HOME   »  2008年02月
Archive | 2008年02月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

三浦半島 某地磯

 2008年2月26日(火) 中潮 干潮3時49分 60.5㎝ 満潮9時50分 194.3㎝ 干潮16時15分 37.9㎝ 波0.5m 雲り時々雨 南の風弱く 水温?度

 毎年の事ながら仕事の忙しい時期となり釣りに行ける日が少なくなっている。天気さえ良ければ現場に出てやる日々が続いています。

 24日(日)は2月定例会でしたが北の爆風が吹くので釣りに行くのは止めて仕事していました。その代わりに26日(火)が雨だったので休みとして、三浦半島の某地磯に行ってきました。

 ここは以前より1度攻めてみたかった所です。潮の流れの速い場所で潮位差のまだ大きい中潮だったのてすが、行ってみました。

 3時前に家を出発します。丁度、小雨が降りだしたところでした。宇和島で朝食をとり、6時前に到着します。

 雨の中潮なので誰も来ていません、貸し切りのようです。6時20分を過ぎると夜が明けてきます。準備をしている所に駕篭忍者宏さんより電話があり、今から偵察に来るとの事でした。勿論、竿、餌を持ってくる事でしょう。

 ここは道より近い所なので、荷物を2回に分けて運びます。南風が吹いているせいか余り寒くはなく汗になりました。暫くカッパを脱いでクールダウンします。

 7時前、準備が出来たので仕掛けを投入します。潮は満ち潮が先端を掠め、右沖方向に流れています。

 先端より投げてみますが、道糸が大きく右奥に取られて面白く流せれません。又、先端の右には大きなシモリがあり、魚を取り込む事が出来ません。

 右奥の場所に移動して本流の壁の潮目を狙います。しかし潮が速く蛇行しているせいか、ウキより道糸が取られてしまい、ここからも面白くは流せれません。潮が緩むのを待つしか無いようでした。

 この状況でも餌取りは沢山いて、毎回、直ぐに取られてしまいます。
01_IMGP3991-1.jpg

 かなり速く流れています。
02_IMGP3992-1.jpg

 磯先端部。
03_IMGP3993-1.jpg

 8時を過ぎると少し潮が落ち着いてきて、大きく道糸が取られる事は少なくなってきました。

 8時21分、モソッとしたウキ入れ、餌取りの反応が出ています。手前にはハエ根が大きく出ているので大急ぎで強引の巻き取ります。魚の引きを楽しむ余裕なんてありはしません。

 少し首を振っていますが魔鯛ではないようです。上がってきたのは期待通りのウマヅラ君たでした。やはり、こやつが悪さをしているようです。

 このウマヅラ君、体表にモンモンがありました。皮膚病にかかっているようです。
04_IMGP3994-1.jpg

05_IMGP3994-2.jpg

 裏側も同じでした。
06_IMGP3995-1.jpg

 この後、同じようにウキ入れがありますが、余りに強引に巻き取りますので3回っ、針外れとなってしまいました。同じくウマヅラだったと思います。

 富坊は2回仕掛けがトラぶって後ろで直していました。
07_IMGP3996-1.jpg


 9時半頃に駕篭忍者宏さんが差し入れを持って偵察に降りてきます。もう直ぐ引き潮に変わり左側に流れるので、竿を持ってきて釣ってみるようです。

 駕篭忍者宏さん、準備中。
08_IMGP3997-1.jpg

 10時11分、宏さんは先端部分で始めます。丁度、引き潮が流れ始めた所でした。
09_IMGP3999-1.jpg

 右横の釣り場。左向きに流れています。
10_IMGP4000-1.jpg

 こうなれば先端より左に流れる引き潮を狙います。引き潮は直ぐにゴンゴン流れ出しました。竿とリールを替え、流せる仕掛けとします。

 12時13分、かなり向こうに流していた宏さんが竿を曲げています。良い魚を掛けたのか??? 残念ながら、底を掻いていました。左手前はやはり浅いようでした。
11_IMGP4001-1.jpg

 富坊は引き潮に変わってからは左奥でフカセをしていました。フカセは喰いが渋く、刺し餌を少しかじるだけのようでした。
12_IMGP4002-1.jpg

 この後、隊長も1回、底を掻いてしまいます。潮は速いし、南風が強くなり正面より吹き廻してきます。刺し餌も落ちません。
13_IMGP4005-1.jpg

 先端より速い潮が流れています。
14_IMGP4006-1.jpg

 
 宏さんは13時前に諦め帰っていきました。

 13時20分、富坊もギブアップします。引き潮の潮止まりまで待てばチャンスがあったかもしれませんが、戦意喪失してしまっていて納竿としました。

 いつも、ここに来られる常連の方、引き潮狙いで10時過ぎにきました。以前に長ちゃんとMAKOさん???に逢ったように言ってました。
15_IMGP4007-1.jpg

