FC2ブログ
HOME

へたくそ隊長の釣れない釣行記と色々です。

三崎宇和海側・ウマのハエ(夜釣り)

 2019年8月24日(土)~25日(日) 小潮→長潮 満潮 14時49分 168㎝ 干潮 20時17分 123㎝ 満潮 1時50分 170㎝ 干潮 9時7分 59㎝ 月出 23時42分 月没 13時7分 月輝面 39.7% 月齢 22.8

 今回は、サメの被害が殆ど無い三崎宇和海に行ってきました。

 13時54分、3人での貸切り状態で出船。

01_DSCF5596-1.jpg

 港出口で少し白波がたっています。珍しいことです。

02_DSCF5597-1.jpg

 本当はハカセバエを予約していましたが、波が心配なので安全策でウマに上がります。

 ウマの後ろ側も少し波が当たっています。

03_DSCF5599-1.jpg

 ウマは前が切り立っていて波に非常に強いハエです。

 船着きも裏側なので、非常に安全です。

04_DSCF5600-1.jpg

 東、三崎港向き。

05_DSCF5601-1.jpg

 南東向き。

06_DSCF5602-1.jpg

 南向き。

07_DSCF5603-1.jpg

 西向き、佐田岬灯台方向。


08_DSCF5604-1.jpg

 14時28分、実釣開始。

09_DSCF5605-1.jpg

 引き潮が流れ始めていましたが、流れは弱く、港向きに舞い込む最悪な潮です。

 3投目まで刺し餌は丸残り、4投目で浮きに微かな反応が。

10_DSCF5606-1.jpg
 
 船着き側でフカセをするMさん。 40ぐらいの魔鯛を釣りました。 

11_DSCF5607-1.jpg

 右側で何かしているT師範代。

12_DSCF5608-1.jpg


 この後、直ぐに小鯛(25~40弱)が3枚とウリボウが2枚。

13_DSCF5609-1.jpg
 
 少しずつ流れる方向は良くなるものの、流れは弱く餌取りは沢山となり夕マズメを迎えます。

 1発あるかと期待しましたが、何のドラマも無く引き潮が止まってしまいました。

 おまけに雨も降り出して、風まで強くなってしまいます。



 20時30分を過ぎるとやっと満ち潮が動き始めました。

 20時50分、割りと近くで51魔鯛。

14_DSCF5612-1.jpg

 これは今晩は魔鯛、イサギが沢山釣れるのかと期待をしましたが、流れが良くなっても浮き入れするのはゼンゴだけ。

 1時頃、かなり沖まで流して35イサギ、35アジ。近場で小鯛。

 さすがに集中力が切れてしまい2時より3時まで仮眠しました。

 
 再開すると引き潮が流れ始めていましたが、やはり流れは弱く港向き。

 段々と、流れる向きは良くなったものの、やはりゼンゴだけ。

 夜明け前にウリボウ2枚を追加するのがやっとでした。


 明け方のウマ。波はかなり落ち着いてきました。

15_DSCF5613-1.jpg

 本日の釣果。完全に大撃沈してしまいました。

16_DSCF5615-1.jpg

17_DSCF5618-1.jpg

 次回は9月14日(土)の夜釣り、場所は御五神行きを計画しています。

スポンサーサイト



須下・赤ハゲ(夜釣り)

2019年8月17日(土)~18日(日) 大潮→中潮 干潮 13時35分 10㎝ 満潮 20時5分 200㎝ 干潮 1時55分 65㎝ 満潮 7時44分 198㎝ 月出 20時10分 月没 7時39分 月輝面 96.5% 月齢 15.8


