FC2ブログ
HOME

へたくそ隊長の釣れない釣行記と色々です。

由良 大猿・ウマノセ(夜釣り)

 2019年6月22日(土)~23日(日) 中潮 干潮 15時25分 23㎝ 満潮 22時20分 183㎝ 干潮 4時4分 99㎝ 月出 23時4分 月没 9時11分 月輝面 76.3% 月齢 18.5

 今回は由良の夜釣りに行ってきました。

 14時40分 、20人ぐらいを乗せて出船。

01_DSCF5422-1.jpg

 本当は小島に上がりたかったのですが、夕釣りが残っていて諦めました。

02_DSCF5428-1.jpg

 小猿周辺。

03_DSCF5430-1.jpg

04_DSCF5431-1.jpg

05_DSCF5432-1.jpg

 15時12分、大猿・ウマノセに上礁。
 
06_DSCF5438-1.jpg

 釣り座は海に向かって左側、写真では手前右側の平たいところです。

 まさかここに居て、足が濡れるほど荒れるとはこの時予想もしていませんでた。

07_DSCF5439-1.jpg

 今回の秘密兵器、サメの切り身、一袋300円。アミ溶かしに入れて、ハエ際に吊るしておきます。

 匂いでサメが寄ってこないようで釣具屋さんでは直ぐに品切れになる人気商品です。

 今回、初めて買えました。さあ初チャレンジ、期待のほどは???

08_DSCF5440-1.jpg

 南方向。満ち潮が大猿の先端をかすめ、チヌバエ方向に流れています。

09_DSCF5441-1.jpg

10_DSCF5442-1.jpg

11_DSCF5443-1.jpg

 西側、チヌバエ方向。

12_DSCF5444-1.jpg

 チヌバエ、チヌバエの岡。

13_DSCF5449-1.jpg

 チヌバエの岡、砲台下。

14_DSCF5450-1.jpg

 池の下。

15_DSCF5451-1.jpg

 池の下、東隣。エイガヒラ???

16_DSCF5452-1.jpg

 その東隣。

17_DSCF5453-1.jpg

 ウマノセ、右側の釣り座。

18_DSCF5454-1.jpg

 昼釣りではイサギが良く釣れているようなので、早速頑張ってみます。

 割りと北西風が強くて涼しかったです。この時はまだべた凪でした。

 やはり餌取りが非常に多い感じです。1枚目が釣れたのは17時23分でした。

19_DSCF5456-1.jpg

 この後、カワハギが、こんな奴が餌取りのようです。

20_DSCF5458-1.jpg

 暗くなってきて、本格的に夜釣り開始、すると直ぐにゼンゴが針掛かりをしてくるようになりました。

 たまに浮きに反応があってもゼンゴだけ、イサギのやる気が全く感じられません。

 ここは、AUの携帯電波が悪いために他の磯の状況も良く分からないままでした。


 日没後、次第に北西風は強くなっていきます。しかし、大きな波にはならずに23時の満潮を迎えました。

 これから引き潮になるので大丈夫だと思っていましたが、予想に反してかぜ波が大きくなってきだしました。


 今日に限って磯靴を履いてきています。足はびしょびしょ、右の釣り座まで被っています。

 中央の割れ目を波が駆け上がってだして荷物も流されないかヒヤヒヤものでした。


 かぜ波が大きいので波の度に浮きが沈んで、見ていても楽しくなかったです。

 潮も風に押されて流れなくなります。

 22時から2時頃まではかなりヤバい感じでした。久し振りに怖い夜釣りとなりました。

 まだこ時点でイサギは3枚だけ、大撃沈を覚悟しました。


 2時半を過ぎると潮もかなり下げてきて、かぜ波も少しは小さくなってきました。しかし、風の強さは変わりません。

 引き潮の流れが右横→右沖へと変わりました。しかし風とは真っ向勝負です。

 この潮の流れでイサギのやる気が出て、最終的には14枚となり何とか格好がつきました。


 他のハエの釣果。夕方にサバが良く釣れていました。

21_DSCF5459-1.jpg

 本日の釣果。朝、明るくなってからの方が大きかったです。

 サメの切り身のおかげか、一度もサメによる被害は無かったです。

22_DSCF5460-1.jpg

 ゼンゴが多かったです。

23_DSCF5462-1.jpg

 次回は7月13日(土)の夜釣りで、日振島行きの予定です。

スポンサーサイト

愛媛県・某沖磯(夜釣り)

