HOME   »  日振島
Category | 日振島

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日振島・北の1番

 2017年4月8日(土) 今回も貧果なので写真のみです。

01_DSCF3566-1.jpg

02_DSCF3572-1.jpg

03_DSCF3574-1.jpg

04_DSCF3575-1.jpg

05_DSCF3576-1.jpg

06_DSCF3577-1.jpg

07_DSCF3578-1.jpg

08_DSCF3579-1.jpg

09_DSCF3580-1.jpg

10_DSCF3581-1.jpg

11_DSCF3582-1.jpg

12_DSCF3583-1.jpg

13_DSCF3584-1.jpg

14_DSCF3585-1.jpg

15_DSCF3586-1.jpg

16_DSCF3587-1.jpg

17_DSCF3588-1.jpg

18_DSCF3589-1.jpg

19_DSCF3590-1.jpg

20_DSCF3591-1.jpg

21_DSCF3592-1.jpg

22_DSCF3593-1.jpg

23_DSCF3594-1.jpg

24_DSCF3595-1.jpg

25_DSCF3596-1.jpg

26_DSCF3597-1.jpg

27_DSCF3598-1.jpg

28_DSCF3599-1.jpg

29_DSCF3600-1.jpg

30_DSCF3601-1.jpg

31_DSCF3603-1.jpg


スポンサーサイト

日振島・20番

 2017年3月11日(土) 中潮 満潮 6時42分 195.9㎝ 干潮 12時38分 74.3㎝ 

 まだ年度末までの仕事で四苦八苦しています。今回は写真だけです。

01_DSCF3496-1.jpg

02_DSCF3497-1.jpg

03_DSCF3499-1.jpg

04_DSCF3502-1.jpg

05_DSCF3503-1.jpg

06_DSCF3501-1.jpg

07_DSCF3500-1.jpg

08_DSCF3506-1.jpg

09_DSCF3505-1.jpg

10_DSCF3504-1.jpg

11_DSCF3507-1.jpg

12_DSCF3508-1.jpg

13_DSCF3509-1.jpg

14_DSCF3510-1.jpg

15_DSCF3511-1.jpg

16_DSCF3512-1.jpg

17_DSCF3514-1.jpg

18_DSCF3515-1.jpg

19_DSCF3513-1.jpg

20_DSCF3516-1.jpg

21_DSCF3517-1.jpg

22_DSCF3518-1.jpg

23_DSCF3519-1.jpg

24_DSCF3521-1.jpg

25_DSCF3522-1.jpg

26_DSCF3523-1.jpg

27_DSCF3524-1.jpg

28_DSCF3526-1.jpg

29_DSCF3527-1.jpg

30_DSCF3528-1.jpg

31_DSCF3525-1.jpg

32_DSCF3532-1.jpg

33_DSCF3531-1.jpg

34_DSCF3533-1.jpg

35_DSCF3529-1.jpg

36_DSCF3530-1.jpg

37_DSCF3535-1.jpg

38_DSCF3536-1.jpg

39_DSCF3538-1.jpg

40_DSCF3539-1.jpg

41_DSCF3547-1.jpg

42_DSCF3543-1.jpg

43_DSCF3546-1.jpg

44_DSCF3549-1.jpg

45_DSCF3544-1.jpg

46_DSCF3540-1.jpg

47_DSCF3541-1.jpg

48_DSCF3542-1.jpg

49_DSCF3548-1.jpg

50_DSCF3545-1.jpg

51_DSCF3550-1.jpg

52_DSCF3551-1.jpg

