HOME   »  2008年07月
Archive | 2008年07月

日振島10番(夜釣り)

  2008年7月26日(土~日) 満潮12時16分 156.9㎝ 干潮15時50分 92.2㎝ 満潮0時00分 176.4㎝ 干潮6時59分 58.7㎝ 小潮~長潮 月出23時37分 月没14時15分 月輝面35.0% 月齢24.0 晴れ後時々雨 南の風強く 波0.5~1.5~1.0m 水温24度ぐらい
 
 前回の釣行は6月8日だったので7週間振りの釣行となりました。長ちゃん、MOTOさんに連れられて日振島の夜釣りに行ってきました。

 沖の台風の波の影響が心配でしたが、土曜日の午前中の須崎沖は凪いでいたので南側でもできるかもと期待して行ってきました。

 矢ヶ浜を過ぎると南の風が次第に強く吹いています。しかしまだ波にはなっていないので南側に回っていきます。最初に7番に2名を降ろし、次に長ちゃんが8番に上がりました。

 本当は9番が第一希望だったのですが、安全第一で荒れてくるといけないのでMOTOさんと2人で10番に上がりました。しかし、この組み合わせではいつも荒れる日和が多いです。今回はどうなる事でしょうか???

 15時46分に上礁します。

 8番方向。
01_IMGP6637-1.jpg

 8番、9番。
02_IMGP6638-1.jpg

 8番の長ちゃん。
03_IMGP6638-2.jpg

 御五神、サステ方向。
04_IMGP6639-1.jpg

 MOTOさんは北側の10番の岡との水道を攻めるようです。
05_IMGP6635-1.jpg

06_IMGP6636-1.jpg

 10番先端、潮はまだ9番方向(左向き)に流れていました。
07_IMGP6640-1.jpg

 12番方向。
08_IMGP6634-1.jpg
 
 南の風が5mぐらい吹いて余り暑くない状態でした。まずはフカセで釣ってみます。ハエ際の撒き餌にはフグしか見えない状態でした。暫くして小さなタカベが針掛かりしてきます、その後はエビルアーにカンパチ(ネイリ)の子がヒットしてきました。

 グレ、キツの活性が全く無いので、カゴで沖の魚を狙ってみました。潮の流れは良いものの餌取りが沢山居るようでウキに反応が無く、直ぐに刺し餌だけ無くなってくる状態でした。

 19時を過ぎると西空は夕焼けで綺麗になってきました。
09_IMGP6641-1.jpg

10_IMGP6642-1.jpg

 この頃より左向きの流れは止まり、満ち潮が12番方向(右向き)に緩やかに流れ始めました。夕マズメのチャンス到来と頑張ってカゴを振り続けますが、エサ取りが多くてウキには反応無しでした。

 21時頃より太仕掛けのフカセで12番方向のハエ際から流し釣ってみます。しかしハタンポが1枚釣れただけで後は全然エサが落ちません。やはり月の明かりが無くてはお魚さんも活性が低いようでした。

 途中でカゴも振ってみますが、エサは落ちるものの、ウキ入れ無し、イサギもやる気がないようです。

 満潮の24時頃になると南風も強くなってウネリも大きくなってきました。先端は少しヤバくなってきたので北側の高場に道具を移動して休憩します。
11_IMGP6644-1.jpg
 
 満潮を過ぎ、潮は下げているもののウネリは次第と大きくなってきます。10番は南東側からの波には弱い所です。0時46分、時々、先端手前のワレを抜けていくようになりました。
12_IMGP6645-1.jpg

 こうなれぱ、本当にヤバいので潮が下げるまで様子を見ながら休憩を続けます。後ろをみるとMOTOさんは仮眠していました。
13_IMGP6650-1.jpg

 しかし、退屈な時間だけが過ぎていきます。暫く仮眠をしてみますが、波の音が気になるのと潮が南風に乗って顔にしぶいてくるので中々熟睡できません。幸せが悪いことに3時前には雨まで降ってきました。

 北側の岩陰に濡れないように避難します。さすがにMOTOさんも起きてきました。MOTOさんが傘を持っていたので、2人で肩を寄せ合いラブラブの相合傘状態で、怪しい雰囲気です。この時は本当に「お家に帰りたい」状態となってました。

 暫くすると雨も上がり、風も弱まってきました。潮もかなり引き、ウネリも弱まってきました。暫く先端部分を観察し、最後のチャンスだと思いカゴ仕掛けを投げにいきました。

 潮は引き潮が9番方向に程良く流れています。エサは毎回取られる状態でした。数投後、正面より少し左の所で綺麗にウキ入れです。「これは大事なイサギちゃんかな」  優しく抵抗しながら付いてきます。

 大事に玉助したいのですが、ハエ際はまだかなり荒れています、思い切りぶち抜きました。40㎝ぐらいのイサギでした。

 北側で釣っていたMOTOさんに「南側で釣れたよ」と誘い、2人で南側をやってみます。今度はかなり流した所でウキ入れで2枚目を釣りあげます。

 その後、MOTOさんにもイサギが当ってきました。潮の流れは良かったのですが、イサギは絶対数が居ないようで中々当ってきません。手前側に寄って流れるとガシラ君が喰ってきます。ウキ下を少し上げて攻め続けます。

 5時前になると夜が明けてきました。5時30分が納竿時間でしたが15分頃に8番方向に迎えの渡船が見えたので残念でしたが納竿としました。

 8番方向。
14_IMGP6651-1.jpg
 
 10番の潮の流れ。
15_IMGP6652-1.jpg

 12番方向。
16_IMGP6653-1.jpg

 7番の人はグレ、イサギをそこそこ釣っているようでした。8番の長ちゃんは小さなシマアジとネイリ、夜になって脱走魔鯛、キツ、イサギ1枚を釣っていました。17番は魚の気配が無かったようです。

 どこともに南風とウネリで苦戦したようでした。もう少し波が無かったら釣れていたかもしれませんが、海難事故が無かっただけでも良しとしなくてはいけないでしょう。

 イサギはまだ卵を持っていました。これから先、大喰いは無いかもしれませんが、もう少しは釣れるんじゃないかと思いました。

 小アジ(ゼンゴ)は居ない状態でした。月夜ならまだ大判魔鯛も狙えると思いました。

 次回は8月9日(土)に三崎方面を夜釣りを予定しています。
スポンサーサイト
プロフィール

へたくそ隊長

Author:へたくそ隊長
酒好き、男好き?の「へたくそ」釣り師です。
海釣り何ならなんでも有り、カゴ釣りをメインとしています。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索
RSSフィード
リンク