 今回は台風10号通過後の波が落ちきらないと読んで、由良半島の北側である須下に夜釣りに行ってきました。

 須下には20数年ぶりの釣行、由良半島に入ってからの細く曲がりくねった道は渡船屋さんまでとても遠く感じました。

 定刻14時に出船。 

01_DSCF5539-1.jpg

 ワラ崎。

02_DSCF5542-1.jpg

 ウスバエ。

03_DSCF5545-1.jpg

04_DSCF5547-1.jpg

 ムロバエ。

05_DSCF5552-1.jpg

06_DSCF5553-1.jpg

 名礁ナガハエ。

07_DSCF5557-1.jpg

08_DSCF5558-1.jpg

09_DSCF5560-1.jpg

 ナガハエのオカ。

10_DSCF5561-1.jpg

 ヤスケ。

11_DSCF5563-1.jpg

 黒崎の1番。

12_DSCF5564-1.jpg

13_DSCF5565-1.jpg

14_DSCF5566-1.jpg

 黒崎の2番。

15_DSCF5567-1.jpg

 黒崎の3番。

16_DSCF5568-1.jpg

17_DSCF5570-1.jpg

18_DSCF5571-1.jpg

 下のナガハエ。

19_DSCF5572-1.jpg

20_DSCF5574-1.jpg

 ツタ。

21_DSCF5575-1.jpg

22_DSCF5576-1.jpg

23_DSCF5577-1.jpg

 オオヒラバエ。

24_DSCF5578-1.jpg

 シリブト。

25_DSCF5580-1.jpg

 一番最後となり赤ハゲに向かっています。

26_DSCF5581-1.jpg

 赤ハゲからオシアガリ方向。多分、一番向こうがオシアガリです。

27_DSCF5582-1.jpg

 正面、緩い満ち潮の右、右沖向きの流れとなっています。

28_DSCF5583-1.jpg

 港向き、北東方向。

29_DSCF5584-1.jpg

 裏側。

30_DSCF5585-1.jpg

 東向き、シリブト方向。

31_DSCF5586-1.jpg

32_DSCF5587-1.jpg

33_DSCF5588-1.jpg

34_DSCF5589-1.jpg

 大きな亀が潮上向きに2匹泳いでいました。

35_DSCF5591-1.jpg

 昼釣り情報によると赤ハゲではサメの被害があったようです。

 今回もおまじないのサメの切り身を持ってきてます、1袋分は潮筋に投げ入れ、1袋分はハエ際に吊るしておきます。

 これで被害が無ければ良いのですが・・・


 良い潮の感じなので直ぐにやってみます。

 磯ベラ、根掛かり、右前に見えているシモリの前も余り深くないようです。

 
 潮は右沖→正面沖→左沖と流れを変えます。オシアガリを流れる満ち潮が速くなると引かれて左流れになるようでした。

 左流れで小さな青ムロと60青ブー。

36_DSCF5592-1.jpg

 暗くなると左流れも弱まり、正面から右流れと向きを変えます。

 ここでイサギが釣れ始めましたが、直ぐにサメの猛襲にあってしまいました。

 5回ほど横取りされて干潮の潮止まり、21時には引き潮の速い左沖流れとなりました。

 速い流れの中では喰ってきません、左側からの引かれ潮を釣るとボツボツと釣れました。


 1時を過ぎると弱い左流れとなり、かなり沖でやっと1枚釣れました。

 イサギチャンス到来かと思いましたが、2匹目を喰わすとまたサメの横取りが始まりました。

 3回ほど被害にあいました。またまたサメの横取りかと思いましたがタマメの子供は取られませんでした。


 3時半を過ぎると良い感じの右沖流れの満ち潮となります。

 イサギの活性も上がりましたが、サメも高活性となり、喰わす度に横取りされます。

 何とか1枚だけは取りましたが、さすがに針を結ぶのも嫌になり5時前には納竿としました。


 本日の釣果。サメの横取り25回以上、抜き上げ時の口切れ10枚ぐらい。

37_DSCF5595-1.jpg

 イサギはかなり沢山居るものの、サメも3匹以上は居た感じです。

 サメの切り身のおまじないも効き目が有るのか無いのか良く分からなくなってしまいました。

 次回は、サメの居ない所に逃げたいと思います。

御五神・大バエの南先端(夜釣り)

 2019年7月27日(土)~28日(日) 長潮→若潮 満潮16時34分 160㎝ 干潮 21時56分 113㎝ 満潮 3時27分 166㎝ 干潮 10時33分 40㎝ 月出 1時22分 月没 15時29分 月輝面 15.2% 月齢 25.1

