FC2ブログ
HOME   »  蒋淵
Category | 蒋淵

コモブチ 契バエ

 2009年5月3日(日) 小潮 満潮02時24分 167.6㎝ 干潮08時41分 108.1㎝ 満潮13時51分 141.8㎝ 曇り後晴れ 東→南東の風弱く 波0.5m

 今回は大判魔鯛狙いでTURUさんファミリーとコモブチの契バエに行ってきました。

 まだ暗い4時前に10名ほど乗せて出船しました。まず最初に大ウルシの1番に花ちゃん、沖ちゃんコンビが上がりました。ここも最近大判魔鯛が釣れている所で大変期待出来ます。

 次に中ウルシに2名を降し、契バエに向かいました。前回TURUさんが来た時には正面方向に網が入っていたようで今回も網が入っていないか心配でした。

 正面方向のハエ際には入っていないようです。しかし西裏の水道側には網が入っていましたが、引き潮では邪魔にならない感じです。

 まず最初にフカセで大判魔鯛を狙ってみました。東裏の水道を引き潮が東方向に流れていました。
01_チギリ 001-1

 流芯は割りと速く流れています。良い感じでしたが攻めきれずにガシラを1枚釣っただけでした。
02_IMGP7111-1.jpg

 南側ではTURUさん、パパさん、ママさんの3人がカゴで攻めています。潮が沖に跳ね出て今にも喰いそうな良い感じの流れになっています。
03_IMGP7112-1.jpg

 ママさんも頑張っています。
04_IMGP7113-1.jpg
 
 パパさん、ママさんです。
05_チギリ 003-1

 前の様子が気になり偵察に行っていたところ、TURUさんの左沖を流れていたママさんのウキがズッポリと綺麗に入りました。これは良型の竿の曲がりです、ママさん頑張ります。
 06_チギリ 005-1

 急いで動画モードに切り替え撮影を開始します。


 見事な連携プレイ???でした。ママさんが喰わして最後はパパさんが竿を取り上げ釣り上げてしまいました。77㎝の綺麗な雌の魔鯛でした。ママさんも自己新記録ながら嬉しいやら悲しいやら微妙な気分だったと思います。
07_IMGP7116-1.jpg

 これを見せられたらカゴを投げるしかありません、フカセを諦めカゴを投げてみます。
09_チギリ 008-1

 TURUさんにも40㎝級の魔鯛がヒットしました。


 42㎝の綺麗な魔鯛でした。
08_チギリ 007-1

 パパさんはコウロウまで釣り上げました。40㎝強ありました。
10_チギリ 009-1

 又々、TURUさんが追加しました。43㎝、少し尻尾の短い奴です。
11_チギリ 010-1

 8時半を過ぎると引き潮は止まり直ぐに西向きの満ち潮が流れ始めました。ウキ下を少し深くして西側を攻めてみます。

 ウキ入れは有るものの小鯛ばかりです。8時47分、やっとマトモなサイズが喰ってきました。37㎝でした。
12_チギリ 011-1

 右側を流していたパパさんにヒットです。強引に巻き倒します。
13_チギリ 012-1

 良型ですが少し顔が変です。おまけに針が鼻の穴に掛かっていました。


 忍者ハットリ君みたいな顔をしていました。
14-1チギリ 013-1

 本当に今回は色々と変わったものが見えて楽しめました。

 この後、満ち潮の流れは緩くなり殆ど刺し餌が落ちない状況となってしまいました。ただ右側だけは少し餌取りが居るようです。そこをしつこく攻め続けてみます。

 やっと事でウキ入れです。道糸も元気良く出ていきました。今日一番で60㎝は有りそうな魚です。慎重に寄せてきます。しかし途中でテンションが無くなってしまいました。切れた感じでは無いです、針外れかな??? 仕掛けを回収して確かめてみると針は付いています。痛恨の針外れでした。