 引き潮方向。
16_IMGP4008-1.jpg

 向かいの島。
17_IMGP4009-1.jpg

 先端部。
18_IMGP4010-1.jpg

 先端部、右側のシモリ。
19_IMGP4012-1.jpg

 右横の釣り場。
20_IMGP4013-1.jpg

 今日の敗因はやはり潮が速過ぎた事だと思います。満ち潮では大きく右に道糸を取られてしまい上手く流せれませんでした。潮止まり前の1時間半ぐらいからは良い感じでした。しかし餌取りは多かったです。取り込みはかなり難しいと思いました。

 引き潮は直ぐに激流となるので動き始めか、潮止まり前がチャンスだと思います。引き潮では水温が下がる為か、餌取りは居ませんでした。

 次回は潮の小さい時にやってみたいと思います。
 
スポンサーサイト

日振島7番

 2008年2月10日(日) 中潮 干潮3時14分 28.8㎝ 干潮9時34分 205.5㎝ 満潮15時53分 52.5㎝ 波0.5m 曇り後晴れ 北西の風弱く 水温14.9度

 今回はHGの御五神行きを予定していましたが、出船しないとの事で日振島へ行ってきました。

 ハブ太郎と須崎を2時過ぎに出発します。宇和島のジョイフルで朝飯を食べ、隣の松岡漁具でウキ、カゴ、小物等を仕入れます。今回は初めてキビナゴの刺し餌を買っていきます。

 5時過ぎに吉田町の清家渡船に到着、客は車の台数から20名ぐらい居るかなとの感じでした。

 暫くして、よねちゃんがやってきます。頼もしい味方です。これで今日も良いハエに上がれると思いました。

 定刻の5時50分に出船、操舵室によねちゃん、ハブ太郎と一緒に乗り楽しい会話が続きます。

 6時30分、矢ヶ浜沖の抽選場に到着、今回も隊長がクジを引きにいきます。7船の3番クジでした。

 船長と相談の結果、7番の沖側に上がる事としました。

 心配していた風も余り強く無く、そこそこの釣り日和です。しかし朝の内は雲がかかっていて陽が差さずに寒い風でした。
01_IMGP3774-1.jpg
 
 7番の裏側には別の渡船でフカセの方が2名上がっています。挨拶をしカゴを投げると伝えます。

 満ち潮ですが本来なら7番方向に流れる筈ですが、5番方向に流れています。西の裏側ではフカセの方が釣っているので西の高場からカゴを投げてみます。

 正面には御五神が見えています。
02_IMGP3775-1.jpg

 7時41分、右の黒の帽子の方が竿を曲げています。
03_IMGP3776-1.jpg

 良型のイサギでした。
04_IMGP3777-1.jpg

 続いて同じ方が小鯛を釣ります。カゴは餌取りが多くて厳しい状態です。潮に裏に舞い込み風から横滑りと蛇行しています。
 
 今日はハブ太郎が5本、隊長が6本ビールを持ってきています。ハブ太郎の呑むペースが中々早いです。

 7時55分、ハブ太郎、早くも変な体勢になっています。
05_IMGP3778-1.jpg

 ハブ太郎、後ろから見れば釣っているのか、呑んでいるのか分りません。
06_IMGP3782-1.jpg

 6番方向。
07_IMGP3784-1.jpg

 5番、かなり潮位が上がってきて小さくなっています。
08_IMGP3785-1.jpg

 8時28分、ハブ太郎、又もや変な体勢となっています。
09_IMGP3787-1.jpg

 8時33分、今度は赤い帽子の方が竿を曲げています。
10_IMGP3788-1.jpg

 40㎝ぐらいのグレでした。
11_IMGP3789-1.jpg

 裏のフカセの方は順調に竿を曲げているのにカゴは・・・ 辛いです。

 潮が少し沖にはねて綺麗な潮目が出るようになりました。8時34分、ここでハブ太郎が30㎝ぐらいの小鯛を釣ります。口の中にはタイノエ(鯛虫)が居ました。
12_IMGP3790-1.jpg


 この潮がチャンスだと頑張りますが直ぐに横滑りの潮に変わってしまいます。

 9時1分、ハブ太郎、3度目です。
13_IMGP3792-1.jpg

 この頃より隊長のカメラを取り上げ、遊びだします。隊長も負けじとビールを呑んでいます。
14_IMGP3795-1.jpg

 一応、真面目に釣っています。横から見ると足場が立ってますね。
15_IMGP3798-1.jpg

 後ろには空き缶が沢山となってきています。
16_IMGP3799-1.jpg

 9時5分時点でのハブ太郎の餌、まだカチカチです。
17_IMGP3802-1.jpg

 9時6分、隊長も堪えかねて西向きにやってみます。 
18_IMGP3805-1.jpg

 初めて買ってきたキビナゴの餌でやってみます。
19_IMGP3809-1.jpg

 目から通し、腹の辺に掛けてみます。
20_IMGP3812-1.jpg

21_IMGP3813-1.jpg

 ハブ太郎が余りにじゃれ付いてきて堪りません。威嚇しますが効き目は無いです。
22_IMGP3815-1.jpg

23_IMGP3817-1.jpg

 キビナゴで10回ほど流したのですが、何かが直ぐに取っていきます。

 9時11分、清家渡船の親父さんの船が爆走していきました。8番沖に掛かり釣りに行っているようです。
24_IMGP3818-1.jpg

 9時34分の干潮を過ぎても潮は緩やかに東向きに流れています。

 9時55分、初のウキ入れです。緩んでいた道糸が張ってきて勢い良く出ていきます。暫くして合わせを入れてみます。かなりの大物のようでドラグが滑っています。

 魚は速度を上げ走ります。3秒程でエンションが無くなってしまいました。針外れ???かと思い仕掛けを回収してみると何と道糸が天秤の括り目の所で切れてしまっていました。
25_IMGP3819-1.jpg

