HOME   »  2009年07月
Archive | 2009年07月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日振島・19番(夜釣り)

 2009年7月25日(土)~26日(日) 中潮 干潮15時12分 20.4㎝ 満潮21時43分 203.8㎝ 干潮03時42分 65.1㎝ 満潮09時30分 188.6㎝ 月出08時40分 月没21時14分 月輝面13.0% 月齢3.0 曇り→晴れ→曇り 南東~北東の風強く 波0.5→1.0→0.5m

 今回はまたまた日振島へ夜釣りに行ってきました。

 土曜日の午前中には愛媛県には大雨警報が出ていて凄い雨が降っているようでした。しかし予報では午後からは余り降らないようです。

 TURUさんから「この雨で本当に出船するんですか???」と問い合わせの電話があり少し不安になってきました。

 「船頭さんから中止やと電話がかかってこないから大丈夫でしょう」と行き気マンマンでした。しかし雨に降られての夜釣りとは・・・ 少しテンションが下がってしまいます。

 出発時には雨は止んでいました。宇和島も雨は降っていません。暫くは降りそうもない感じでした。

 渡船が帰ってきています。今日は出ていなかったのか、大荒れになっていないかと不安になってしまいます。

 船頭さんが来て、出船するとの事。雨を嫌ってのキャンセルも無く、9人を乗せ15時前に出船しました。

 沖に出るとやはり南風が強いです。南磯は絶望的、安全第一で北磯に着けていきました。

 みんな降りて手しまって最後になってしまいました。「今日も19番ですか???」 「19番は大丈夫よ」 TURUさん、玉ちゃんとの3人で19番に降りました。今日は寂しい思いをせずに済みそうです。

 南東の風は少し吹いていますが問題ない程度です。少し雨が降っていたのですが、直ぐに止んだのでカッパを脱いでの釣りとなりました。

 16時過ぎ、実釣開始。満ち潮に変わっていますが、潮は引き方向に速く流れていました。低場の方は引かれて潮が正面方向に流れています。
01_IMGP7284-1.jpg

 高場は右沖流れ、低場前で合流して正面に流れています。
02_IMGP7286-1.jpg

 やはり少しは波気があります。
03_IMGP7287-1.jpg

  今回も餌取りが多く最初から猛攻にあってしまいます。3投目、仕掛けを回収しているとカゴを追ってくるものが見えてきました。憎っくきサメです。全長1.5mぐらい、かなりハエ際まで寄ってきていました。怖い事仕掛けにアタックされてしまうところでした。

 暫くは餌が残る状態となってしまいました。まだサメが沖で徘徊しているようです。しかし暫くすると餌は落ち始め、サメの気配はなくなりホッとしました。

 潮の流れは良いものの、綺麗なウキ入れは無いまま、日没前の夕マズメを向かえました。潮は少し左沖に流れを変えていました。

 19時23分、初ウキ入れ、手ごたえからイサギのようです。1枚目なので慎重にいきたいのですがサメが気になり少し強引に巻き取りました。

 38㎝のイサギです。
05_IMGP7291-1.jpg

img_935891_30265708_4.jpg

 次の1投でもウキ入れが。これは魔鯛のようです。幸せ良くサメは出てきませんでした。(48㎝)
06_IMGP7292-1.jpg

 日没後は餌が残り始めました。直ぐにTURUさんにウキ入れがありイサギのようです。しかもダブルで喰っていました。強引に抜き上げたのですが1枚はハエに当って口切れ、1枚だけしか獲れませんでした。

 この時、この様子だとイサギはかなり拾えるかと甘い考えでいました。しかし現実は厳しいです。

 20時を過ぎると潮は完全に止まってしまい全く流れなくなりました。引き方向の流れが無くなった為にウネリが急に大きくなってきだしました。高場でも南東の風に吹かれ潮のシャワーを浴びてしまいます。低場はかなり駆け上がり始めました。

 ウキ下を調整したり、餌をボイル、生と変えたり、アチコチ投げ分けてみてもウキ入れが無い時間が過ぎてしまいます。

 正面のかなり近場に投げていた玉ちゃんにウキ入れが。少し小さいサイズですがイサギでした。手前の駆け上がりに魚が付いているようです。玉ちゃんは次の1投でもイサギを釣りました。