 針、ハリスを取替えて気分を一新してもう一度攻め直します。13時13分、やっともう一枚を喰わす事が出来ました。魚は大きくないのですがバテバテでヘロヘロな取り込みとなってしまいました。
15_チギリ 014-1

 45㎝ぐらいだったと思います。
16_チギリ 015-1

 この後も真面目に攻め続けましたが、残念ながら喰わす事が出来ないまま14時前に納竿としました。

 契バエ、西側。向こうに見えるのは御五神です。
17_チギリ 017-1

 南側。
18_チギリ 018-1

 沖から見た契バエ。
19_チギリ 019-1

 大ウルシ1番。アジの25㎝ぐらいのが湧いていたようです。
20_チギリ 021-1

 TURUさんファミリーの釣果です。77㎝魔鯛は魚拓を撮るように持っていったようで写っていません。
21_チギリ 022-1

 本当に恐るべしTURUさんファミリーとの釣行でした。
 

蒋淵チギリバエ 

 
 2008年5月3日(土) 中潮 満潮5時16分 196.6㎝ 干潮11時34分 39.1㎝ 満潮17時56分 203.9㎝ 晴れ 北西の風弱く→強く 波0.5m 水温17.6度ぐらい  

 今回はMOTOさんTURUさんとTURU友さんの4人で蒋淵のチギリバエに行ってきました。

 4時に他のお客さん達総勢15名ぐらいを乗せ、出船します。まだ夜明けまで随分と時間が有ります、ケミホタルを付け、暗い中でやってみます。

 潮は速い満ち潮が西向き(日振島方向)に流れています。本流に乗せるとあっという間に150m全部が出てしまう状況でした。

 5時15分、かなり明るくなってきました。(左、隊長、中、TURU友さん、右、TURUさん)
P1010618-1.jpg

 MOTOさんが寄ってきて、隊長の写真を撮っていきます。
P1010619-1.jpg

 5時23分、初のウキ入れです。大判魔鯛を期待しますが、道糸が全然走りません、予想通りの小鯛君でした。
IMGP5019-1.jpg

 みんな、頑張って釣っています。
IMGP5020-1.jpg

IMGP5021-1.jpg

 5時24分、綺麗な朝やけでした。
IMGP5022-1.jpg

 この後、次第と満ち潮方向の流れは緩んできて、絶好の状態となりました。しかし隊長が小鯛を2枚追加しただけで7時頃には完全に潮は止まってしまいました。

 西向きのポイントを諦め、南向きを攻めてみます。仕掛けは全然動かない状態でした。7時9
分、仕掛けを回収しようとすると何か生体反応が有ります。ベラ君かな??? 寄せてみると大きなメバル君でした。
IMGP5023-1.jpg

