HOME   »  2007年09月
Archive | 2007年09月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

副業???


 昨晩は18時~  綺麗に配ってました。
01_IMGP2237-1.jpg

02_IMGP2241-1.jpg

03_IMGP2243-1.jpg

 2/5をやっつけ、20時30分終了。
04_IMGP2244-1.jpg

 本日、18時~
05_IMGP2250-1.jpg

06_IMGP2251-1.jpg

 昼間に2/5をやっつけてました。
07_IMGP2252-1.jpg

08_IMGP2253-1.jpg

 こんな物、植えてました。
09_IMGP2254-1.jpg

 残り、1/5をやっつけ19時終了。TOTAL 4500株、やっつけました。

 おかげて腰が痛くなりました。
10_IMGP2257-1.jpg

11_IMGP2256-1.jpg

 愛犬、健太も連れて行ってました。
12_IMGP2258-1.jpg

 パジェロに積んで帰ります。
13_IMGP2260-1.jpg

 書類も踏まれてグチャグチャ。
14_IMGP2262-1.jpg

 やっと家に帰り着きました。早く飯くれ。
15_IMGP2269-1.jpg

 晩ご飯、おあづけ。目を会わそうとはしません。
16_IMGP2271-1.jpg

17_IMGP2272-1.jpg

 この後、仲良く散歩に行きました。
スポンサーサイト

新酒販売???

 
 完璧酒造さんより新酒が販売???されました。
meisyu_hetakuso.jpg

hetanotomo.jpg

dameda_hiburi-1.jpg

hetakusomeigin_nagachan.jpg

 どれとも悪酔いしそうです。(爆)

9月定例会、三崎二名津、大谷の中

 2007年9月22~23日(土~日) 中潮 満潮17時31分、216㎝ 干潮23時27分、129㎝ 満潮04時58分、191㎝ 月出15時23分 月没01時36分 月齢10.6 月輝面73.8% 晴れ後雲 波0.5m 殆ど無風 水温24度?

 今回は9月定例会で三崎二名津に花ちゃん、asoさん、敏さん、TURUさん、玉ちゃん、悠遊さん、ハブ太郎、わがままTさん 、隊長の9人で行ってきました。

 9時半に津野町役場に集合、わがままTさん、ハブ太郎を乗せ出発。途中、肱川の道の駅でトイレ休憩をし、隣のコンビニでビールを買い、ハブ太郎に運転を替わってもらい保内町のジョイフルに向かいます。
01_IMGP2105-1.jpg

 バックミラーに写っているハブ太郎の顔が逝っています。
02_IMGP2106-1.jpg

 12時より少し早い11時50分に到着、すでにasoさんは到着していました。
03_IMGP2107-1.jpg

 暫くして敏さん到着。
04_IMGP2108-1.jpg

 続いて悠遊さんが到着します。皆んな時間厳守、12時前に到着します。
05_IMGP2109-1.jpg

 TURUさん、玉ちゃん組はどこかの波止でエギを放っているようで直接港着、花ちゃんも直接港着で残り6名は全員揃ったのでハエ割りのクジを引きます。
06_IMGP2110-1.jpg

 クジ引きの結果。

 大谷の中→花ちゃん、悠遊さん、隊長。
 ウノクソ→敏さん、わがままTさん。
 タカバ →玉ちゃん、ハブ太郎。
 ナナメ →asoさん、TURUさん。

 クジ引き、昼食を済ませ13時前に出発、三崎二名津港を目指します。

 13時半前に到着、船着きでは遊漁の方が帰ってきていてイサギ、ウマズラハギを爆釣していました。
07_IMGP2113-1.jpg

 例年なら船からのイサギ釣りはほぼ終了している頃ですが、今年は水温が高い為か喰い続けているようです。

 前の波止に不審者2名発見。
08_IMGP2114-1.jpg

 偵察に行ってみます。
09_IMGP2115-1.jpg

 玉ちゃん、TURUさんがエギングをしていました。モイカの赤ちゃんが居るものの、活性が低くエギを追わえてきません。
10_IMGP2116-1.jpg

 波止先端の方を見てきます。対岸の道端からはアジゴを釣っていました。
11_IMGP2117-1.jpg

12_IMGP2117-2.jpg

 敏さん、ハブ太郎も来てワイワイ言っていました。
13_IMGP2122-1.jpg

 船着き奥まで偵察します。40チヌが3匹浮いていました。コッパグレもチラチラ見えています。
 船着き。
14_IMGP2123-1.jpg

 準備が出来て荷物を積み込みます。大荷物、大勢なので1回で行けるのかな???
15_IMGP2126-1.jpg

 案の定、積載オーバー、積んだ荷物はそのままで大谷の中までの客8名を乗せ第1便が14時26分に出船します。残り8名は帰ってくるまで桟橋で日向ぼっこです。
16_IMGP2127-1.jpg

17_IMGP2128-1.jpg

 初めて渡船が港東方向の長崎鼻方向に行きます。

 長崎鼻。ここは道から歩いてこれるようです。かなり遠く磯場はきついです。
18_IMGP2130-1.jpg

 ここは水深が深いし潮通しが良く、日中でも大判魔鯛の狙える所です。
19_IMGP2131-1.jpg

 長崎鼻の東奥。
20_IMGP2132-1.jpg

 長崎鼻を抜け番匠鼻に向かいます。
21_IMGP2141-1.jpg

 このハエには常連の方が1名上がりました。水深が有り、ウキ下17ヒロぐらいで釣るようです。大判魔鯛、秋にはヤズの面白い所のようです。
 足場は高くて荷物が上げにくいのですが、上がれば平らで釣り易そうでした。しかし玉助は単独では厳しいかな???
22_IMGP2142-1.jpg
 
