HOME   »  2009年05月
Archive | 2009年05月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

沖の島・裸島のナダレ

 
 2009年5月23日(土)~24日(日) 大潮 満潮17時57分 201.7㎝ 干潮23時44分 93.6㎝ 満潮05時21分 201.7㎝ 月出04時17分 月輝面0.4% 月齢29.0 晴れ後くもり 波1.0~1.5m 北西の風弱く→強く 

 今回は40upの良型イサギを釣りたくて沖の島に夜釣りに行ってきました。

 以前鵜来島には3度ほどフカセで行った事はあるんですが沖の島に行くのは全く初めてです。宿毛片島港からの出船も初めてなのでドキドキの連続でした。

 宿毛までは須崎から108㎞、宇和島に行くぐらいの距離なので2時間ぐらいで行けそうです。余裕をみて12時前に出発します。

 松山方面からは、うーたん、山ちゃん、MOTOさん、TURUさん、玉ちゃんの5人が来るようになっていて宿毛片島港に集合しました。

 各船、結構の昼釣りの客がいました。昼釣りの客を降ろし、夜釣り客14名ほどを乗せ、定刻の15時に出船します。

 宿毛片島港。
01_IMGP7187-1.jpg
 
 丁度、宿毛佐伯フェリーと同じ時間の出船でした。
02_IMGP7188-1.jpg

 波も無く快適で40分ほどで沖の島付近に到着します。

 まずは二並島が見えてきます。
03_IMGP7189-1.jpg

 直ぐ向こうには裸島が見えてきました。
04_IMGP7193-1.jpg

 裸島船付きでは夕釣りの方が釣っていました。
05_IMGP7194-1.jpg

 大人数ですが、うーたんが頑張ってくれて第一希望のナダレに上がることが出来ました。ここはロープ伝いで荷物を上げなくてはいけないので大変でした。名前の通り、ハエ際が急角度で下がっています。
06_P1020943-1.jpg

 左より、山ちゃん、TURUさん、玉ちゃん、隊長です。
07_P1020943-2.jpg

 今回、お世話になった澤近渡船さん、とても親切な船頭さんでした。
08_IMGP7196-1.jpg

 右隣のハナレに2人組が上がります。うーたん、MOTOさんの2人はどっかに行ってしまいました。
09_IMGP7197-1.jpg

 全く初めての磯なので高場に上がりビールを呑みながら偵察してみます。

 船付き方向。ナダレより歩いて行けそうです。
10_IMGP7198-1.jpg

 柏島方向。中央に幸島、右側にビロー島が見えています。
11_IMGP7199-1.jpg

 沖の島、三ツバエ方向。
12_IMGP7200-1.jpg

 姫島方向。
13_IMGP7203-1.jpg

 ナダレの釣り座。この辺特有の砂岩の岩肌です。急勾配ですが思ったよりかは滑らなかったです。
14_IMGP7204-1.jpg

 手前側の水深はかなり浅く、横方向の浅いシモリが多数見えています。本当にここでイサギが釣れるかどうか不安ものでした。
15_IMGP7205-1.jpg

 ナダレとトビワタリとの間、ここも手前側はかなり浅いです。
16_IMGP7206-1.jpg

 潮は緩く左方向に流れていました。最初の内は正面より少し左沖を浅タナで攻めてみましたが餌取りが沢山でした。

 次にナダレの一番左の高場より左沖の深い所を攻めてみます。ここも餌取りが多いのですが、明るい内は精一杯深い所が良いと思い攻め続けてみました。

 右側では、山ちゃん、TURUさん、玉ちゃんの3人が正面を浅タナで攻め続けていますが、餌取りの猛攻にあっていました。たまに針掛かりしてくるのはスズメダイぐらいです。

 まず最初に山ちゃんにヒットしましたが直ぐに根に入られてしまいました。この水深では仕方がありません。次はTURUさんにヒットしましたが、これはハリスがザラザラでバラシてしまいました。