 口の横が裂けています、途中で緩めていたら外れていた事でしょう。
IMGP5025-1.jpg

 29㎝のメバルを持って、記念撮影してもらいました。
P1010622-1.jpg

 
 この後、引き潮が速く綺麗に南沖に流れ始めました。喰いそうな感じがします。しかし、餌取りに翻弄されて中々喰わすことが出来ません。

 7時52分、かなり沖まで流していたTURUさんに魚がヒットしました。

動画です。「タイトル 外れちゃったかな???」

 仕掛けを回収して急いでデジカメを起動させムービーに切り替え撮影を始めてみます。

 喰わしてから30mぐらい寄せたところでしょうか、痛恨の針外れでバラシてしまいます、残念でした。

 これで魚が居る事が分かりました、果然やる気が起きてきます。

 8時34分、またまたTURUさんにヒットしました。

動画です。「タイトル さっきのより弱い???」 


 上の動画の続きです。「タイトル どんくらいですか???」 


TURUさんの釣った脱走兵の魔鯛。50㎝強でした。
IMGP5028-1.jpg

 9時8分、今度はMOTOさんが喰わしています。
 動画です。「タイトル グリグリ巻いてますね・・・メモリーカード、後52秒」

 
 動画です。「タイトル これも何か脱走兵???」


 本当にカメラマンは大忙しでした。

 MOTOさんの釣った脱走兵の魔鯛。メタボで54㎝で2.7㎏あったようです。MOTOさん、満心の笑みを浮かべています。
 
IMGP5033-1.jpg

 隊長も真面目に釣ってみますが、当りを拾えません。焦ってきます。当りが無いまま12時頃、引き潮の流れが止まってしまいました。
P1010635-1.jpg

 こうなれば、満ち潮の流れでラストの勝負をかけます。しかし速く流れるだけで魚は喰ってこなかったです。
IMGP5034-1.jpg

 残念ですが、予定より少し早い14時10分にチギリバエをあとにしました。
IMGP5035-1.jpg

IMGP5036-1.jpg

IMGP5037-1.jpg

 
 動画です。「タイトル これは低いハエですよ」

蒋淵、中ウルシの西の鼻

  2008年3月12日(水) 中潮 干潮3時20分 60.4㎝ 満潮9時15分 196.8㎝ 干潮15時39分 27.6㎝ 晴れ 北の風弱く 水温15度

 今回は久し振りの平日の釣行です。最近、年度末で大変忙しく、3週連続の日曜出勤の状態でした。潮と天気を見て、12日に契バエに上がりたいと思い行ってきました。

 5時出船予定ですが、4時15分に到着します。asoさんも4時半前に到着しました。船頭さんも早く来て頂き、準備出来次第に出てもらう事となります。

 4時40分前に出船、暫く走ると別の船が出てくるのが見えました。どうも数分違いで先に行かれたようでした。
 仕方無く契バエを諦め、船頭さんより勧められた中ウルシの西の鼻に上がってみます。ここは最近、魔鯛は好調に釣れている所のようです。

 最初にasoさんが西奥に1人で上がります。隊長と富坊は隣の西の鼻に上がりました。asoさんとの間には溝が有り、手ぶらなら飛び渡れる距離しか離れていません。最初は暗くて良く分らなかったので上を越えていき、asoさんの所に行ってみます。

 夜明けまで経験豊富なasoさんから色んな釣り話を聞かせてもらい大変勉強になりました。お陰で夜明けまでの時間が短く感じ、楽しく過ごせました。

 6時を過ぎると東の空が明るくなってきたので、仕掛けの準備に掛かります。

 6時11分、かなり明るくなってきました。
01_IMGP4226-1.jpg

 富坊が1番最初に竿を出します。
02_IMGP4229-1.jpg

 asoさんはゆっくり、準備中です。
03_IMGP4230-1.jpg

 潮はゆっくりと東側に流れているようですが、殆ど動いてない状態です。やはり少し湾奥なので潮の流れは悪いようです。

 全く初めての場所なのでデータが有りません、竿2本(7ヒロ)から様子を見てみます、餌は落ちません。1投ごとに1ヒロずつ下げていきます。

 4投目に餌が落ちてきました、暫くはこの棚で攻めてみます。しかし潮は当ててくるようになり本当に釣り難いです。ウキに餌取りの反応が出ますが針掛かりしません。どうも小アジが触っているようでした。

 富坊が小アジを釣りあげました。やはり餌取りはこいつのようです。

 6時43分、回収しようとリールを巻くと魚が喰ってきました。余り大きな魚では無いです、少し首を振って抵抗はしてくれます。上がってきたの40㎝ぐらいの魔鯛君でした。

 玉助をせずに抜き上げます。色が黒いし尻尾が凄く短いです。養殖からの脱走兵でした。針は下アゴに掛かっていました。喰いが渋いのか変な掛かり方です。
04_IMGP4231-1.jpg