23_IMGP2148-1.jpg

 番匠鼻の西手前にフカセの方が1名上がりました。
24_IMGP2149-1.jpg

 これから、どんどん西に走りチョボに到着、ここには大谷の中での混雑を避け、花ちゃんが上がりました。潮が緩くて厳しい釣りとなりそうです。
25_IMGP2152-1.jpg

 続いて小チョボに2名が上がります。
28_IMGP2159-1.jpg

 平チョボ。
29_IMGP2164-1.jpg

 ここには1名が上がりました。割りと足場は平らみたいに見えました。
30_IMGP2165-1.jpg

 最後に大谷の中です、15時06分、悠遊さんと2名で上がりました。上がった時より日陰になっていて余り暑くなかったです。
32_IMGP2167-1.jpg

 15時33分、2番船が前を通過していきます。どうも先端でハブ太郎が腹を出しているようです。
33_IMGP2170-1.jpg

 大谷の鼻方向。
34_IMGP2171-1.jpg

 ヒラバエ方向。
35_IMGP2172-1.jpg

 沖組を降し、16時10分に渡船が帰っていきます。ここから先は往復40分くらいのようです。
36_IMGP2173-1.jpg

 潮は満ち潮がかなり沖をゆっくり東に流れています。正面に投げると少し左沖に出ていきます。しかし1投目から豆アジ君(10㎝)が・・・
37_IMGP2174-1.jpg

 豆アジ君の猛攻、それに20㎝ぐらいの小サバがボツボツと・・・手前にはオセン(スズメダイ)が沢山見えています。
38_IMGP2175-1.jpg

39_IMGP2175-2.jpg

 悠遊さんにウキ入れです。しかし道糸を持っていく魚ではありません、少しは抵抗しています。
40_IMGP2177-1.jpg

 ウマヅラハギが、元気良く空を飛んできます。
41_IMGP2178-1.jpg

 悠遊さん、ウマと記念撮影。どうもアジ針を使っているようです。
42_IMGP2179-1.jpg

 潮は緩やかに左沖に流れていますが、豆アジが凄かったです。暫くギャラリーします。
44_IMGP2184-1.jpg

 今にも入りそうな感じですが・・・
45_IMGP2185-1.jpg

 釣りを再開しても豆アジ、ウリボウの入れ喰いです。これがOKウリボウ???
47_IMGP2191-1.jpg

 18時23分には大分暗くなってきました。
48_IMGP2192-1.jpg

 この後、小鯛が喰ってきました。
49_IMGP2193-1.jpg

 日没後、引き潮が緩やかに東向きに動きだしました。しかし喰ってくるのは小アジ、ウリボウのみ・・・
50_IMGP2195-1.jpg

 金メバルも釣れてきました。
51_IMGP2196-1.jpg

 魚名不詳、こんな魚まで釣ってしまいました。何て名前の魚なんでしょうか???
52_IMGP2197-1.jpg

 23時頃までは大変良い流れでしたが、大アジ、イサギは釣れません。その後は暴れる引き潮に変わりハエ際はきつく流れ、沖は余り流れない二名津特有の潮に苦戦します。

 24時を過ぎるとやっと満ち潮の流れになりました。しかしその頃より夜光虫が湧き、全然餌も落ちずに魚の気配が全く感じられません。

 2時を過ぎた頃には完全に集中力が切れてしまい仮眠しますが、蚊の猛攻に逢い余り安眠出来ずままに4時となりました。

 ラスト1時間と気合いを入れ直し頑張りますがウキ入れ無し。5時過ぎに迎えの船が前を通って行ったので納竿としました。

 もう1隻船が近寄ってきます、客が多いので大谷の中から手前は遊魚の小さな船に乗り帰りました。沖組の船は更に番匠鼻に向かい、20分ぐらい遅れで帰ってきました。 
53_IMGP2200-1.jpg

 悠遊さんの釣果、きっちり小アジは沢山釣っていました。
54_IMGP2198-1.jpg

 玉ちゃんの釣果、大アジ、イサギ、下の方で見えませんが48㎝の大サバも釣っていました。
55_IMGP2201-1.jpg

 TURUさんの釣果、大アジ(47~42㎝)5枚、イサギ(40~30㎝)9枚。
56_IMGP2202-1.jpg

 ドンズマリの方の釣果、24時よりイサギ爆釣です。
57_IMGP2203-1.jpg

 asoさんの釣果、良型イサギを釣っていました。
58_IMGP2204-1.jpg

 ハブ太郎の釣果、割りと釣ってました。
59_IMGP2205-1.jpg

 隊長の釣果、ウリボウ、小アジ(20㎝)、ガシラ、メバル。
62_IMGP2209-1.jpg

 花ちゃんは潮が流れずに小アジ沢山、しかし大サバ1枚は釣っていました。

 敏さん、わがままTさん組は満ち潮方向に伊勢エビの網が入っていて戦意喪失??? 酒を呑んで早くに寝ていたようです。釣果は小アジ、ウリボウ数枚。

 やはり高水温の影響でしょうか、今年はイサギの接岸が遅れているようです。それと9~10月の間は伊勢エビの網がアチコチに入っているようで潮向きによっては釣りにならない場合があるようです。