 その後、隊長にもヒット、ウキが入り元気良く道糸が出ていきます。直ぐに合わし寄せてきますが、これもハリスがザラザラでバラシてしまいました。

 どれもイサギの引きでは無く、南方系の外道のような感じでした。

 18時半頃には船付きの夕釣り客を向かえにきました。夕釣りと入れ替わりでうーたん、MOTOさん組が夜釣りをするように上礁しました。

 結局、明るい内は釣果が無く、夕マズメを向かえ、本番の夜釣りへと突入しました。

 暗くなって暫くは中アジがポツポツと喰ってくる状況でした。しかし直ぐにアジの喰いも止まり、ただ餌が落ちる時間が過ぎていきました。

 退屈になったので船付きで釣っているうーたん、MOTOさん組の偵察に行ってみます。
17_IMGP7207-1.jpg

 何とMOTOさんがアジとイサギを釣っていました。かなりショックです。
19_IMGP7209-1.jpg

18_IMGP7208-1.jpg

 うーたんは確実に釣っていました。
20_IMGP7210-1.jpg
 
 これで少しはやる気が出て、トビワタリ手前に移動して釣ってみます。しかし、ここも餌が落ちるだけ、たまにウキ入れするのはこいつだけでした。
21_IMGP7211-1.jpg

 キンメダイ目、イットウダイ科 ナミマツカサ。口が大きくて針を飲み込んでいます。歯は割りとザラザラしてて、ハリスは傷ついてしまって釣れる度に結び直さなくてはいけなくて本当に邪魔になるやつでした。

 暫く攻めてみるも釣果は無く、ナダレ組の釣果を見に行ってみます。TURUさんがイサギ2枚とアジを釣っていました。これでナダレに戻り、浅タナで正面方向を攻めてみました。

 餌取りは少々居るようですが、潮の流れも弱く、闇夜のせいかイサギの活性が悪いようです。でも何とか干潮前までに小振りなイサギを2枚釣り上げました。

 干潮を過ぎ00時半頃より少し満ち潮が左に動き始めました。しかし北西風が右より吹きつけ釣り難い状態となってしまいます。でもイサギの喰い気があがったのか、みんなにポツポツと当ってきだしました。

 2時を過ぎた頃より型が大きくなり40㎝級が喰いだしました。しかし本格的な喰いにはならずに夜が明けてしまい納竿となってしまいました。

 今回は余りに真面目に釣り過ぎて、夜の間の写真を撮る余裕もなく、もう少し余裕を持って釣らなくてはいけないと反省するようになった釣行でした。

 22_IMGP7212-1.jpg

23_IMGP7213-1.jpg

24_IMGP7214-1.jpg

 隊長の釣果。イサギ6枚(最大40㎝)、アジ2枚。
25_IMGP7217-1.jpg

 TURUさんの釣果。イサギ12枚(最大45㎝)、アジ7枚。さすがの釣果です。
26_TURUさん釣果_2009_05_24

 山ちゃんもイサギを10枚近く釣っていたと思います。まだ若い子ですが立派なカゴ師でした。さすが、うーたんの弟子???だけのことはあります。

 玉ちゃんは残念ながらイサギはノーヒットでした。同じ所を同じタナで流しているのにこんな事もあるんですね。玉ちゃん、次回はしっかりリベンジしましょう。

 船付きのうーたん、MOTOさん組はその後、イサギを少し追加した程度で数、型ともに伸びなかったようです。

 この様子だと2週間後の満月の大潮の時にはかなりイサギも喰ってくるように感じられました。

 次回は6月になっての御五神の昼釣りか、日振島の夜釣りでイサギを狙ってみたいと思います。


 
スポンサーサイト

眼鏡

 
 最近、以前使用していた眼鏡のフレームが破損したので眼鏡を新調しました。

 今迄は近視だけだったのですが、ここ最近は近くの物が見えにくくなり、歳と共に老眼が掛かってきているように感じていました。

 視力検査をしてもらうと近視の度は進んでないようです。しかし間違い無く老眼になっていて遠近両用のレンズを入れてみることとしました。

 遠近両用のレンズの構造はこのようになっています。
img-521174344-0001-1.jpg

img-521174344-0001-2.jpg

img-521174344-0001-3.jpg

 確かにレンズ正面のピンポイントでは遠くから近くまで良くみえます。しかし説明書にも書いていますが、少し側面になると、ゆれ、ゆがみ、ピンボケが極度に出ます。横目で見ると完全にピンボケ状態なので首を回し正面に向かなくてはいけないです。