 43㎝、まともに尻尾があれば46㎝ぐらいの魚体でした。
05_IMGP4232-1.jpg

 この後、ウキ入れが有りますが針外れになってしまいます。7時42分、やっと2枚目を取り込みました。44㎝、これも少し尻尾が短いです。針も下アゴに掛かっています。
06_IMGP4233-1.jpg

 この後、2回針外れとなってしまい、少し凹んでしまいます。気分転換に針を替え、あちこち見てみます。
07_IMGP4236-1.jpg

 asoさんのウキ。
08_IMGP4237-1.jpg

 黒島。
09_IMGP4238-1.jpg

 契島、左先端は契バエ。
10_IMGP4239-1.jpg

 右集落は大島地区???
11_IMGP4240-1.jpg

 8時37分、ウキは入り暫く待ちますが、道糸が全然走りません。餌取りかと思い合わせを入れます。これは少し大きな魚のようです。まあまあサイズの魔鯛かな??? やはり少し尻尾の短いヤツでした、58㎝です。これも変な所に掛かっていました。
12_IMGP4241-1.jpg


13_IMGP4242-1.jpg

 8時39分、asoさんが竿を曲げています。
14_IMGP4243-1.jpg

 無駄の無い竿捌きで、あっという間に魚を寄せてきます。溝を飛び渡って玉助に行ってきました。
15_IMGP4244-1.jpg

 55㎝、良型の魔鯛でした。
16_IMGP4245-1.jpg

 この2枚で後も続くかと思うと、潮は手前に当ててきます。 一番左側で釣っている富坊は手前のシモリに連続して捕まりトラブッています。棚は14ヒロまで下げています、シモリに掛かりそうで心配になります。

 ウキが手前に寄ってきてポコポコします、シモリを掻いているのかと仕掛けを回収してみると小鯛が釣れていました。今日初めての天然物です。
17_IMGP4246-1.jpg

 やはり手前はシモリに捕まってしまいます。9時17分、仕掛けが掛かる前に早めに回収するとエビルアーに魚が喰ってきました。小刻みに頭を振っています、この引きは魔鯛では無いようです。

 ヤズ??? いや、ネイリ(カンパチ)の子供でした。玉を使わずに抜き上げます。
18_IMGP4247-1.jpg

 49㎝のネイリ、唇の皮一枚に掛かっていました。
19_IMGP4248-1.jpg

 富坊は気分転換にフカセで狙っています。竿2本の棚からゆっくり沈めて穂先で当りを取っています。開始早々に魚を掛けました。首は振ってないです、グレ??? しかし、シャープな引きはしません。上がってきたのはイガミさん、それも雄の綺麗なヤツでした。
20_IMGP4250-1.jpg


21_IMGP4251-1.jpg

 9時15分の満潮を過ぎても潮は動きません、たまに少し手前に当ててくるだけです。こんな魚まで喰ってきました。
22_IMGP4252-1.jpg

 この時間になると凄く暑くなってきました。20度を越えているように感じで服を脱いでいきます。

 11時31分、しつこく正面を攻めていると綺麗にウキ入れが有りました。これは何??? 魔鯛じゃないです、35㎝のイサギでした。しかし単発で後が続きません、余りの暑さに集中力も切れてきます。
23_IMGP4253-1.jpg