 傾向的には岬先端の磯より大アジ、イサギは本格的に喰ってくるようです。

 余りに悔しいので10月定例会は同場所で開催する予定です。

 ハブ太郎は頑張って釣ったのか、大洲辺りから爆睡してしまいました。
60_IMGP2207-1.jpg

 帰り着くと長ちゃんが検問に来ていました。この後、長ちゃんは三崎~三浦半島~津島の波止巡りをして月曜日の晩に高知に帰ったようです。
61_IMGP2208-1.jpg

よね?ちゃん酒造製造販売???

 
 「へたくそ会スケジュール表」 9/21 に面白い投稿がありました。
IMG_7632-1.jpg

IMG_7632-2.jpg

 確かに悪酔いしそうです。(爆)

釣○画○、四国版10月号

 
 今月号にも「へたくそ会」のTOP中のTOPの終身名誉会長が出ててました。
20070921201017.jpg

 確かこの時はMOTOさんと早磯3番に上がった時だと思います。

 今回は39歳になっています、先月は48歳だったのに・・・ 本当は何歳なんでしょうか???

 この終身のイサギの釣果はどうでも良いのですが、MOTOさんには「しびれる一発」もあったようです。

 詳しくはMOTOさんブログで。

 同ページの上には長ちゃんが小鯛を持って写っています。

横波半島パトロール

 
 今回は須崎市浦ノ内~土佐市宇佐の間の横波三里(約12㎞)をパトロールしてきました。
mk_map-2.jpg

 台風の影響か、まだウネリが2.5mほどありハエには白波が立っていました。

 甲崎方向。
01_IMGP2039-1.jpg

 甲崎先端のオオヒラバエ付近。オオヒラバエの東半分が池ノ浦、西半分が久通で渡船の境となっています。

 先端(右より)タツバエ、その前がオオヒラバエの東半分、手前がチュウジロウ、ウドのクチ、左のシモリがツナカケ。
 オオヒラバエの西、タツバエは九通の渡船で行けます。(約30分)
02_IMGP2040-1.jpg

 甲崎の向こうには須崎の神島が見えます。手前には沖から双子バエ、ワタリ1~3号、小島の先が見えています。(須崎から約30分)
03_IMGP2038-1.jpg

mk_map-1.jpg

 池ノ鼻方向。
04_IMGP2033-1.jpg

 上松バエ。
05_IMGP2034-1.jpg

 下松バエ方向。
06_IMGP2043-1.jpg

 下松バエの手前、下松の前が先端に見えています。
07_IMGP2044-1.jpg

 甲崎方向。遠くは興津ぐらいまで見えています。
08_IMGP2045-1.jpg

 上松バエ。
09_IMGP2046-1.jpg

 池の鼻方向。
10_IMGP2049-1.jpg

 中央沖に清水バエ、右に沖七枚バエ、先端に岡七枚バエが見えます。清水バエでは底物、カゴが出来ます、沖向きはかなり深いです。大型キツがウヨウヨいます。
11_IMGP2050-1.jpg

 池の浦漁港、ここより東、西にと渡船が出ています。伊勢海老料理、ホエールウォッチィングが有名です。
12_IMGP2051-1.jpg

 手前の波止ではモイカも釣れます。(伊勢海老密漁厳禁で夜間は釣り禁止、見つかれば只の釣りでも警察行きです、久通漁港も同様です)
13_IMGP2052-1.jpg

 観音崎、ソウリョウバエ。沖にはシャクシバエが見えています。シャクシバエの西には11月?~6月?まで2基イカダが掛かります。今は台風シーズンなので撤収しています。高知、太平洋のイカダはどこでも同様に撤収するようです。
14_IMGP2055-1.jpg

 帷子(かたびら)崎方向、岡横ハエ、沖横ハエ、上アカバエが見えます。
17_IMGP2058-1.jpg

 ツヅラ崎方向。
15_IMGP2056-1.jpg

 ツヅラ崎先端、ヨリハエ、オワンバエ、フタゴハエが見えます。(宇佐分)
16_IMGP2057-1.jpg

 池の鼻方向、池ノ浦漁港の西。
18_IMGP2060-1.jpg
 
 帷子崎方向、池の浦漁港の東。
20_IMGP2061-1.jpg

 帷子崎先端、黒ハエ、ナガハエが見えます。ここまでが須崎池ノ浦分です。
21_IMGP2062-1.jpg

 ツヅラ崎先端、ヨリハエ、オワンバエ、フタゴバエが見えます。
 地図上では須崎市池ノ浦分ですが、以前は土佐市宇佐から渡船が来ていました、今はどうかな???。
22_IMGP2065-1.jpg

 高地バエ方向。
23_IMGP2066-1.jpg

 先端に高地バエが見えます。手前はショウガバエ。
24_IMGP2067-1.jpg

 ツヅラ崎方向。
25_IMGP2069-1.jpg

 手前からイガミバエ、クロハエ、ヨリハエ、オワンバエ、フタゴバエが見えます。以前ヨリハエではグレを釣って遊んでいました。
26_IMGP2070-1.jpg

 五色の浜より見た高地バエ方向。
27_IMGP2075-1.jpg

 先端から高地バエ、手前が丸バエ、コムギバエ。高地バエではフカセ竿2本フカセでイサギを釣って遊んでいて何度もブチ切られました。 
28_IMGP2076-1.jpg