 今回は、T師範代の希望により御五神へ夜釣りに行ってきました。

 確か4年振りの御五神での夜釣りです、久し振りにドキドキ、ワクワクしました。


 5人を乗せ定刻、15時に出船。 

01_DSCF5491-1.jpg

02_DSCF5492-1.jpg

 心配された台風6号からのうねり波も無く、寝床裏で抽選、5船の5番クジでした。

 タカゲタにTOさん、KOさん組が上がります。

03_DSCF5494-1.jpg

 寝床8番方向。まだ満ち潮が流れています。

04_DSCF5495-1.jpg

05_DSCF5496-1.jpg

 隊長御用達のうえむら渡船さん。

06_DSCF5497-1.jpg

 大バエの南先端に上がりました。

07_DSCF5498-1.jpg

 T師範代、asoさん組は左隣の胴付近にあがりました。

 勿論、ここから歩いて様子見に行けます。

08_DSCF5500-1.jpg

 16時47分、実釣開始。割りと南東の風が吹いていたので涼しかったです。

 潮は引き潮の動き始め、少し左沖に流れる感じでした。 

09_DSCF5502-1.jpg

 南方向。
 
10_DSCF5503-1.jpg

 南西方向、ニシキバエが見えます。

11_DSCF5504-1.jpg

 1投目から良型イサギが喰ってきました、中々の好活性です。

 3連続でイサギか釣れたところで餌取りが沸いてしまい釣れなくなってしまいます。 

12_DSCF5506-1.jpg

13_DSCF5507-1.jpg

14_DSCF5508-1.jpg

15_DSCF5509-1.jpg

 18時22分、asoさん達もやっと釣りを開始したようです。

16_DSCF5510-1.jpg

17_DSCF5511-1.jpg

18_DSCF5512-1.jpg

19_DSCF5514-1.jpg

 日没までにイサギを7枚、向こうの組も2枚ずつぐらい釣っている感じでした。

 ケミを付け、夜釣り開始、暗くなるとゼンゴが餌取りとなったのか餌が全く残りません、非常に釣り難くなってきました。


 21時を過ぎると引き潮から満ち潮の流れに変わります。

 すると直ぐに波が大きくなりだして荒れ始めました。

 23時半頃、大きな波が4回ほどきて、足元が濡れてしまいました。


 気になって向こうで釣っている方に行ってみるとasoさんは安全な高場で休んでいました。

 T師範代は真面目に釣っていて、潮を頭から被ったようで着替えの真っ最中でした。


 タカゲタの2人が流されていないか心配でしたが、何とか大丈夫でした。

 
 その後、潮位は上がってくるものの、波は小さくなり、無事に3時の満潮を迎えることが出来ました。

 4時頃には引き潮が動きだして最後のラストスパート、結局38枚で納竿としました。

20_DSCF5517-1.jpg

 朝の状況。

21_DSCF5518-1.jpg

22_DSCF5519-1.jpg

23_DSCF5525-1.jpg

24_DSCF5526-1.jpg

25_DSCF5528-1.jpg

26_DSCF5529-1.jpg

27_DSCF5530-1.jpg

28_DSCF5531-1.jpg

29_DSCF5533-1.jpg

30_DSCF5534-1.jpg

 本日の釣果、イサギ38枚。久しぶりの大漁です。
 
31_DSCF5535-1.jpg

 ゼンゴは12枚ぐらいでした。

32_DSCF5538-1.jpg

日振島・沖ノ島2番(夜釣り)

 2019年7月13日(土)~14日(日) 若潮→中潮 満潮 17時15分 169㎝ 干潮 22時45分 106㎝ 満潮 4時17分 173㎝ 干潮 11時12分 31㎝ 月出 16時10分 月没 2時2分 月輝面 87.3% 月齢 10.2

 今シーズン初めての日振島での夜釣りでした。

 先週6日(土)には、どことも好調な釣果だったので期待がもてます。

 生憎の雨の予報ですが、頑張ってみます。


 先週に、誰も上がっていない、いや、わざと隊長のために空けてくれていた沖の島2番に上がりました。

01_DSCF5466-1.jpg

02_DSCF5467-1.jpg

 竹島の北。

03_DSCF5465-1.jpg

04_DSCF5468-1.jpg

 この時は少し左沖の流れ、いつもの流れです。

05_DSCF5469-1.jpg

06_DSCF5470-1.jpg

 沖の島3番。

07_DSCF5472-1.jpg

 上がった時が一番、南風、雨ともに強かったです。
 
 釣り始めると直ぐに潮はいつもの逆の右流れとなってしまいました。

 最初にスーパーウリボウ3連チャン、その後は餌取り沢山、明るい内は全く勝負になりません。

 明るい内にイサギが3枚ぐらい釣れると簡単に思っていましたが、本当に予想外でした。


 初の浮き入れはケミを点けて直ぐの19時55分、48㎝魔鯛。

08_DSCF5479-1.jpg

 これから本格的に夜釣りと思うも、ゼンゴの猛襲が始まり、どこに投げてもゼンゴだらけ。

 初イサギが釣れたのは朝の3時半でした。しかし4枚釣れただけでまたゼンゴがえらくなり朝まずめも完全に不発でした。

 本日の釣果。

09_DSCF5483-1.jpg

 T師範代にイサギを4枚もらいました。

10_DSCF5488-1.jpg

 ゼンゴはウリボウより大きく30㎝近かったです。

11_DSCF5490-1.jpg

 1週間の違いでどこともゼンゴが大発生してしまい、どことも余り釣れていませんでした。

 