 西の高場に上がり、釣り座を写真撮影。富坊、隊長の釣り座。
24_IMGP4254-1.jpg

 右手のasoさんの釣り座。
25_IMGP4256-1.jpg

 潮は当ててきて大ウルシとの水道を東向きにゆっくり流れています。朝からずっとこの潮です。
26_IMGP4258-1.jpg

 東の鼻にはハエづたい歩いていけます。ここはゆっくり左沖に流れているようでした。こちらの方が釣り良い感じでした。
27_IMGP4259-1.jpg

 大ウルシ島。
28_IMGP4260-1.jpg

 大ウルシの1番。ここは左沖にゆっくり流れていて釣り易い流れに見えました。
29_IMGP4261-1.jpg

 潮は少し左沖に向きを変えてきました。富坊は後ろの高場より隊長の仕掛けより沖に大遠投しています。

 12時5分、やっと富坊にウキ入れです。これはまあまあのサイズのようです。
30_IMGP4262-1.jpg

 ポンピングで魚を寄せてきます。途中、首を振っているのが穂先を見て良く分ります。
31_IMGP4264-1.jpg

 魔鯛が浮いてきました。
32_IMGP4265-1.jpg

 55㎝の魔鯛をゲッチュします。
33_IMGP4266-1.jpg

 富坊の魔鯛、これも少し尻尾が短いです。天然物??? この辺にはこんなヤツが多いです。
34_IMGP4267-1.jpg

 続けて隊長にヒットしますが、途中で針が外れてしまいます。多分60㎝弱の魔鯛でした。

 潮は又当ててきて後が続きません。13時13分、隊長が53㎝の魔鯛を上げます。こいつは初めて針を飲み込んでいました。 
35_IMGP4268-1.jpg

 この後、当りは無く、14時40分に納竿としました。

 本日の釣果 魔鯛4枚 58 53 44 43㎝
         ネイリ1枚 49㎝
         イサギ1枚 35㎝
36_IMGP4269-1.jpg

 富坊のクーラーの中、イガミさんはキープしていませんでした。
37_IMGP4270-1.jpg

 クーラーより出してきて記念撮影。
38_IMGP4271-1.jpg

 14時56分、迎えの船に乗りました。
39_IMGP4272-1.jpg


40_IMGP4273-1.jpg


41_IMGP4274-1.jpg

 大ウルシ、中ウルシ島。
42_IMGP4276-1.jpg

 裸島。イカが沢山釣れそうな所です。
43_IMGP4277-1.jpg

 ネイリの刺身。
44_IMGP4278-1.jpg

 イサギの刺身。美味しく戴きました。
45_IMGP4279-1.jpg

 この日は本当に暑かったです。途中より袖捲くりをしていましたが真っ赤に焼けてしまいました。
46_IMGP4280-1.jpg

 次回の釣行は3月の終わりか4月の始めかになりそうです。この一番、大判魔鯛が狙える時期に行けなくて辛い日々を送っています。

 asoさんの最後まで諦めずに竿を振り続ける姿には感動しました。今回はウキ入れは少なくて辛い思いをさせましたが、これに懲りずに又、稽古つけて下さいね。



蒋淵 チギリバエ

 
 2007年5月2~3日(水~木) 大潮 満潮19時47分 208㎝ 干潮1時31分 84㎝ 満潮7時11分 195㎝ 干潮13時55分 17㎝ 波0.5m 無風→北西風弱し 晴れ 水温18度?

今回は前回28日のリベンジで同じくチギリバエを攻めてみました。22時出船の納竿15時予定の17時間耐久の釣りです。

 21時30分、船着き到着、10分遅れでぼうずちゃんが到着します。TURUさんは渋滞に巻き込まれまだ三浦半島に入ったばかりでした。まだ35分ぐらいはかかりそうです。

 しかし22時過ぎにTURUさん到着、あの悪路を30分足らずに爆走してきています、ビックリです。

 22時15分、出船します。MOTOさんは明日の朝便で着ます、それまでに良型魔鯛を釣っておかなければ。

 直ぐに準備に掛かります。
20070505161204.jpg


 潮は速い引き潮が流れています、前回もこの潮てアジを釣っているので潮の緩い所で当たりを待ちます。

 TURUさんも準備完了、私の少し右手に仕掛けを入れますが本流に乗ってドンドン流れて行ってしまいす。しかし手前、沖共にアジが当たってきます。今回も夜の内に魔鯛の当たりが取れそうにないです。