 白ノ鼻方向。仁淀川増水の濁水が下り潮に乗って沖を流れています。
29_IMGP2072-1.jpg

 白ノハエ、1~3番。60チヌが狙えます。
30_IMGP2074-1.jpg

 井坂の鼻。
31_IMGP2073-1.jpg

 土佐市、宇佐。 
32_IMGP2078-1.jpg

 竜漁港、モイカが釣れます。
33_IMGP2079-1.jpg

 宇佐の一文字、手前は竜の浜横の南波止。
34_IMGP2080-1.jpg

 竜の浜横の南波止。
35_IMGP2081-1.jpg

 竜の浜横より宇佐方向。
36_IMGP2082-1.jpg

 一文字先端。ボラ、チヌが沢山釣れます。
37_IMGP2084-1.jpg

 3人が釣っていました。先端では今頃、ルアーで60ネイリが当たるようです。
38_IMGP2084-2.jpg

 対岸の萩崎の新波止。
39_IMGP2085-1.jpg

 仁淀川大橋、現在無料となっています。
40_IMGP2086-1.jpg

 高知市方向、桂浜の手前が見えています。
41_IMGP2087-1.jpg

 竜の浜横の北波止。
42_IMGP2088-1.jpg

 コウギの波止、3人が釣っていました、潮はとても速いです。
43_IMGP2089-1.jpg

 宇佐渡船が出て行っています。定期的に一文字、中提を回収に回っています。沖磯にも行きます。以前は一文字、中提は500円、沖磯は2000円でした、今はどうかな??? もう一隻、奥田釣具の渡船が出ています。
44_IMGP2093-1.jpg

 福島漁港、ここでも3人が釣っていました。ここは浦ノ内湾の出口で潮は川のように速く潮が緩んだ時が時合いです。最近、夜釣りでのチヌが好調のようです。
45_IMGP2094-1.jpg

 宇佐大橋、以前はここから有料道路になってましたが、10年ほど前より無料開放となっています。
46_IMGP2095-1.jpg

 大橋橋脚下でも釣っていました。
47_IMGP2098-1.jpg

 これで横波半島のパトロールを終了して浦ノ内湾内をパトロールして帰りました。

???

 
 昨日、TURUさんからこんな写メがきました。
070916_103322.jpg

070916_123445.jpg

 MOTOさんは今日、白長靴を買ったようで嬉しくて写メ送ってきました。
P506iC0012452105.png

海岸パトロール

 釣りに行かなくても週末になると波の状態が気になるので安和海岸にパトロールに行ってみる。

 台風の影響で3mほどの波がたっている。
01_IMGP2009-1.jpg

02_IMGP2010-1.jpg

03_IMGP2011-1.jpg

 少し走って久礼側も見てくる。松バエ西側。
05_IMGP2013-1.jpg

 松バエ先端からイヤガハエ先端。
04_IMGP2012-1.jpg

 途中、道路工事の為、通行止でひっくり返す事に。

 双子島。
06_IMGP2014-1.jpg

 県道から見ると後ろの島には穴が開いている。
07_IMGP2015-1.jpg

08_IMGP2016-1.jpg

 湾内の波止で釣り人発見、エギを投げていました。
09_IMGP2017-1.jpg

橋の上から

 
 18時過ぎ、ハブ太郎、終身が何かしている。
IMGP1990-1.jpg

 下流側に移動し、何かをちぎって投げている。
IMGP1992-1.jpg

 良く見ると・・・
IMGP1993-1.jpg

 更に下を見てみると、何かが居るようだ。
IMGP1994-1.jpg

IMGP1995-1.jpg

 暫く状況を観察。
IMGP2000-1.jpg

 余り面白く無かったのか、投げていた物を食べながら帰っていった。
IMGP2001-1.jpg

IMGP2001-2.jpg

 家に帰ってくると、愛犬健太が出迎えてくれる。
IMGP2002-1.jpg

 早く「晩ご飯をくれ」とねだってきます。可愛らしい奴です。
IMGP2005-1.jpg

昨夜の出来事

 
 17時24分、終身より入電。

 「達坊が事務所にきちゅうで」
 「了解、暫時行くき」

 達坊は須崎に帰ってきたついでに終身とこの事務所を訪れたようでした。

 3人揃えばまともに帰れる筈はありません、ちょと一杯と行きつけの「みさやさん」に直行します。ここは「みさやの兄ちゃん」のお店です。
01_IMGP1953-1.jpg

02_IMGP1954-1.jpg

 この晩はお客さんが沢山でいつもの指定席が空いていません、臨時の特別席を店の外に構えてもらいます。
03_IMGP1955-1.jpg

 いつも美味しい、かつをの刺身です。
04_IMGP1955-2.jpg

 テーブルは物干しの金網台、椅子はビールのコンテナで最高の雰囲気でした。

 ここへ富坊から電話がかかってきます。
04_IMGP1956-1.jpg

 蚊がいるので蚊取り線香を準備してもらいます。
05_IMGP1957-1.jpg

 1時間程、外の涼しい所で呑みました。
06_IMGP1959-1.jpg

 やっと室内も空いてきたので指定席に移動します。

 みさやの兄ちゃんも空いてきたのでビールを提げて乱入してきます、かなり変わった店です。

 この時点でみさやパパはコップ酒を持って隣の部屋へ入っていきます。たまに出てきては、客に有る事、無い事を言っていきます、このトークが最高でとても楽しいひと時です。
07_IMGP1960-1.jpg