53_DSCF3552-1.jpg

54_DSCF3553-1.jpg

55_DSCF3554-1.jpg

56_DSCF3555-1.jpg

57_DSCF3556-1.jpg

58_DSCF3557-1.jpg

59_DSCF3559-1.jpg

60_DSCF3561-1.jpg

日振島・キマグレの横

 2017年1月22日(日) 長潮 干潮 8時23分 105.9㎝ 満潮 14時23分 167.9㎝

 今回は数年振りのフカセ釣りで日振島へ行ってきました。

 悪天候のため金、土曜日は欠航。22日(日)も西風が強いとの予報。お客さんも多いので手前の横島、風裏狙い作戦です。

 7船の4番くじ、くじには無かったのですが、キマグレの奥とキマグレの横がチェンジになったので、キマグレの横に一番先に降ろしてもらう事となりました。

 いつもの「だいだい丸」

 01_DSCF3441-1.jpg

 西か北西の強い風が吹いていますが、ここは殆ど無風状態、しかし沖に行った人は多分朝から罰ゲーム状態だったと思います。


 竿は2.0号、道糸3.0号、ハリス2.5号、針7号。めちゃくちゃ軽くて楽です。


 潮はゆっくりと右流れ、まずは3ヒロから始めてみます。


 刺し餌は毎回取られるものの、ウキには全く反応無し、久し振りのフカセ釣りは難しいですね。

 ハエ際、右シモリ際、沖の潮目と探りますが、グレの活性はかなり低いようです。


 正面ハエ際で初当たり、ゆっくりとウキが入っていきます。

 さっそくグレ頂き??? しかし、・・・ 非常に軽いです。

02_DSCF3445-1.jpg

 グレ居ませんが(泣泣)


 くじけず真面目に同じところを攻めていると、ゆっくり沈んでいって、途中でスピードアップ。

 今度こそ、頂き。しかし、魚が強い、元気良く沖向きにつっ走ります。

 ブレーキを握ってもかなりきつめ設定のドラグが加速しながら出ていきます。何とか止まってくれ。
 

 かなり走られてしまいました。運良く止まってくれましたが、根に入っていました。

 暫くすると出てきたので、暫し反撃、しかし一度もこっちを向ける事無く加速音を残してぶち切っていきました。

 多分、大きなコブの有る奴だったでしょう。決してグレじゃ無かったです。ヨリモドシの上から切れていました、へたくそです。

 その後は、綺麗な奴。

03_DSCF3446-1.jpg

 10時を過ぎると見回り船が動き始めます。どの渡船も「クルクルランプ回して走っていたら撤収よ」と言っています。

 やはり、沖の方はかなり吹いているようです。
 
04_DSCF3448-1.jpg

05_DSCF3449-1.jpg

 10時26分、見回り船。

06_DSCF3447-1.jpg

07_DSCF3450-1.jpg

 巨メバル。

08_DSCF3451-1.jpg

 その後、何のドラマも無く、12時になると「よしだ屋渡船さん」がクルクルランプを回して沖向きに爆走していきました。

 やはり撤収となりました。

09_DSCF3453-1.jpg

10_DSCF3454-1.jpg

 日振1番。

11_DSCF3460-1.jpg

 キマグレ、キマグレの地。

12_DSCF3461-1.jpg

 キマグレの左奥???

13_DSCF3462-1.jpg

14_DSCF3455-1.jpg

15_DSCF3456-1.jpg

16_DSCF3457-1.jpg

 日振2番。

17_DSCF3459-1.jpg

18_DSCF3458-1.jpg

19_DSCF3464-1.jpg

 12時33分、撤収船到着。はま渡船さん。

20_DSCF3465-1.jpg

 はまさき渡船、よしだ屋渡船さん。

21_DSCF3466-1.jpg


 次回は2月の第2土曜日になりそうです。場所は未定。

日振島・2番(夜釣り)

 2016年9月10日(土)~11日(日) 長潮~若潮 干潮 19時57分 118.2㎝ 満潮1時21分 153.0㎝ 干潮 8時41分 61.4㎝ 月出13時24分 月没0時04分 月齢 9.7 月輝面 65.9%