 続いてぼうずちゃんが仕掛けを入れます。初めての磯での夜釣り、ましてカゴ釣りも初めてなので最初は少し戸惑いますが。さすが釣りには慣れています、上手い調子で仕掛けを投入しアジを釣り上げます。

 干潮より約1時間遅れの2時半頃に満ちの流れに変わります。しかしこの潮でもアジだけで魔鯛の気配が・・・

 3時過ぎまで頑張ってのですが流石に睡魔が、暫く仮眠します。

 4時過ぎ、船の音で起床します、何か光ったような・・・MOTOさんが写真を撮っていたようです。
02_taicho_5.3.jpg

 釣りを再開します、潮は満ちの良い流れが続いています。皆んなでカゴで攻めてみます。MOTOさんのウキが近くを流れます、誘いを入れると益々近寄ってきます。

「MOTOさん、新手の嫌がらせですか???」

「そんな事はないですよ」

これ以上にウキが近寄ったたヤバイです、回収します。しかし時すでに遅し、私の天秤にMOTOさんの道糸が絡んでいます。

 ナイロンとPEでは道糸の流れ方が違うようです。すぐに自分の仕掛けを切り、団子になった天秤をMOTOさんにやって仕掛けを直します。自分がほどいていて間違ってMOTOさんの道糸を切ってしまったら大変ですからね。

 結果的に私の仕掛けの直しが早く、釣りを再会します。PEはトラブったら大変ですね。

 大部沖を流していたTURUさんにウキ入れです。40㎝ぐらいのイサギをゲッチュします。本流より右の潮の緩い所でした。この1枚でやる気が沸いてきます。

 5時30分、本流と引かれ潮の潮目を流していたウキが入ります、道糸も出ています。「魔鯛かな???」合わせを入れてみます、「50㎝ぐらいの魔鯛かな?」しかし少し首の振りが弱いです。ウキが見えてきても白く光りません、ヤバイです、まさか・・・。案の条上がってきたのは寒鯛君です。
03_taicho_1_5.3.jpg

 寒鯛釣ってニヤニヤしています。
04_taicho_2_5.3.jpg

50㎝くらいの寒鯛君。
05_kandaikunn_5.3.jpg

 これは誰かのクーラーにこっそり入れなくては。まずはTURUさんのクーラーを開けてみます。餌に弁当が一杯入っています、無理です。その隣に置いてあるMOTOさんのクーラーを、これは空いています、見つからないようにコッソリ入れて帰ってきます。

 しかし絞めて無かったのがいけなかったようです、MOTOさんのクーラーがバタバタ暴れています、その音で見つかってしまいました。(爆)

5時51分、又々TURUさんにウキ入れが30㎝ぐらいの小鯛でした。
20070505161319.jpg

 何故か玉助に行って掬わせてもらえなかったMOTOさんがニンニン笑っています。
20070505161333.jpg

 6時23分、久し振りのウキ入れが、しかしポコポコしているだけです。本命の小鯛ゲッチュです。
08_cotai_5.3.jpg

 ぼうずちゃん、スボ釣りでハギを狙い出しました。直ぐにヒット、尾長グレゲッチュ、上機嫌で記念撮影です。
09_bouzuchan_5.3.jpg

 この後、ハエ際でガシラ、ベラを根絶やしにする勢いで釣り続けます。磯釣りが楽しいようでした。
 満ち潮を攻めるぼうずちゃん。
12_bouzuchan_1_5.3.jpg

 満ち潮を攻めるMOTOさん、TURUさん。
10_motosann_5.3.jpg

 TURUさん、順調に小鯛を釣り上げます。
20070505161435.jpg

 9時を過ぎると満ち潮より引き潮に流れが変わります。ぼうずちゃん、東裏側に移動しカジラを爆釣しています。「3ケタ釣ったるでぇ」と、気合いが入っています。目茶苦茶楽しいようです。
14_bouzuchan_4_5.3.jpg