 暫くして富坊参上、どう見ても人相違反です。
07_IMGP1961-1.jpg

 後ろの壁には「ぼけたらあかん、長生きしなはれ」と貼ってあます。
08_IMGP1961-2.jpg

 終身、大分目が逝ってきました。
09_IMGP1966-1.jpg

 この時の富坊の眼鏡の色は透明です、調光レンズのようです。
10_IMGP1967-1.jpg

 達坊、最近また太ってきました、幸せ太りのようです。
11_IMGP1968-1.jpg

 終身が富坊の眼鏡をかけています、完全な阿呆面です。残念ですがアップ途中で終身に見つかり、モロ出しを却下されました。
12_IMGP1972-1.jpg

 みさやの兄ちゃんも大分良くないです。
13_IMGP1973-1.jpg

 突然、達坊が抱きついてきます。かなりヤバイ雰囲気です。
14_IMGP1974-1.jpg

 この後、反撃で隊長が達坊にチューをしますが、余りに酷い写真なので公開出来ません。

 調理場で、みさやママ発見、写真を嫌がっています。
 16_IMGP1976-1.jpg

 みさや若嫁発見、盗撮しました。
17_IMGP1977-1.jpg

 いつも、こんな感じで呑んでいます。
18_IMGP1979-1.jpg

 富坊はビールより芋焼酎に変わっています。
19_IMGP1980-1.jpg

 みさやの兄ちゃん、大分酔ってきています。
20_IMGP1981-1.jpg

 みさやママ、今度も撮影失敗。
21_IMGP1984-1.jpg

 テレビの上の茶色い置き物が気になります。
22_IMGP1985-1.jpg

 富坊が携帯で撮影、確か前回も撮っていたような・・・
23_IMGP1986-1.jpg

 何故か達坊の腹が写っています。
24_IMGP1987-1.jpg

 富坊の背中まで・・・
25_IMGP1988-1.jpg

 この後、最後の方は記憶が薄くなり、22時頃には代行で帰りました。
 
 みさやの兄ちゃん、昨晩は大変お世話になりました、美味しい肴で大満足でした。

 おかげで今日は昼まで二日酔いで辛かったです。

日振島9番

 
 2007年9月8~9日(土~日) 中潮 満潮18時02分 182㎝ 干潮23時51分 107㎝ 満潮05時01分 163㎝ 月出03時18分 月没17時17分 月齢27.2 月輝面5.8% 晴れ 波0.5m 北西の風4m 水温26度台 

 今回はasoさん、敏さん、よねちゃんとそれに何と出し抜き組の長ちゃん、わがままTさんの6名で日振島に行ってきました。闇夜なので小アジの猛襲は避けれそうですが、大判魔鯛の可能性は低いです。

 14時に吉田町の清家渡船に到着します。asoさん、敏さんはもう到着して荷物も船に積み込んでいます。今回も中々気合いが入っています。

 敏さんまで白長靴を履いてきています、最近、白長靴組が増えてきました。

 先に荷物だけ積み込み暑いので暫くの間、車で待機します。次によねちゃんがやって来ました。

 ふと船着きをみると、ある方が居るではないですか、「仕事が忙しいから今週は行けない」と言っていた長ちゃんです、わがままTさんも連れてきていました。
 
 早速、よねちゃんがチェックにいきます。敏さんも気付いたようで船から上がってきています。
01_IMGP1818-1.jpg

 その後、何台か車が来て、総勢19名になりました。
02_IMGP1819-1.jpg

 今回もお世話になった清家渡船、第十八戎丸。
03_IMGP1820-1.jpg

 長ちゃん、荷物を積み込みます。
04_IMGP1821-1.jpg

 定刻15時を少し過ぎに出船、ブンブン飛ばして15時37分には横島の1番沖を通過します。
05_IMGP1843-1.jpg

 日振1番。速い満ち潮が東向きに流れています。
06_IMGP1843-2.jpg

 ナポリ。
07_IMGP1847-1.jpg

 2番の横の高場。
08_IMGP1848-1.jpg

 2番。
09_IMGP1850-1.jpg

10_IMGP1851-1.jpg

 ニシバエ。
11_IMGP1854-1.jpg

 ニシバエの横、2人の方が上がりました。
12_IMGP1855-1.jpg

 3番、ここへはよねちゃんが上がりました。
13_IMGP1860-1.jpg

 ここで操舵室に居る長ちゃんとどこに上がるか打ち合わせをします。
 7番にはasoさん、敏さん組
 8番には別の組の2人
 9番には隊長
 10番にはわがままTさん
 19番には長ちゃんが行くようにします。