由良 大猿・ウマノセ(夜釣り)

 2019年6月22日(土)~23日(日) 中潮 干潮 15時25分 23㎝ 満潮 22時20分 183㎝ 干潮 4時4分 99㎝ 月出 23時4分 月没 9時11分 月輝面 76.3% 月齢 18.5

 今回は由良の夜釣りに行ってきました。

 14時40分 、20人ぐらいを乗せて出船。

01_DSCF5422-1.jpg

 本当は小島に上がりたかったのですが、夕釣りが残っていて諦めました。

02_DSCF5428-1.jpg

 小猿周辺。

03_DSCF5430-1.jpg

04_DSCF5431-1.jpg

05_DSCF5432-1.jpg

 15時12分、大猿・ウマノセに上礁。
 
06_DSCF5438-1.jpg

 釣り座は海に向かって左側、写真では手前右側の平たいところです。

 まさかここに居て、足が濡れるほど荒れるとはこの時予想もしていませんでた。

07_DSCF5439-1.jpg

 今回の秘密兵器、サメの切り身、一袋300円。アミ溶かしに入れて、ハエ際に吊るしておきます。

 匂いでサメが寄ってこないようで釣具屋さんでは直ぐに品切れになる人気商品です。

 今回、初めて買えました。さあ初チャレンジ、期待のほどは???

08_DSCF5440-1.jpg

 南方向。満ち潮が大猿の先端をかすめ、チヌバエ方向に流れています。

09_DSCF5441-1.jpg

10_DSCF5442-1.jpg

11_DSCF5443-1.jpg

 西側、チヌバエ方向。

12_DSCF5444-1.jpg

 チヌバエ、チヌバエの岡。

13_DSCF5449-1.jpg

 チヌバエの岡、砲台下。

14_DSCF5450-1.jpg

 池の下。

15_DSCF5451-1.jpg

 池の下、東隣。エイガヒラ???

16_DSCF5452-1.jpg

 その東隣。

17_DSCF5453-1.jpg

 ウマノセ、右側の釣り座。

18_DSCF5454-1.jpg

 昼釣りではイサギが良く釣れているようなので、早速頑張ってみます。

 割りと北西風が強くて涼しかったです。この時はまだべた凪でした。

 やはり餌取りが非常に多い感じです。1枚目が釣れたのは17時23分でした。

19_DSCF5456-1.jpg

 この後、カワハギが、こんな奴が餌取りのようです。

20_DSCF5458-1.jpg

 暗くなってきて、本格的に夜釣り開始、すると直ぐにゼンゴが針掛かりをしてくるようになりました。

 たまに浮きに反応があってもゼンゴだけ、イサギのやる気が全く感じられません。

 ここは、AUの携帯電波が悪いために他の磯の状況も良く分からないままでした。


 日没後、次第に北西風は強くなっていきます。しかし、大きな波にはならずに23時の満潮を迎えました。

 これから引き潮になるので大丈夫だと思っていましたが、予想に反してかぜ波が大きくなってきだしました。


 今日に限って磯靴を履いてきています。足はびしょびしょ、右の釣り座まで被っています。

 中央の割れ目を波が駆け上がってだして荷物も流されないかヒヤヒヤものでした。


 かぜ波が大きいので波の度に浮きが沈んで、見ていても楽しくなかったです。

 潮も風に押されて流れなくなります。

 22時から2時頃まではかなりヤバい感じでした。久し振りに怖い夜釣りとなりました。

 まだこ時点でイサギは3枚だけ、大撃沈を覚悟しました。


 2時半を過ぎると潮もかなり下げてきて、かぜ波も少しは小さくなってきました。しかし、風の強さは変わりません。

 引き潮の流れが右横→右沖へと変わりました。しかし風とは真っ向勝負です。

 この潮の流れでイサギのやる気が出て、最終的には14枚となり何とか格好がつきました。


 他のハエの釣果。夕方にサバが良く釣れていました。

21_DSCF5459-1.jpg

 本日の釣果。朝、明るくなってからの方が大きかったです。

 サメの切り身のおかげか、一度もサメによる被害は無かったです。

22_DSCF5460-1.jpg

 ゼンゴが多かったです。

23_DSCF5462-1.jpg

 次回は7月13日(土)の夜釣りで、日振島行きの予定です。

プロフィール

へたくそ隊長

Author:へたくそ隊長
酒好き、男好き?の「へたくそ」釣り師です。
海釣り何ならなんでも有り、カゴ釣りをメインとしています。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索
RSSフィード
リンク