 単純にはレンズの下の方の近視の度を抜いているだけですが、実際はもっと複雑なレンズ構造のようで慣れるのにはかなりの時間がかかりそうです。

 このレンズは特殊なもので通常の近視用のレンズより、かなり高価となってしまいます。又、眼鏡屋さんに在庫もありませんでした。入荷まで1週間ほどかかるようです。

 ですから仕方なく緊急用に通常の近視用の眼鏡も作り、2つ分の出費となってしまいました。

PICT8172-1.jpg

 上が通常使用の近視用です。下が遠近両用レンズが入っている分です。

 ちなみに上が\16,450円、下が\29,400円です。しかし両方で値引きが\9,100円あり、両方で\36,750円でした。

img-521175114-0001.jpg

 実際、殆どは近視用の眼鏡をかけています。書類の小さい字を読む時だけ遠近両用を使用しています。

 本当は遠近両用をかけ続けて慣れれば良いのですが、本当に癖の強いレンズです。車の運転には不向きです。

 実際、近くは眼鏡を外せば見えるので、釣りに行って針を結ぶ時などは眼鏡を外してやっています。

 しかし、どちらにしても眼鏡は不自由なことです。特に雨降り時の濡れ、クモリ、釣りに行って波のシブキがかかった時が一番辛いですね。

 皆さん、目は大事にして下さいね。
 
 

 

スズキ君釣り

 2009年5月15日(金) 中潮 干潮15時47分 37.0㎝ 満潮22時57分 155.2㎝ 月出23時59分 月没10時41分 月輝面61.4% 月齢21.0

 昨晩は今年初めてのスズキ君釣りに行っていました。例年なら3月中旬頃より5月下旬頃まで数回攻めているのですが今年は仕事が忙しくて全く行けていませんでした。

 久し振りにルアータックルを探してみます。竿は埃を被っていました。リールはハンドルがスムーズに回りません。CRCの潤滑油をスプレーして何とか復活しました。ルアーはフックが少々錆びていますが何とかなりそうです。

 道糸もオニューの2号に巻き替え準備万端、20時過ぎに出発します。

 20分で本命波止に到着、しかし2名がルアーマンがいました。昨年まで、まず別の組がきて釣っていることは無かったのですが、隊長の知らぬ間に新手組がこの辺を荒らし回っているようです。

 仕方無く、狭いグネグネの山道を通り別の波止に移動。ここは誰も居ません。波止手前から波止際の影を攻めてみます。

 早速、コツコツと当ってくるのですが、フッキングしません。魚が小さいようです。たまに捕食音がするものの、型も小さく、数も少ないようです。

 ここでは3回当ってきましたが一度もフッキングさせることが出来ませんでした。

 別の波止に移動します。ここにも人が居ます。又移動します。しかしここにも人が居て釣れる所がありません。

 一番最初に寄った波止に帰ってみます、先客は帰っていました。波止手前より攻めてみます。波止影には70㎝級のスズキ君の姿が確認出来ます。

 アチコチで捕食音がしていて少し前をユラユラと泳ぐ姿も確認出来ます。魚の進行方向の前にキャストしても反応がありません。先客が大分いじめているようでした。

 少し暗い所を攻めてみますと、するとガツンと当ってきました。確実にフッキッングさせる為に2度ほど大きく合わせをいれます。
 
 魚は元気良く走っていって気持ち良くドラグが滑っていきました。70㎝級の感じです、少しドラグを締め足し反撃に移りました。

 しかし道糸がロープに触っている感触が伝わってきます。昨年まではロープが入っていなかった所に最近は入っているようです。

 ヤバイ感じで寄ってきますが最後、ロープを越す時にフックが掛かってしまいました。暫く魚はもがいていましたが外れて帰っていきいました。ルアーだけが掛かっています、本当に辛い状態です。

 切るつもりで思い切り引っ張るとフックが伸びて上がってきました。しかしあんな場所にロープが入っているなんて・・・

 気を取り直しルアーチェンジをして同じ付近を攻めてみます。すると直ぐに当ってきました。今度はかなり強引に寄せてみます。スズキ特有のエラ洗いのジャンプをしません。これはチヌやっちゃったかな???