 7番へasoさん、敏さん組が上がります。
14_IMGP1862-1.jpg

 8番に2名を上げ、9番に磯着けし、渡船が離れていきます。
15_IMGP1863-1.jpg

 わがままTさんの隣で長ちゃんも写真を撮っています。
16_IMGP1864-1.jpg

 10番に磯着けします。
17_IMGP1866-1.jpg

 9番から見た8番。
18_IMGP1867-1.jpg

 9番の岡。
19_IMGP1869-1.jpg

 10番方向、12番まで見えます。
20_IMGP1870-1.jpg

 9番の先端、右側が少し根が出ています。
22_IMGP1874-1.jpg

 9番先端方向。船着きは平らですが後は凸凹が多いです。
23_IMGP1875-1.jpg

 9番裏、少し高くなっています。
24_IMGP1868-1.jpg

 上礁したのは15時52分、まだ西陽が当って暑いのでゆっくり構えます。10番のわがままTさんは傘を差して暑さを凌いでいるようでした。12番にもワレに1人、西の高場に1人居るのが見えます。
25_IMGP1878-1.jpg

 良い満ち潮の流れが出ています、8番の方は先端からカゴ仕掛けで始めます。
26_IMGP1879-1.jpg

IMGP1876-1.jpg

 仕掛けの準備が出来ました。
 左より
 夜釣りフカセ仕掛け→竿3.5号、道糸6号、ハリス7号、魔鯛針12号。
 カゴ仕掛け    →竿3.0号、道糸5号、ハリス6号、魔鯛針11号。
 フカセ仕掛け   →竿1.7号、道糸3号、ハリス3.5号、グレ針8号。
27_IMGP1881-1.jpg

 18時を過ぎるとかなり日が傾いてきます。
28_IMGP1882-1.jpg

 18時14分。
29_IMGP1884-1.jpg

 13番方向。
30_IMGP1886-1.jpg

 やっと涼しくなってきて、わがままTさんも釣りを始めます。 
31_IMGP1885-1.jpg

 8番。
32_IMGP1887-1.jpg

 御五神、サステ。
 33_IMGP1888-1.jpg

 満潮になり潮が高くなました。少し波が出れは、バッカンを取られそうです。
 34_IMGP1889-1.jpg

 最初にカゴを投げて沖の様子を見ます。良い流れですが餌取りが多く当りがあません。ハエ際は箱フグ、キタマクラ、スズメダイが沢山です。底の方には60㎝級のキツが見え餌を拾っています。フカセで攻めてもたもののキママクラばかりで16時半には日没を迎ええます。
35_IMGP1890-1.jpg

 この後21時頃までカゴを振るも小アジ1枚だけ、イサギは当ってきません。夜釣りフカセにチェンジします。

 潮は引き潮が8番方向に流れています。先端より8番側の水道を狙ってみます。

 開始早々にハタンポが喰ってきます。
36_IMGP1895-1.jpg

 ハタンポの入れ喰いです、参りました、続いてカゴガキダイが喰ってきます、ビックリしました、12号の針をくわえていました。
37_IMGP1892-1.jpg

 続いてはカジラ君です。
38_IMGP1894-1.jpg

 ハタンポの入れ喰いで時間だけ過ぎていきます。

 23時半頃から餌が残り始めました。潮も水道を裏側に流れるように変わっています。

 ハエ際を張りながら流していきます。23時45分、船着きの向こうでウキが見えなくなり同時に竿を引ったくられます。

 すぐに反撃開始、最初ジリジリと少しドラグが滑ってしまいます。しかし太仕掛けです、ドラグを締め増し、強引に巻き倒します。

 ガクガクと竿を叩きながら暴れまわります、間違い無くキツ野郎です。

 10秒ほどで水面に顔を出しバタバタしています、直ぐ本命ポイントから遠ざけるように強引に先端を通り10番側まで引っ張っていきます。ここでライトを点け玉助します。62㎝のキツでした。
39_IMGP1899-1.jpg

 怒ってモンモンが出ています。こいつの引きは強烈で80㎝魔鯛と同様かと感じました。2号ハリスなんかでは絶対無理です。この後、観念したのか直ぐにハバタレしました。

 23時55分、同じ所で当ってきます、今度も竿を叩くし小型キツのようです。ライトも点けずに放り上げます。ライトを点け良くみると39㎝ある尾長グレでした。
40_IMGP1901-1.jpg

 この後、当りも無く睡魔に襲われます。1時半よ3時まで仮眠します。この間、北風が強くなり寒い思いをしました。

 3時よりカゴを放ってみます。潮は満ち潮が10番方向に舞い込み、速く流れています。ウキ下を1本半として流しますが、所々でシモリに捕まり面白くありません。

 4時半を過ぎる頃には潮も満ち方向に変わります。4時48分、初めてマトモなウキ入れでウリボウを釣ります。
41_IMGP1902-1.jpg

 5時には夜明けで朝マズメのラストチャンスと頑張りますが、ウキ入れ無し。この頃より豆アジが針掛かりしだします。
 撒き餌をしてみるとハエ際には豆アジの大群が押し寄せきます。それを見て戦意喪失で納竿としました。