 2019年6月8日(土)~9日(日) 中潮→小潮 干潮 15時57分 31㎝ 満潮 23時1分 176㎝ 干潮 4時45分 106㎝ 月出 9時43分 月没 23時42分 月輝面 30.3% 月齢 4.5

 最近は、思惑通りの釣りができていないせいで更新をサボリがちとなっています。

 今年4回目、大アジポイントへの再チャレンジです。


 16時、出船。北西風は少し強いものの、余り被らずに上礁。

 西側ポイント向き。

01_DSCF5405.jpg

 これぐらいの風なら何とか北向きに釣りが出来ます。満ち潮が北向きに良い感じで流れていました。

02_DSCF5408.jpg

 2週間前の夜にイサギが釣れたので、明るい内から頑張ってみますが、餌取り沢山で勝負になりません。

 夕マズメに期待しますが、潮が緩くなっていてこれも不発。

 やっと1枚目のイサギが釣れたのは20時18分でした。

03_DSCF5418.jpg

 このタイミングで7枚ほど追加して、今回はイサギ爆釣かなと思いましたが、潮が止まると魚の気配が無くなってしまいます。

 風は緩んできて釣り易くはなってきました。

 満潮から引き潮になると、緩い左流れ→緩い右流れ→右奥流れとなりました。

 流石に、釣り難い、少し仮眠します。

 3時に再開、緩い右流れとなっていました。何とか釣りになりますが、頑張って流し過ぎると沖のシモリに捕まりそうでハラハラドキドキです。

 2回ほど針を取られる被害だけで、朝マズメまでに何とかイサギを8枚追加出来ました。

 明るくなると直ぐに餌取り湧いてしまい、5時前には納竿としました。

 今回、大アジ、魔鯛の当たりは一度も無かったです。

04_DSCF5421.jpg

 このポイントの大アジのシーズンは終わった感じなので、また来年にしたいと思います。

最近の釣果

 ① 2019年4月27日(土)~28日(日) 某沖磯の夜釣り。

01_DSCF5378-1.jpg

 明るい内は餌取沢山、暗くなってからは完全試合でした。中アジ、イサギは、T師範代からの戴きものです。




 ② 2019年5月11日(土)~12日(日)  某沖磯の夜釣り。

02_DSCF5380-1.jpg

 夕まずめにコロダイ。夜中に中アジが2枚だけでした。



 ③ 2019年5月25日(土)~26日(日)  某沖磯の夜釣り。

03_DSCF5403.jpg

 やっとイサギが釣れだしました。喰い始めは遅く、23時からでした。

三崎宇和海側・ハカセバエ(夜釣り)

 2019年2月23日(土)~24日(日) 中潮 干潮 16時8分 47.9㎝ 満潮 22時11分 211.9㎝ 干潮 4時19分 45.8㎝ 満潮 10時31分 214.7㎝ 月出 22時9分 月没 9時53分 月輝面 74.1% 月齢 19.2