 しかし、その後が全然続きません。アチコチで単発的には喰ってくるものの、本当に交通事故のような釣りです。

 22時55分、少し右沖を流していたTURUさんにウキ入れが、これは良型の魔鯛のようです。60㎝ぐらいありました。
07_IMGP7293-1.jpg

 月明かりの無い時に沖でも魔鯛が喰ってくるのにはビックリしました。やはりここは魔鯛の魚影は濃いようです。

 23時を過ぎた頃より沖の引き潮が流れ始めたのか急に凪いできました。しかし潮は全然流れないままです。

 引き潮が全く流れないまま、4時頃の干潮を迎えてしまいました。この頃より少し潮が右流れに。

 TURUさんだけにウキ入れが集中してしまいます。手前は餌取りだらけで少し沖に投げた方が有利なようでした。

 5時半頃の夜明けの1発を期待しましたが当りは無く、イサギも全く当ってきませんでした。ここで雨も少し降ってきだしてカッパを着ることに。

 6時前、帰りの渡船が見えてきたので残念ながら納竿としました。

 本日の釣果。
08_IMGP7295-1.jpg

 TURUさんの釣果。
TURUさん釣果(2009_7_26)

 玉ちゃんもイサギを3枚ぐらい釣っていました。

 今回は残念ながらTURUさんに釣り負けてしまいました。やはり遠投力の違いが釣果の差だと思います。もう少し潮が流れていれば、数が釣れていたと思いました。


 他のハエではイサギ、グレと沢山釣れていました。しかしイサギの多いハエはサメも多いようでした。

 次回も懲りずに8月8日(土)に日振島へ夜釣りに行く予定としています。 
 
スポンサーサイト

日振島・19番

 
 2009年7月11日(土)~12日(日) 中潮 干潮15時40分 23.8㎝ 満潮22時17分 199.8㎝ 干潮04時17分 74.7㎝ 満潮09時59分 179.0㎝ 月出21時33分 月没09時21分 月輝面81.0% 月齢19.3 晴れ 無風→北東の風弱く 波0.5m

 2週間前に引き続き、日振島へ夜釣りに行ってきました。今回は別のハエを攻めようと思っていましたが船頭さんから大判魔鯛を釣ったら貰いたいとの注文が入ってしまい、大判魔鯛の確立の高い19番に上がりました。

 今回も南側の磯はウネリが残っているようで低いハエは上がれないようです。しかし19番はハエも高いし、日振本島が南、南東の波は遮ってくれので安心できます。

 今回はカゴ1本に絞り真面目にやってみました。16時前に上礁、潮は満ち潮が少し右沖方向に流れ始めていました。

 前回のデータがあるので今回は最初からポイントを決めて攻めていきます。まずは正面の潮を攻めてみました。水温が上がったせいか最初から餌が落ちます。少しずつずらして投入して刺し餌の状況を見てみます。

 ハエ際にも撒き餌をして餌取りの状況を見てみます。箱フグが10匹ほどと豆アジが少し居ます。グレは全然見えませんでした。

 16時17分、沖にある筈のウキを探しますが有りません。少しすると道糸が張ってきてスルスルと走りだします。この感じ、大変良い感じです。40㎝弱の小鯛でした。
01_IMGP7275-1.jpg

 前回は右流れの潮では何も釣れませんでしたので、今回は最高の滑り出しです。

 しかし、この後が続きません、餌取りが多くなり直ぐに餌を取られる状態となってしまいました。潮は一定せず右流れですが沖に手前にとフラフラと流れを変えます。

 潮の流れはこんな感じでまだ緩いです。
03_IMGP7276-1.jpg

 左側の19番のシモリ方向から少し右沖に出ている潮がありました。そこを仕掛けを投げてみます。すると直ぐに綺麗にウキ入れが。(17時29分)

 まずまずの魚の感じです、しかしハリスが4号なので余り無理は出来ません。竿はゆっくりと起きてきます。コクンコクンと首を振っています。無理せず巻き巻き、途中シモリに捕まる事無く、無事に取り込めました。
04_IMGP7277-14.jpg

 59㎝の魔鯛。大判魔鯛では無いのですが、これで何とか船頭さんからの注文が捌けてホッとしました。
05_IMGP7278-1.jpg

 同じ場所を攻めてみますが直ぐに餌取りが湧いてしまいます。潮もフラフラで安定しません。本当にここの潮は難しいです。

 アチコチと広範囲を攻めてみます。正面右沖で19番の低場方向から合流して左沖に流れる潮になってきました。集中的にその辺を攻めてみます。

 17時56分、やっとの事でウキ入れ、今度も小鯛かと思ったのですが寄ってきたのはイサギでした。慎重に玉助します。

 41㎝。明るい内に釣れてホッとしました。
06_IMGP7279-1.jpg
 
 2枚目と頑張るも、餌取りに邪魔されてしまいます。

 ウキ入れも無く日没を向かえ、夜釣りに突入。ハリス7号、魔鯛針11号の太仕掛けに交換して気合いを入れ直します。ケミは潮に乗って気持ち良く流れていきます、本当に今にも喰ってきそうな雰囲気ですが現実はそんなに甘いものじゃありません。