 御五神方向。
42_IMGP1903-1.jpg

 7番方向。
43_IMGP1904-1.jpg

 5時52分、渡船が近寄ってきます、昼釣りの底物の方が降りてきました。私は帰りに拾ってもらいます。
44_IMGP1907-1.jpg

 やっと10番まで渡船が帰ってきました。
45_IMGP1909-1.jpg

 6時25分、渡船が近寄ってきます。
46_IMGP1911-1.jpg

 スペシャルポーターのうーたんが乗っていました。
47_IMGP1911-2.jpg

 一晩、お世話になった9番です。
48_IMGP1912-1.jpg

IMGP1912-2.jpg

IMGP1912-3.jpg

 asoさん、敏さんの上がっている7番です、釣果が気になります。
49_IMGP1916-1.jpg

 1人増えています??? 昼釣りで底物の方が上がっていました。
50_IMGP1917-1.jpg

 クーラーを持つと2人共に軽いです、アジ数匹程度のようで良く無かったようでした。
 2人共に白長靴です。
51_IMGP1918-1.jpg

 東方向から見た7番。南西側は割りと立っています。中央から東にかけては足場は良いです。
52_IMGP1919-1.jpg

 朝日が綺麗です。
53_IMGP1920-1.jpg

 よねちゃんの居る3番です。よねちゃんの釣果は港に帰るまで不明です。
54_IMGP1930-1.jpg

55_IMGP1930-2.jpg

 3番と2番との間の沖で、よしだ屋渡船がジギングをしていました。
56_IMGP1933-1.jpg

 2番には底物の方が上がっています。
57_IMGP1934-1.jpg

 日振、横島。
58_IMGP1942-1.jpg

 御五神方向。
59_IMGP1944-1.jpg

 日振島。
60_IMGP1945-1.jpg

 港に到着、よねちゃんが小鯛を釣っているようでクーラーの中身をチェックします。大きなヤツが入っています。もしかして懸賞金サイズ???
61_IMGP1948-1.jpg

 クーラーから出して検測してみます。73㎝で懸賞金サイズ7㎝足りません、一瞬焦りました。
62_IMGP1949-1.jpg




 本日の釣果、キツ62㎝、尾長グレ39㎝、小アジ2枚、カジラ4枚? 新子は須崎に帰ってから、つゆたんに貰いました。
IMGP1951-1.jpg




 19番の長ちゃんは小アジに翻弄されたようでした。

 10番のわがままTさんはイサギ2枚を釣り24時頃から寝ていました。その後真面目にやっていれば追加出来ていたと思うのですが残念です。ハタンポ沢山のようでした。

 9番はハタンポ沢山、今回はフカセ中心だったので良い時間帯にカゴは振れませんでした。

 7番も餌取り沢山で良くなかったようで、小アジ数枚程度。

 3番もハタンポ沢山ですが、その状況でも良型魔鯛を釣るよねちゃんはさすがです。よねちゃんの釣ったハタンポ君。
IMG_7590-1.jpg


 今日、水温を調べてみると26度はあったようです、本日は24度台、週末はかなりの高水温だったと思われます。

 しかし、あの豆アジの大群では暫く昼釣りは難しそうです。

 次回の釣行は22日(土)の9月定例会で三崎二名津を予定、大アジ、イサギ、大判魔鯛狙いです。

新子ゲッチュ

 
 毎日ハブ太郎から電話がかかってくる、忙しい時は堪らない。しかし今は暇なので直ぐに出てみる。
 「つゆたんが新子釣っちゅうけ取りにくる???」
 「暫時行くき」

 丁度昼休みで終身がうちの事務所に来ていたので行ってみる事とする。新子は新鮮さが大事です、家に帰ってクーラーを持って行きます。

 市場に着いてみると、つゆたん、ハブ太郎、終身の3人が居ます、どっから見てもタチが悪そうです。
IMGP1806-1.jpg

 モノクロにしてみると人相違反です。
IMGP1806-2.jpg

 近づきながらさらに撮ってみます。つゆたんが可愛らしく見えてしまいます。良くみると終身はウ○コ座りで、今にもウ○コしそうです。
IMGP1807-1.jpg

 ハブ太郎、かなりヤバイ系です。
IMGP1807-2.jpg

 終身、ウ○コをちびったような顔をしています。
IMGP1807-3.jpg

 つゆたんは新子を20匹ぐらい釣ってたようでした。ここから見える安和海岸には波が白くブチ当てています。多分3mは波があったと思われます。

 新子ゲッチュします。
IMGP1808-1.jpg

 つゆたん丸、市場の前に止めてました。
IMGP1809-1.jpg

IMGP1810-1.jpg

IMGP1811-1.jpg

 こんな事をしている場合じゃないです、早く帰って料理しなくては。

 今晩は新子で沢山呑めそうです。

とある河口にて2

 
 9月5日、17時29分、ハブ太郎より入電、ルアーを放りに「とある河口に行く」との事。

 18時に仕事を切り上げ、現場に直行してみる。ハブ太郎発見。
01_IMGP1774-1.jpg

 やはり明らかに腰付きがオカシイ。
02_IMGP1777-1.jpg

 下流側にもう1人発見、良く見ると終身のようだ。
03_IMGP1775-1.jpg

 この2人、どうしても不審者に見えてしまう。
04_IMGP1776-1.jpg

 ハブ太郎は前回喰わしたポイントを重点的に攻めている。
05_IMGP1778-1.jpg

 トップウォーターがバシャバシャとなり、今にも出そうな雰囲気である。見ていて面白い。
06_IMGP1779-1.jpg

 上流側から「ガタンゴトン」と列車が走っていく音がする。窪川(現四万十町)方向に鉄橋を通過していた。鉄男君ばりに写真を撮ってみる。
07_IMGP1781-1.jpg