 余りに呆気無い切れ方に何を反省したら良いのか・・・ ショックでした。

 もう1回ウキ入れがあればと頑張りますが、餌取りが多いです。

 10時57分、ハブ太郎は寝ていました。
26_IMGP3820-1.jpg

 隊長も11時過ぎにオニギリを食べながら休憩します。少し酔っていたので横になったのがいけなかったようです。ハブ太郎に起されたのが14時過ぎでした。完全に爆睡していました。
middle_1202729283.jpg

middle_1202731548.jpg


 ハブ太郎は12時頃より釣ったようですがウキ入れは無かったようです。最後は引き潮が8番方向に流れていて、満ち引き共に通常の逆の流れのようでした。
 
 8番東側。
27_IMGP3821-1.jpg

 6番方向。
28_IMGP3823-1.jpg

 5番。潮がかなり下げています。
29_IMGP3824-1.jpg

 御五神、寝床。
30_IMGP3826-1.jpg

 御五神。
31_IMGP3825-1.jpg

 御五神、サステ。
32_IMGP3828-1.jpg

 8番方向。
33_IMGP3831-1.jpg

34_IMGP3832-1.jpg

 ムラコシ方向。
35_IMGP3834-1.jpg

 ムラコシ0番、1番。
36_IMGP3834-2.jpg
 
 ムラコシ0番の岡???
37_IMGP3834-3.jpg

 7番、西の干出部。満潮時にはほぼ水没します。
38_IMGP3835-1.jpg

 7番、東側のハエ際。
39_IMGP3836-1.jpg

 7番、西側。
40_IMGP3837-1.jpg

 14時14分、裏側の降りていた人に迎えがきました。
41_IMGP3838-1.jpg

 14時18分、清家渡船に拾ってもらいました。
42_IMGP3839-1.jpg

 今日、稽古をつけてもらった7番。
43_IMGP3840-1.jpg

 清家渡船の前側にはNEWバージョンの大きな「へたくそステッカー」を貼ってくれていました。出来れば名○会の横が良かったかも。
44_IMG_0264.jpg
 

須崎市安和の地磯 水谷の東の手前


 2008年2月3日(日) 中潮 干潮9時52分 117.9㎝ 満潮14時57分 154.7㎝ 波2.0m 曇り後晴れ 無風後北西の風強く 水温?度

 今回は遠くに釣りに行く予定では無かったです。朝方まで降っていて雨も止み暇なので安和の海を10時頃より見にいっていました。

 予報では2.5→3.0mでしたが2.0m弱しか無く、釣り人も居ない事なので急遽家に道具を取りに帰り地磯に行ってきました。

 本命は安和と久礼の境の水谷の東側でしたが、釣り人が行っており仕方無く東手前に降りてみました。
mizutaninotemae-1.jpg

mizutaninotemae.jpg

 11時半頃に到着、10時頃に見たよりかは波があります。満ち潮になり波が大きくなったようです。
01_IMGP3597-1.jpg

 一番向こうに見えるのが水谷の東の鼻です。1人釣っていました。
02_IMGP3598-1.jpg

 中崎(イヤガハエ)方向。割りと波がぶち当てています。
03_IMGP3599-1.jpg
   
 ここは浅く右沖から波が駆け上がってきます。道具を取られないように高場から釣ってみます。綺麗なベラ君が釣れました。
04_IMGP3600-1.jpg

 続いて豆グレ。
05_IMGP3601-1.jpg

 磯ベラ君。
06_IMGP3602-1.jpg

 次第と波が大きくなるし、豆グレしか釣れないので場所を移動します。
07_IMGP3603-1.jpg

08_IMGP3604-1.jpg

 コンクリート洞門の前で釣っていました。
09_IMGP3605-1.jpg

10_IMGP3605-2.jpg

 久礼の新堤の前に行ってチヌを狙ってみますが、全く当り無し。北西の風が強くなってきたので15時前に撤収、無念さが残っただけでした。

 晩のオカズが無いので須崎のスーパーにより愛媛産の平アジを買って帰りました。
11_IMGP3606-1.jpg

 やはり店で売っている魚は釣りだちとは違い、かなり柔らかくなっていましたが、何とか刺身して食べました。
12_IMGP3611-1.jpg

 今日の教訓。やはり安和の地磯では大きな魚は釣れない。俄かにジタバタして釣りに行ってもいけない、やはり宇和海に釣りに行こうと反省しました。
 
プロフィール

へたくそ隊長

Author:へたくそ隊長
酒好き、男好き?の「へたくそ」釣り師です。
海釣り何ならなんでも有り、カゴ釣りをメインとしています。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。