSCF5843-1.jpg

06_DSCF5844-1.jpg

07_DSCF5845-1.jpg

08_DSCF5846-1.jpg

 14時0分、実釣開始、弱い北東の風、満ち潮は良い感じで流れています。

09_DSCF5847-1.jpg

10_DSCF5848-1.jpg
 
 3投目より餌取りが出てきますが、近くの潮目中心で小振りなイサギが当たってきました。

 この時、「これなら夜になっても釣れるよ」と、T師範代は言っていました。

 しかし、昼釣れる時は夜釣れないことが多いです。


 16時26分、満ち潮の流れがかなり緩んできました。

11_DSCF5849-1.jpg

12_DSCF5850-1.jpg

 14時57分。夕まずめの絶好のチャンスタイム。

13_DSCF5860-1.jpg

14_DSCF5859-1.jpg

15_DSCF5858-1.jpg

 沖の方から引き潮の左流れとなってきています。

16_DSCF5857-1.jpg

 真面目に釣っているT師範代。

17_DSCF5856-1.jpg

 17時27分。ケミを付けての夜釣りに突入。1発大きいのがきそうです。

18_DSCF5863-1.jpg
 
 暗くなり引き潮は左湾奥→左→左沖と流れ、スピードを変えて良い感じに流れますが、全く餌が落ちません。

 闇夜なので、ゼンゴの活性も悪いようです。

 引きの潮止まりでも全く反応無し。


 24時になると満ち潮が流れ始めました。この潮の緩い内に釣らないとチャンスは無いです。

 しかし、全く餌が落ちません。潮は段々と速くなるし、おまけに藻が沢山流れていて道糸に絡んでしまい回収が大変です。

 かなりしつこく粘りましたが、流石に心か折れてしまい2時半には納竿としました。

 
 この頃より、急にうねりが大きくなり後ろ側の地磯はかなり白くなってました。

 朝、昼釣り客をハカセバエに上げたのですが、かなり上の方まで波が掛け上がっていました。

 もし夜釣りで上がっていたら、かなりヤバい状況になっていたと思います。

 船頭さんの忠告を聞いてウマに上がっていたのが正解でした。


 本日の釣果。夜釣りの部では、餌も落ちない完全試合、こんな事は初めてでした。

19_DSCF5867-1.jpg

 次回は、12月14日(土)の夜釣りの予定、またへたくそしそうです。

プロフィール

へたくそ隊長

Author:へたくそ隊長
酒好き、男好き?の「へたくそ」釣り師です。
海釣り何ならなんでも有り、カゴ釣りをメインとしています。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索
RSSフィード
リンク