 夕焼けが綺麗だ。
08_IMGP1782-1.jpg

 山の頂上に風車が見えている。
09_IMGP1791-1.jpg

 海側の空も綺麗な色になっている。
10_IMGP1787-1.jpg

 河口には台風9号の影響で少し波が押し寄せてきている。
11_IMGP1788-1.jpg

 上流側に移動しながら川底を覗くと40㎝ぐらいのチヌは1匹発見できた。しかしチヌの大群は対岸の方に群れているようで、こちらからは見えない。

 ハブ太郎には2回バイトがあったもののフッキングせず、余り活性が高くないようだ。増水後が狙い目だろう。
12_IMGP1789-1.jpg

 終身には1回もバイト無し、フローティング、トップウォーターと交換して攻めてみるが・・・
13_IMGP1796-1.jpg

 日没になり、結局状況が悪いと言い聞かせて帰る事に。

 ハブ太郎、終身共に喉が渇いたらしい、帰ってからのビールが楽しみだろう。
14_IMGP1799-1.jpg

お馬鹿な2人

 
 10時13分、ハブ太郎より電話がかかってくる。

 「6本やったで」
 「??? どこにおるが???」
 「達坊に付いてきて○川におるで」

 面白そうなので偵察に行ってみる。

 途中で電話すると2人共に出てくれず居場所が分からない。仕方無く川を見ながら走っていく。河原に軽トラ、川には2人居る、明らかに怪しい。
 下流より暫く観察してみる。一人が泳いでいるようだ。

 車を廻し、近くから観察してみると、やはり達坊とハブ太郎の2人だ。

 達坊は移動するようで河原向きに歩いている。
01_IMGP1734-1.jpg

 川には異様な物が浮かんでいた、これでは鮎は掛からないだろう。
02_IMGP1735-1.jpg

 暫くして、やっとこちらに気がついたようだ。どっから見ても怪しい男だ。
04_IMGP1737-1.jpg

 引き船を引っ張り走りだした。
05_IMGP1738-1.jpg

 引っ張り疲れたのか囮缶の所に行く。
06_IMGP1740-1.jpg

 囮缶に鮎を移し覗いている。そこに達坊が帰ってきた。
07_IMGP1743-1.jpg

 今度は空になった引き船を持ち上げ遊んでいる。背後には達坊が迫っている。
08_IMGP1744-1.jpg

 振り返ると期待通りになっていた。
09_IMGP1745-1.jpg

 河原より軽トラに乗り2人が帰ってくる。
10_IMGP1746-1.jpg

 国道を爆走し上流のポイントへ移動する。
11_IMGP1750-1.jpg

 広場に車を止めて偵察する。軽トラにはハブ太郎が残されていた。
12_IMGP1752-1.jpg

 達坊はマジモードで川を覗いている。
13_IMGP1753-1.jpg

 鮎は見えるようで直ぐに川に降りていく。ハブ太郎は完全に浮いている存在だ。
14_IMGP1754-1.jpg

 達坊が使っている竿、そこそこの奴のようです。
15_IMGP1755-1.jpg

 川岸で囮の鮎をつけます。
16_IMGP1756-1.jpg

 アメゴを釣ったら良いような川幅、水量でしたが鮎はそこそこ居ました。
17_IMGP1757-1.jpg

 ハブ太郎が玉助役、鮎が掛かるのを待っています。
18_IMGP1758-1.jpg

 達坊だけ見れば極まっています。
19_IMGP1759-1.jpg

 一応、お手伝いをしています。
20_IMGP1760-1.jpg

 ずっと監視役で達坊に気合いをいれます。
22_IMGP1761-1.jpg

 ハブ太郎、退屈そうです。
23_IMGP1762-1.jpg

 横で「あそこの鮎を掛けえ」と吠えています。
24_IMGP1764-1.jpg

 近くで泳がれるのも堪らないですが、ずっと着き回られるのも堪りません。
25_IMGP1769-1.jpg

 結局、見ている間には1匹も掛けませんでした。
26_IMGP1763-1.jpg

 この後、どうなったかは報告が無いので不明です。

 達坊はハブ太郎を囮掛けには2度と連れていかない事でしょう。

須崎安和海岸パトロール

 
 釣りに行けずに暇で須崎安和海岸をパトロールしてきました。

 中の島。
01_IMGP1728-1.jpg

 神島。
02_IMGP1727-1.jpg

 水谷。
03_IMGP1725-1.jpg

 スズキバエ。
04_IMGP1725-2.jpg

 青木崎。
05_IMGP1729-1.jpg

 青木崎のシモリ。
06_IMGP1726-1.jpg

 青木崎より。
07_IMGP1730-1.jpg

 久礼、大黒ハエ、黒ハエ1、2番。
08_IMGP1731-1.jpg

 大黒ハエ。
09_IMGP1731-2.jpg

 黒ハエ1、2番。
10_IMGP1732-1.jpg

 こんな事してたら、余計に釣りに行きたくなってきます。

 今週末は夜釣り行きの予定ですが、台風9号の動きが心配です。
プロフィール

へたくそ隊長

Author:へたくそ隊長
酒好き、男好き?の「へたくそ」釣り師です。
海釣り何ならなんでも有り、カゴ釣りをメインとしています。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。