 予想通りのチヌ君でした。43㎝ありました。
IMGP7185-1.jpg

 真面目にチヌ釣りして釣った事が無いのにルアーで釣れるなんて複雑な気持ちでした。

 この後、暫く攻めてみるも魚の反応は薄く、余りイジメ過ぎてもいけないので撤収しました。

 少し悔しいので今晩リベンジしてみます。





日振島18番

 
 2009年5月10日(日) 大潮 満潮06時57分 193.1㎝ 干潮13時35分 1.2㎝ 晴れ 殆ど無風 波0.5m

 やっと仕事も暇になったことだし、2週続けての釣行となりました。今回は少ない可能性ですが大判魔鯛が狙える日振島によねちゃんと2人で行ってきました。

 定刻より少し早い05時10分に5名を乗せ出船します。全体的に釣り客は少ないものの6船の抽選となり、第1希望である3番は見事に外れてしまいました。

 クジで当っているハエで良さそうな所を見てみます。2番、尾島のハナレ、7番、18番でしょうか。2番にカゴ客を1人降し、次に7番にフカセ客の2人を降しました。

 よねちゃんは、見回りまで尾島のハナレでそれから後は得意の貝取り作戦のようです。

 尾島のハナレの後に本島北側を廻り18番に到着します。ここは初めての上礁なのでワクワクしました。近くには誰も上がっていません、本当に寂しい状態です。

 日振島18番はこんなハエです。2009年2月8日、18番のシモリより撮影。
日振18番

 05時50分、実釣開始。満ち潮が緩やかに19番方向に流れていました。
01_IMGP7123-1.jpg

 19番方向。
02_IMGP7125-1.jpg

 18番のシモリ方向。
03_IMGP7124-1.jpg

 18番の岡方向。
04_IMGP7128-1.jpg
 
 18番の岡の岡方向。
05_IMGP7126-1.jpg

 17番方向。
06_IMGP7127-1.jpg

 18番のシモリとの水道側、沖側と攻めてみますが、情報通りにかなり浅い水深です。手前に撒き餌をしてみると小さなキツウオ、ハコフグが沢山いました、グレは見えません。

 刺し餌はかなり早い時間で取られているようです。アチコチと投げ分けてみますがガシラ、ガシラ、ベラ、ガシラ・・・  これは、かなり厳しいです。

 結局、満ち潮ではまともな魚を喰わせることが出来ずに7時過ぎには引き潮の流れと変わりました。

 引き潮の最初の内は速く17番方向に流れました。
07_IMGP7129-1.jpg

 全く訳が分らないので浅いタナにしてドンドン流してみました。するとかなり沖でウキ入れです。今度もガシラ君かな???

 本当にかわいい小鯛君でした。
08_IMGP7130-1.jpg

 今度は速い流芯に近場から仕掛けを入れてみます。
09_IMGP7131-1.jpg

 少し流れた所で綺麗にウキ入れです。今度は少し抵抗しています。しかし近く寄ってきても底でキラッと光りません。何でしょうか???

 予想もしていなかったイサギ君です。それもまあまあのサイズなので大事に玉助しました。
10_IMGP7132-1.jpg

 体高のある腹ボテ君は41㎝ありました。こいつはタマゴがぎっしりと詰まっていました。
11_IMGP7133-1.jpg

 直ぐに同じ所を攻めますが、直ぐに餌取りが湧いてしまい2枚目は釣れません、本当にへたくそです。

 西側の引き潮の本流が速くなると流れは満ち潮方向みたいに19番方向(西)に変わりました。ここで何とか45㎝ぐらいの魔鯛が喰ってきました。
12_IMGP7134-1.jpg

 見回り船で18番のシモリに上がりました。
13_IMGP7135-1.jpg

 これだけ引けば安全です。この方はまじめにフカセをしていました。しかし魚は・・・
14_IMGP7135-2.jpg

 餌取りが多い中、ポチポチとは喰ってきます。しかしサイズが・・・ この魔鯛の口には大きな鯛虫(タイノエ)が寄生していました。
15_IMGP7138-1.jpg

 いつ見ても気色悪いやつです。大きいのがメスで小さいのがオスです。腹が破れてタマゴが出てきました。
16_IMGP7139-1.jpg

 この後も真面目に釣ったのですが小鯛と60㎝ぐらいの寒鯛だけでした。
17_IMGP7140-1.jpg

 本当に熱い一日で、11時頃からは極限に達していました。おかげで今日はバテバテです。

 港に帰ると、よねちゃんからハブ太郎へのプレゼントを預かりました。かなり日焼けをしている70㎝ぐらいの魔鯛でした。
 18_IMGP7146-1.jpg

 隊長の釣果です。初めてとは言え名礁18番に上がりなから、45㎝ぐらいを頭に7枚とイサギ1枚だけの貧果で完全に撃沈してしまいました。敗因はデータ不足です。
19_IMGP7147-1.jpg