 東沖を攻めています。
15_taicho_4_5.3.jpg

 さすがにこの時間となると暑くなってきました、我慢できなくライフジャケットを脱いでしまいました。

 大遠投する隊長。
16_taicho_3_5.3.jpg

 仕掛けが飛ばずに近場を釣る私は餌取りとの格闘しながら小鯛をボツボ、潮も速くなり大遠投して200m流すTURUさん、MOTOさんは餌が残ってくる状態に。お手上げ状態です。

 やがてMOTOさんの気配が消えました。振り向いてみるとそこには、固まったMOTOさんが居ました。(爆)
17_motosann_2_5.3.jpg

 ぼうずちゃんは貝捕りに夢中になっています。サザエ2個捕っていました。
「このウニ食べれるやろか?」
「食べれるやろ」
本当にウニを割って美味しい美味しいと食べていました。
その後もウニを沢山とり、最後にはハサミでトゲを切っていました、本当に楽しそうでした。
18_bouzuchan_2_5.3.jpg

 その後、ウキ入れも無しに針掛かり、フグちゃんが・・・こいつも餌取りのようです。
19_fogu_5.3.jpg

 14時20分には満ち潮が流れ出すもアジの当たりだけ、14時40分には納竿としました。
20_bouzuchan_3_5.3.jpg

 MOTOさんの竿袋です。ステッカーを編集し貼っていました。
21_motosann_3_5.3.jpg

 右が大鵜来留島、左が中鵜来留島。
22_urushigima_5.3.jpg

 裸島。
23_hadakashima_5.3.jpg

 MOTOさんが電話しています。
「今日も異常無しでした、釣りどころじゃ無かったですよ、隊長に虐待を受けて・・・」
24_motosann_4_5.3.jpg

25_taicho_5_5.3.jpg

 帰りの船の中でも楽しかったです。(爆爆)


 本日の釣果 小鯛10枚? 小アジ6枚?

 TURUさん    イサギ1枚(40㎝ぐらい) 小鯛4枚。
 MOTOさん    丸ボー(小鯛も釣らず、アジは釣ってたのかな???)
 ぼうずちゃん 色々沢山



 前回同様に厳しい釣りでしたが釣果は別として楽しい一日でした。来年は2~3月内に蒋淵を攻めたいと思いました。

 TURUさんの大遠投にはいつもながら感心します。
 MOTOさんもかなり飛ばしますね、しかし魔鯛に嫌われているというか・・・お祓い物のようです。
 ぼうずちゃんのタフさにはビックリです。1日の晩に大阪を出て殆ど寝ないでの釣り続け、9日まで宇和島周辺を攻め続けるそうです。来年もまた愛媛に来て下さい。

TURUさんの釣果です。   
0003713M.jpg

蒋淵 チギリバエ

 
 2007年4月27~28日(金~土) 小潮? 干潮22時38分 72㎝ 満潮5時08分 180㎝ 干潮11時22分 74㎝ 満潮17時24分 172㎝ 晴れ 波0.5m 南風弱く→無風→北西の風強く 水温18度?


 今回は4月15日の蒋淵リベンジ戦として、前回釣果の良かったチギリバエに22時より15時までの17時間耐久の釣りをしてきました。

 22時より悠遊さん、富坊、隊長の3人が、4時半より敏さんが参戦。

 予定通り22時に出船、約10分後にチギリバエに到着、潮はまだ引き潮が流れています。丸い月も出ています、少し南風が吹いていますが良い感じです。

 ケミを付け7ヒロで始めてみます、餌は残ってきます、夜の間は餌取りが居ない感じです。

 開始4投目ぐらいにウキ入れです、少し道糸が出ていきます。合わせをいれると針掛かり、25㎝級のアジです。アジ大好きの悠遊さんはアジ釣りに仕掛けチェンジして数枚釣りあげます。針掛かりが悪く途中で外れ沢山でした。