 前回、8月27日(土)に夜釣りを計画していましたが台風の影響で渡船が欠航、今回は4週ぶりの釣行となりました。  

 いつもの日振清家渡船さん。定刻16時に出船。

01_DSCF3195-1.jpg

 日振島本島の北側から西先端の24番に行き、南側を2番に戻るルート、どうも一番最後の上礁になりそうです。

 才蔵鼻のチョボ。

02_DSCF3197-1.jpg

03_DSCF3200-1.jpg

 鴎島、21、22、23番。

04_DSCF3211-1.jpg

 22番。

05_DSCF3207-1.jpg

 21番。

06_DSCF3208-1.jpg

 24番。

07_DSCF3215-1.jpg

08_DSCF3216-1.jpg

 20番。

09_DSCF3217-1.jpg

10_DSCF3219-1.jpg

 鴎島。

11_DSCF3221-1.jpg

 19番。

12_DSCF3223-1.jpg

13_DSCF3224-1.jpg

 16番のシモリ。

14_DSCF3229-1.jpg

 16番。

15_DSCF3230-1.jpg

 15番。

16_DSCF3231-1.jpg

 14番。

17_DSCF3232-1.jpg

 14番の地。

18_DSCF3233-1.jpg

 14番東側のシモリ。
 
19_DSCF3234-1.jpg

 14番の中。

20_DSCF3240-1.jpg

21_DSCF3241-1.jpg

 14番。

22_DSCF3244-1.jpg

 13番の南側。

23_DSCF3246-1.jpg

 7番。

24_DSCF3252-1.jpg

 2番。

25_DSCF3254-1.jpg

 上に上がれば割と平坦で、休憩できます。しかし、上がるのは良いのですが下りる時が大変です。

26_DSCF3255-1.jpg
 
27_DSCF3257-1.jpg

  東方向からぐるっと西方向。

28_DSCF3261-1.jpg

29_DSCF3260-1.jpg

30_DSCF3262-1.jpg

31_DSCF3263-1.jpg

32_DSCF3264-1.jpg

33_DSCF3265-1.jpg

34_DSCF3266-1.jpg

 頂上から西方向。

35_DSCF3267-1.jpg

 釣り座。

36_DSCF3269-1.jpg

 馬の背状態で、非常に狭いです。バッカンの右がお立ち台、一晩釣ると足がぷるぷるして前、後ろに落ちそうになります。座る所が全く無く非常辛いです。他の人は足場が悪いためか希望しません、いつも隊長の指定席です。

37_DSCF3270-1.jpg

 明るい内は、弱い右沖向きの流れ、干満差が少ないので潮が不安定です。たまに浮き入れしても魚が針掛かりしません。どうもゼンゴが湧いているようです。

 辺りが暗くなり、ケミを付けて夜釣りモードに突入。1投目でイサギが、しかし数回巻くと沖向きに爆走、いきなりサメの襲撃です。

 まともにやっても勝てないので、竿を真っ直ぐにして、手でスプールを強制ロックして待っていると簡単に切れていきました。

 サメはかなり沖まで走っていったので、直ぐに再開。暗くなってからのイサギのやる気は満々でサメの襲撃もありませんでした。

38_DSCF3273-1.jpg

 ずっと右沖向きの流れが続き、21時までにイサギ(ウリボウを含む)を15枚。ここで潮も止まり、暫し夕食タイム。

 この頃よりゼンゴの活性が上がり、大苦戦しました。

 夜中は潮が動かずでしたが、イサギはポツポツ拾え10枚ぐらい追加できました。

 2時を過ぎるとやっと引きの左流れに変わりました。しかし、月明かりが無くなったせいか、ゼンゴすら気配が無くなります。

 4時頃より、やっとゼンゴも釣れだし、5~6時の朝まずめの間で、6枚追加できました。

 本日の釣果。

39_DSCF3275-1.jpg

 イサギ(ウリボウを含む) 31枚。最大で39㎝。大きいのは夕まづめと朝まずめでした。

40_DSCF3283-1.jpg

41_DSCF3285-1.jpg

42_DSCF3286-1.jpg

 次回は、24日(土)の夜釣り、もう一度、日振島に行くようにしています。

 10月になれば、佐田岬での夜釣りとなります。

日振島・2番(夜釣り)