 魚は帰りにアチコチに配り廻って、取って帰ったのはイサギ1枚だけでした。


 今回、同行して頂いたよねちゃんには色々と大変お世話になりました。次回は夜釣りのイサギの頃でしょうか、又宜しくお願いしますね。

 
 今日、嫌々仕事しているとよねちゃんから嫌がらせのメールがきました。今日、18番で釣れた80up魔鯛の写真でした。
20_2009_0511-18ban.jpg

 本当に辛い1日となってしまいました。
 

コモブチ 契バエ

 2009年5月3日(日) 小潮 満潮02時24分 167.6㎝ 干潮08時41分 108.1㎝ 満潮13時51分 141.8㎝ 曇り後晴れ 東→南東の風弱く 波0.5m

 今回は大判魔鯛狙いでTURUさんファミリーとコモブチの契バエに行ってきました。

 まだ暗い4時前に10名ほど乗せて出船しました。まず最初に大ウルシの1番に花ちゃん、沖ちゃんコンビが上がりました。ここも最近大判魔鯛が釣れている所で大変期待出来ます。

 次に中ウルシに2名を降し、契バエに向かいました。前回TURUさんが来た時には正面方向に網が入っていたようで今回も網が入っていないか心配でした。

 正面方向のハエ際には入っていないようです。しかし西裏の水道側には網が入っていましたが、引き潮では邪魔にならない感じです。

 まず最初にフカセで大判魔鯛を狙ってみました。東裏の水道を引き潮が東方向に流れていました。
01_チギリ 001-1

 流芯は割りと速く流れています。良い感じでしたが攻めきれずにガシラを1枚釣っただけでした。
02_IMGP7111-1.jpg

 南側ではTURUさん、パパさん、ママさんの3人がカゴで攻めています。潮が沖に跳ね出て今にも喰いそうな良い感じの流れになっています。
03_IMGP7112-1.jpg

 ママさんも頑張っています。
04_IMGP7113-1.jpg
 
 パパさん、ママさんです。
05_チギリ 003-1

 前の様子が気になり偵察に行っていたところ、TURUさんの左沖を流れていたママさんのウキがズッポリと綺麗に入りました。これは良型の竿の曲がりです、ママさん頑張ります。
 06_チギリ 005-1

 急いで動画モードに切り替え撮影を開始します。


 見事な連携プレイ???でした。ママさんが喰わして最後はパパさんが竿を取り上げ釣り上げてしまいました。77㎝の綺麗な雌の魔鯛でした。ママさんも自己新記録ながら嬉しいやら悲しいやら微妙な気分だったと思います。
07_IMGP7116-1.jpg

 これを見せられたらカゴを投げるしかありません、フカセを諦めカゴを投げてみます。
09_チギリ 008-1

 TURUさんにも40㎝級の魔鯛がヒットしました。


 42㎝の綺麗な魔鯛でした。
08_チギリ 007-1

 パパさんはコウロウまで釣り上げました。40㎝強ありました。
10_チギリ 009-1

 又々、TURUさんが追加しました。43㎝、少し尻尾の短い奴です。
11_チギリ 010-1

 8時半を過ぎると引き潮は止まり直ぐに西向きの満ち潮が流れ始めました。ウキ下を少し深くして西側を攻めてみます。

 ウキ入れは有るものの小鯛ばかりです。8時47分、やっとマトモなサイズが喰ってきました。37㎝でした。
12_チギリ 011-1

 右側を流していたパパさんにヒットです。強引に巻き倒します。
13_チギリ 012-1

 良型ですが少し顔が変です。おまけに針が鼻の穴に掛かっていました。


 忍者ハットリ君みたいな顔をしていました。
14-1チギリ 013-1

 本当に今回は色々と変わったものが見えて楽しめました。

 この後、満ち潮の流れは緩くなり殆ど刺し餌が落ちない状況となってしまいました。ただ右側だけは少し餌取りが居るようです。そこをしつこく攻め続けてみます。

 やっと事でウキ入れです。道糸も元気良く出ていきました。今日一番で60㎝は有りそうな魚です。慎重に寄せてきます。しかし途中でテンションが無くなってしまいました。切れた感じでは無いです、針外れかな??? 仕掛けを回収して確かめてみると針は付いています。痛恨の針外れでした。

 針、ハリスを取替えて気分を一新してもう一度攻め直します。13時13分、やっともう一枚を喰わす事が出来ました。魚は大きくないのですがバテバテでヘロヘロな取り込みとなってしまいました。
15_チギリ 014-1