 24時前になると潮が満ち方向に動き出しました。ウキ下を11ヒロとして私は潮の速い所で魔鯛狙います、悠遊さんは手前の潮の緩い所でアジを釣り続けます。

 2時半、餌も落ちません、さすがに睡魔が襲ってきます、暫く仮眠します。悠遊さんも同時に寝たようですが15分程で起きて釣り続けていたようです。
 
 4時半、船の音で目覚めです、敏さんが朝便でやってきました。敏さんはフカセで潮上から始めます。

 満ちの潮の流れは良いのですが当たりがありません。

 5時36分。富坊に初当たり、「糸が出ていきまよ」とニンニンしています。合わせをいれます、4号竿が綺麗に曲がっています。富坊、余裕でカメラ目線でピースしています。(泣)
tomibou-1_4.28.jpg

60ぐらいの魔鯛かな??? 敏さんが玉助に行ってくれます。
tomibou-2_4.28.jpg

tomibou-3_4.28.jpg

tomibou-4_4.28.jpg

tomibou-5_4.28.jpg

自己記録更新の67㎝の魔鯛を釣って富坊ニンニンしています。

 この1枚で気合いが入ります。同じ場所を悠遊さんと3人で攻めますが当たり無しで満ち潮が終了。

 フカセで狙う敏さん、手前は餌取り沢山で沖では磯ベラ、ガシラ沢山でした。この後、敏さんもカゴ仕掛けにチェンジします。
binsann_4.28.jpg


 引き潮では7ヒロに戻し流していきます、餌取り沢山で餌が持ちません。たまにウキ入れしてくれるのはカジラ、ベラ君だけです。
gashirakunn_4.28.jpg

berakunn_4.28.jpg


 引き潮を攻める悠遊さん。
yuuyuusann_4.28.jpg


 あちこち投げ分けてみますが餌取り沢山で大苦戦。富坊は東裏の引き潮を攻めてみます。裏は浅くて竿1本半ぐらいしか立たないようでした。
tomibou-6_4.28.jpg

 富坊、ここで小鯛を1枚釣ります。

 私には待望の本命が、しかしサイズが・・・小鯛です。(泣)
cotaikunn_4.28.jpg


 引きの緩やかな流れになってきました、しかしただ虚しく時間が過ぎるだけです。

 敏さんと悠遊さん。 
binsann_2_4.28.jpg


 11時を過ぎた頃より北西風が吹きだします、それまで暑くて仕方なかたのですが良い風です。しかし風は強くなりカゴも取り辛いほど吹き出しました。

 13時になると、やっと満ち潮が動き出します、しかし北西風が強く釣り難いです。満ち潮は流速を上げ日振島方向に流れていきます、ラストチャンスです。しかし当たってくるのは小アジだけ・・・起死回生の1発が無いまま14時30分には納竿としました。

 半眠りの悠遊さん。
yuuyuusann_1_4.28.jpg


 中央が猿島、その左に見えるのがチギリバエです。
chigiribae_4.28.jpg




 本日の釣果 丸ボー(小アジ10枚 25㎝前後、小鯛1枚)


 富坊   魔鯛1枚 67㎝
 悠遊さん アジ沢山
 敏さん  又々丸ボー


 潮の流れは良かったのですが、餌取り沢山で撃沈です。夜の内はアジだけで、本命の当たりは皆無でした。夜明けの時合いにも富坊の1回だけのウキ入れで本命の魔鯛はのっこみが終わり、どっかに行ってしまった感じでした。引き潮は速い流れの中でも餌取り沢山で打つ手無しでした。

 今回は単なるデータ取りだけになってしまいました。5月3日に又チギリバエを予約しています、次回はきっちりリベンジしたいです。

プロフィール

へたくそ隊長

Author:へたくそ隊長
酒好き、男好き?の「へたくそ」釣り師です。
海釣り何ならなんでも有り、カゴ釣りをメインとしています。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索
RSSフィード
リンク