 潮は突然左側に流れ始めます。これが19番の本命潮だと思うのですが、へたくそ者には喰わす事が出来ずにただただ時間が過ぎていくだけでした。

 餌取りは前回とは違いボツボツと居る感じでした。東の空が明るくなってきて22時半頃には月が出てきました。これでイサギの喰い気が上がるかと思ったのですが豆アジが急に元気になって餌が長い間持たなくなってしまいました。

 満潮を過ぎても潮は左沖に流れ続けます。益々速くなって150mの道糸が全部出ていくようになりました。完全に19番のシモリ前を通り越しています。

 もう直ぐ150mの道糸が出てしまう前にウキが入ったような感じが。最初は魚が居るような感じなのですが途中で外れてしまいます。

 3度目にやっと魚が付いてきました。予想通りのイサギです。前の2回はやはり途中で外れてしまったようです。

37㎝、(00時03分) 最近は0時を過ぎると喰い出す傾向にあるようです。
07_IMGP7280-1.jpg

 この後、直ぐに潮が右流れに変わってしまい左の高場からは右の低場が邪魔になり釣り難くなったので右の低場に移動しました。ハエの右側には網が入っています。余り右奥に流れてしまうと引っ掛けてしまいそうです。

 潮は速さを増し右奥に流れていきます。かなり流した所でウキ入れです。かなりの重量感、しかし生態反応が感じられません。網を釣ってしまいました。これで仕掛けを全部ロストしてしまいテンションがダウンしてしまいます。

 この潮は前回の時は少しの時間しか流れませんでした。潮が右沖に流れを変えるまで食事を取り休憩します。仕掛けを作り直し、左の高場に戻ってみました。すると潮は右沖に流れています。何とかここから釣れそうです。

 餌はボツボツと取られる状況です。潮は右流れのまま、本当にこの潮でも喰ってきそうなのですが・・・

 3時半を過ぎると曇ってきて月が隠れてしまいました。おまけに北東の風が背中ごしに吹きだしてしまいました。潮の流れは弱まり道糸が引っ張っられてしまい釣り難り状態に。

 4時半を過ぎると東の空が明るくなってきて少しずつ夜明けを向かえます。朝マズメの一発に備えて集中力をキープします。

 ウキがズボッと入りました。待望通りのウキ入れです。大判かと気合いを入れて巻いてみると予想に反してかなり軽いです。小鯛かな??? イサギかな???

 上がってきたのは良型のイサギでした。44㎝。(04時33分)
08_IMGP7282-1.jpg

 次の一投でも当ってきます。40㎝ぐらいのイサギでした。しかしこの後が続きません。もう少し潮が流れていたら数枚釣れていたと思います。

 05時20分には渡船が見え始め、19番に着けだしたので納竿としました。

 本日の釣果。魔鯛2枚 59 40㎝弱。イサギ4枚 44~37㎝。
IMGP7283-2.jpg

 イサギの型には満足でしたが数をもう少し釣りたかったです。魔鯛も出来れば90㎝級と気合いが入っていたのですが喰わす事が出来ずに残念でした。


 港に帰ってくると、てんしょうさんがわざわざ松山から検問に来ていました。イザギと小鯛を貰ってもらいます。グレはよねちゃんから貰っていました。
11_もらい-1

 てんしょうさん、釣りに行くより検問して貰う方が成果が良いですね。癖にならなければ良いのですが・・・

 運悪く、某有名釣り雑誌の記者が取材に来ていました。隠していたのですが魔鯛とイサギが見つかってしまって写真撮影されて・・・ 
10_取材-1

 今日、携帯を見たら出てしまっていました。(泣)


 次回は25日(土)の夜釣りで又、日振島に行きたいと思っています。この日に久し振りに定例会が開催出来たらとも考えています。


 会員の皆さん、25日の晩に日振島に夜釣りに行きましょう。沢山の方の参戦をお待ちしています。

 現在参戦確定者
  ①よねちゃん
  ②TURUさん
  ③玉ちゃん
  ④隊長

2009.7.12釣果速報

 日振19番に上がっていました。

 魔鯛2枚 59 40㎝弱
 イサギ4枚 44~37㎝

IMGP7283-2.jpg

今晩は


 日振島に夜釣りに行ってきます。ボチボチとイサギが喰いだしたので狙ってきます。
プロフィール

へたくそ隊長

Author:へたくそ隊長
酒好き、男好き?の「へたくそ」釣り師です。
海釣り何ならなんでも有り、カゴ釣りをメインとしています。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。