 45㎝ぐらいだったと思います。
16_チギリ 015-1

 この後も真面目に攻め続けましたが、残念ながら喰わす事が出来ないまま14時前に納竿としました。

 契バエ、西側。向こうに見えるのは御五神です。
17_チギリ 017-1

 南側。
18_チギリ 018-1

 沖から見た契バエ。
19_チギリ 019-1

 大ウルシ1番。アジの25㎝ぐらいのが湧いていたようです。
20_チギリ 021-1

 TURUさんファミリーの釣果です。77㎝魔鯛は魚拓を撮るように持っていったようで写っていません。
21_チギリ 022-1

 本当に恐るべしTURUさんファミリーとの釣行でした。
 

三崎・某波止

 かなり以前の釣行ですが、忙しくて書けてなかったので書いてみました。自分の釣行データー整理用です。
 

 2009年2月21日(土)~22日(日) 中潮 干潮00時20分 61.7㎝ 満潮07時21分 226.2㎝ 干潮13時12分 120.8㎝ 月出05時03分 月輝面8.2% 月齢26.8 曇り後雨 南の風弱く 波0.5m

 仕事がヤケクソ忙しい時期ですが余り仕事ばかりしていると発狂しそうなので急遽、2/21(土)の晩より三崎の某波止に単独で行っていました。

 出発時、皆さんに出撃予告のメールをするとNORIさんが偵察がてら場所取りに走ってくれる事となり感謝感謝です。NORIさんが某波止に到着、誰も居ないと連絡してくれます。少し遅れて22時半頃に到着しました。
多くの重たい荷物を持って頂きNORIさんには大変助けて頂きました。

 NORIさんに以前の釣行時の様子等を聞きながら釣り始めます。潮は引き潮が右方向にほど良く流れていました。こちら側は水深が浅い為にかなり棚を上げて流してみましたが、シモリに付いている藻に度々捕まってしまいペースが狂ってしまいます。この潮では手の平サイズの小鯛を1枚釣っただけでした。

 NORIさんは次の日が仕事なのに24時まで居てくれて、色々とお話しする事が出来て大変良かったです。

 右方向の流れは干潮を2時間ほど過ぎた2時半頃まで流れ続けました。この間にはサメの子を1枚釣っただけでした。それからの満ち潮は速い左方向の流れになってしまい刺し餌も落ちない状態に。3時半より6時まで波止上で仮眠しましたが大変寒かったです。

 6時より再開、速い左方向の流れが続いています。気合いを入れ朝まずめを狙いますが、薄明るくなった頃より刺し餌が落ち始め、直ぐに餌取りの猛攻にあってしまいました。

 満潮から30分ほど過ぎた8時頃には流れが止まってしまいました。8時過ぎ、潮止まりの状況の中、正面前で何とかヤズを釣る事が出来ました。しかし回遊数が少ないのか、へたくそなのか単発で終わってしまいました。

IMGP7070-1.jpg

 9時頃より引き潮の左方向のほど良い流れとなりました。刺し餌は毎回取られますが根気強く打ち返しを続けます。

 9時40分、左波止を釣り人の様子を見ていると竿をひったくられ、ビックリしてウキを探しますがありません。暫く道糸の走りを確認して合わせを入れ魚の様子を見てみます。

 ドラグは滑らずに竿は素直に起きてきます。6号ハリスなので全然問題の無いサイズでした。鯛の首を振る独特の引きが穂先に伝わってきます。すぐに70㎝弱ぐらいの引きの感じかなと分かるサイズでした。

 上である程度寄せてきて、余裕を持ちヨタヨタしながら玉を持ちながら降りていき、下で浮かせて無事玉助完了しました。検寸してみると65㎝の少し痩せてはいますが尻尾の綺麗な魔鯛でした。

090222_0947~0001

 この後、30分ほどで左方向の流れも終わってしまい、2枚目を喰わす事が出来ずに残念でした。

 その後は又、右方向に緩やかに流れてしまいます。手前だけが流れて沖は殆ど流れずに手前の道糸が大きく取られてしまう嫌な潮でした。結局、この潮では攻略出来ずに12時前に納竿としました。

 左波止では3人が釣っていましたがウマズラハギ1枚だけの釣果でした。
プロフィール

へたくそ隊長

Author:へたくそ隊長
酒好き、男好き?の「へたくそ」釣り師です。
海釣り何ならなんでも有り、カゴ釣りをメインとしています。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。