 2016年7月23日(土)~24日(日) 中潮 干潮15時35分 24.2㎝ 満潮22時08分 201.9㎝ 干潮4時10分 69.8㎝ 月出21時29分  月没8時24分 月齢18.7 月輝面88.5%

 2週間ぶりの日振島での夜釣り、前回のリベンジ戦として行ってきました。

 定刻通り、16時出船、16時40分、一番最初に2番に上礁。

 北磯なら沖の島2番、南磯なら2番が最近の隊長の指定席となっています。今季初の南磯、釣れるでしょうか???

  だいだい丸、大繁盛で大勢の方が乗っていました。

01_DSCF3084-1.jpg

 とにかく、潮色が良くありません。大雨も降っていないのに、水潮の様な濁った潮の色です、少し不安を感じます。

 潮は満ち方向に素直に流れていました。割と速い流れで御五神のサステ方向です。

 深い方向に流れるので、全く餌取りがいません。リールの糸が全部出てしまうので、ただ仕掛けの回収が大変でした。

 潮が少し左に引かれ、南沖に流れるようになりました。ここで初浮き入れ、小鯛君でした。

02_DSCF3087-1.jpg

 東方向。

03_DSCF3088-1.jpg

 南東方向。

04_DSCF3089-1.jpg

 南方向。

05_DSCF3090-1.jpg

 南西方向。

06_DSCF3091-1.jpg

 西方向。

07_DSCF3092-1.jpg

 餌取りが居ないので、浮入れがあれば小鯛です。17時36分、43㎝。尻尾の短い半脱走君。

08_DSCF3093-1.jpg

 18時06分、48㎝。これも、半脱走君。

09_DSCF3094-1.jpg

 18時24分、やっとイサギのダブル。これで今晩に期待出来ます。

10_DSCF3095-1.jpg

 18時50分、日没間近。

11_DSCF3096-1.jpg

12_DSCF3097-1.jpg

13_DSCF3098-1.jpg

14_DSCF3099-1.jpg

15_DSCF3100-1.jpg

 しかし、暗くなると魚の気配が全くありません。潮は右沖向きに程良く流れています。

 22時を過ぎると大きな月が出てきて明るくなりました。これで少し魚のやる気が出てきたのか、ゼンゴがぼつぼつ釣れ始めました。

 0時頃、やっと満ち方向の流れから引き方向の左流れに変わりました。この時にウリボウを6枚ほど拾えました。

 0時半より3時前まで引き潮の左流れが速く続きました。緩みかけた時にかなり沖で小鯛君、びっくりしました。

 3時を過ぎると潮はゆっくりとなり爆釣モード突入、4時半頃まで続きました。

 ここで潮が止まり、満ち方向の右沖に流れを変えます。するとまたまた喰いが立ちました。夜明け直ぐに小鯛追加。

 5時30分、夜も明けきり、餌取りが沢山となったために納竿。

 途中、3時頃までは非常に厳しかったですが、最後はそこそこ楽しめました。

 小鯛4枚、小さなハタの子。

16_DSCF3102-1.jpg

 イサギ(うりぼう含む)28枚、最大37㎝。

17_DSCF3104-1.jpg

 ゼンゴ少々。

18_DSCF3105-1.jpg

 次回は8月13日(土)、場所は三崎宇和海側での夜釣りを計画しています。
プロフィール

へたくそ隊長

Author:へたくそ隊長
酒好き、男好き?の「へたくそ」釣り師です。
海釣り何ならなんでも有り、カゴ釣りをメインとしています。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。