 今回は、前回のリベンジ戦としてハカセバエに夜釣りに行ってきました。

 13時5分、貸し切り状態で出船。

01_DSCF5331-1.jpg

02_DSCF5332-1.jpg
 
 13時50分。引き潮の速い左流れです。北西風がたまに強く吹いていました。

03_DSCF5334-1.jpg

04_DSCF5335-1.jpg
  
 引き潮の左流れだと、この左前の離れ磯が邪魔になりかなり釣り難いです。

05_DSCF5336-1.jpg

 船着き側の潮溜まりには、大きなボラの大群がいました。

06_DSCF5337-1.jpg

07_DSCF5338-1.jpg

 餌取りは余り多くないものの、針掛かりする魚はいません。

08_DSCF5339-1.jpg

09_DSCF5340-1.jpg

10_DSCF5341-1.jpg

11_DSCF5342-1.jpg

 15時54分。

12_DSCF5343-1.jpg

13_DSCF5344-1.jpg

14_DSCF5345-1.jpg

 結局、引き潮では勝手に針掛かりしたウマヅラ1枚と小鯛だけ。

 夕まずめには満ち潮の右流れに変わりました。


 16時18分、やっとのことで45魔鯛。

15_DSCF5348-1.jpg

 しかし、後が続かずに直ぐに暗くなってしまいます。

 暗くなると餌は残り、満ち潮はかり速くなってしまいました。

 風は北西から北東方向に向きが変わり強く吹きつけてきて厳しい時間が過ぎていきます。

 22時頃からは満ち潮の流れも落ち着き良い感じなものの、浮きに反応があるのはゼンゴだけ。

 
 23時を過ぎると潮が止まってしまいました。 T師範代、TGさんも休憩しています。


 少し引き潮が沖方向に動きだした時に正面方向でポコポコとした浮き入れが。

 最初ゼンゴだと思いましたが、かなり最初から頑張ります。

 少し首を振っているような感じ??? 60ぐらいの魔鯛??? けど底の方重く着いてきます。

 大きなグレ??? 予想に反して何と石鯛でした。


 凄いところに針掛かりしていました。

16_DSCF5351-1.jpg

23時59分、50魔鯛。月夜の時には釣れることが多いです。

17_DSCF5354-1.jpg

 この後、引き潮の流れも良いものの結局良い浮き入れが無いままに4時には納竿としました。

18_DSCF5357-1.jpg

 今年はまだ4月末まで、余り釣りに行けそうにないです。

 夜釣り完全復帰戦は5月の連休頃になりそうです。




三崎宇和海側・ツブセ(半夜釣り)

 2019年2月2日(土)~3日(日) 中潮 干潮 12時18分 107.1㎝ 満潮 17時40分 188.2㎝ 干潮 0時22分 20.4㎝ 満潮 7時15分 215.4㎝ 月出 5時7分 月没 15時26分 月輝面 6.7% 月齢 27.1


 毎年恒例ながら年度末は激務が続くため、更新が大変遅くなりました。

 随分、日にちが経ってますので記憶が曖昧となっていますが・・・ 取りあえず書いてみます。


 13時34分、出船。

01_DSCF5307-1.jpg

 本命磯は半夜釣りが入っているので、それまでは別の磯で待機します。

 半夜撤収時に本命磯移動して夜釣りですが、南風が次第に強くなる予報、どうなる事やら。


 まずはTURUさん、TGさん組が赤バエに。 

02_DSCF5309-1.jpg

03_DSCF5310-1.jpg

 T師範代と隊長はツブセに上がります。

04_DSCF5311-1.jpg

 赤バエ方向。

05_DSCF5312-1.jpg

06_DSCF5313-1.jpg

07_DSCF5314-1.jpg

 地の大バエ方向。

08_DSCF5315-1.jpg

 ほぼ無風、満ち潮の流れは沖の方をゆっくりと右に流れていました。

09_DSCF5316-1.jpg

10_DSCF5318-1.jpg

11_DSCF5319-1.jpg
 
 やはり明るい内は餌取り沢山で厳しい状況です。

12_DSCF5321-1.jpg

13_DSCF5322-1.jpg

14_DSCF5323-1.jpg

 17時27分、初めてのまともな浮き入れ。

 三崎では初めての脱走魔鯛君でした。

15_DSCF5325-1.jpg

16_DSCF5326-1.jpg

 この後、50㎝くらいのチヌが釣れました。 これも三崎沖磯では初めてでした。


 暗くなると引き潮に変わり左流れとなります。

 良い感じなのですが、浮きに反応があるのはゼンゴだけ、まともな浮き入れが無いまま、半夜釣り終了。


 20時30分、磯移動の為、渡船に乗りますが、船頭さんの判断で夜釣りが中止となってしまいました。

 やはり、明け方にかけてかなり強い南風が吹くようです。


 これでは完全に不完全燃焼、帰りがけに波止に寄り竿を振ってみますが、潮が動かずに小さなゼンゴだけ。

 さすがに心が折れてしまい、0時過ぎには納竿としました.。


 ストレス発散のつもりが逆にストレスが溜まってしまう釣りとなってしまいました。
 
17_DSCF5328-1.jpg
プロフィール

へたくそ隊長

Author:へたくそ隊長
酒好き、男好き?の「へたくそ」釣り師です。
海釣り何ならなんでも有り、カゴ釣りをメインとしています。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索
RSSフィード
リンク