HOME   »  2009年10月
Archive | 2009年10月

旧津島町・某波止


 2009年10月25日(日) 小潮

 今回は予定していた三崎宇和海側の沖磯釣行が悪天候の為に渡船が欠航となりました。三崎の波止では魚が釣れているものの、競争率が激しく、それでは仕方無いのでカゴ釣り練習場の波止に行ってきました。

 先週に引き続いての同じ波止です。先週とは大違い、北東の風は弱く大変釣り易い状況です。しかし小潮のせいか潮は殆ど動かない状態でした。

 魚が釣れていないせいか、カゴ釣り客はとても少ないです。右に1名、左に1名、後はゼンゴのサビキ釣りとエギンガーが少々と寂しい状態でした。

 刺し餌は毎回落ちるものの、潮が動かないので手の打ちようがないです。朝は右沖に流れていた潮が左向きに変わりました。

 すると直ぐにポコポコとしたウキ入れたで、小鯛が釣れてきました。
IMGP7591-1.jpg

 この後、もう1枚小鯛を追加。

 10時59分、やっと道糸が走るウキ入れがありました。40㎝弱の綺麗な魔鯛でした。
IMGP7592-1.jpg

 それからは小鯛を5枚追加しただけで、良いウキ入れが無いまま、14時前に10㎏の撒き餌を完投したので納竿としました。
 IMGP7594-1.jpg

 魚の喰いは大変渋く、右隣はノーヒット、左隣は小鯛を1枚、尻尾曲がりハマチを1枚でした。

 
 
 11月1日(日)には三崎宇和海側の沖磯に行く予定としています。今度は元気良く入るウキ入れを見てみたいものです。

 


 
スポンサーサイト

須崎市安和海岸

 2009年10月24日(土) 須崎市安和海岸の14時30分頃の状況です。

 波は2.0m弱でウノハエは上礁していました。


 松バエ東ではエギンガー2人が頑張っていました。


 青木崎から水谷西。


 黒ハエ周辺、さすがに1番、2番は被っていました。


 明日の三崎宇和海側行きの渡船は悪天候が予想される為に欠航となってしまいました。

 仕方が無いので、明日も波止巡りをしようかな。

波止巡り

 2009年10月17日(土)~18日(日) 大潮 満潮 6時58分 203.1㎝ 干潮 12時56分 晴れ 北西風強く→弱く 波0.5m

 今回もあちこちの波止に偵察がてら釣りに行っていました。

 まずは以前より気になっていた太平洋側の波止に行ってみました。定時に仕事を終え餌を買出しして19時に出発、22時前に到着しました。

 さすがに誰一人釣っていなく貸切状態でした。心配していた雨も止み北西の風が吹きだしていました。

 ここは以前明るい内に一度偵察していて波止の形状は大体分っています。まずは水深を測る為に数回投入してみました。竿1本半ぐらいは大丈夫のようです。

 針をセットしてハリス分を上げ投入してみます。仕掛けは少しずつ右沖向きに流れていき良い感じです。刺し餌が残ってくるので少しずつタナを深くしてアチコチに投げてみました。

 3投目、ウキが立ちません、かなり浅い所があるようです。がっちりと掛かってしまい仕掛けを全部ロストしてしまいました。

 今度はかなり浅くして投げてみましたが、暫く流れて止まってしまいます。今度も根掛かり??? 網でも入っているのかな??? またまた仕掛けを全部ロストしてしまいました。

 道糸がかなり上の方から擦れていました。網が入っていてロープが道糸を触っているようでした。

 これはいけないと今度はかなり違う場所へ投げてみます。しかし、ウキも立たずに引っかかってしまいました。これで3仕掛けロストでさすがに心が折れてしまいました。

 カゴ釣りは断念して電気ウキをつけてフカセをやってみます。しかしかなり沖まで捨て石が入っていて途中で引っかかってしまいました。これでは釣りになりません。やもなく場所移動を決心します。

 しかし、宇和海方面は北西風が強く吹いているみたいだし、三崎も同様で遠いです。悩んだ挙句、旧津島町の波止に風覚悟で行ってみました。



 ここは夜釣りでの実績は余り無いようなので日の出より釣ってみました。

 やはり北西風が右斜め前から強く吹きつけてきて釣り難い状況です。潮もただ吹かれて表層が左に滑っているだけでした。

 かなり底を釣るイメージで深くタナを入れて粘ってみます。7時前に初ウキ入れ、予想通りの小鯛君でした。
01_IMGP7575-1.jpg
 
  後ろの方では大型船が入港していてイケスより養殖の魚を引き取っていました。
02_IMGP7577-1.jpg

 この後、引き潮になっても北西風の影響で明確に潮は流れてくれません。しかしこの状況の中、退屈しない程度に小鯛君はポツポツとは当ってくれました。

 正面には寝床島、御五神本島。
03_IMGP7578-1.jpg

 右沖には日振島。
04_IMGP7579-1.jpg

 左沖には竹ヶ島。
05_IMGP7580-1.jpg

 月刊○○画○の取材の方が来ていて右隣の方を取材していきました。
06_IMGP7581-1.jpg

 常連さんの話では最近、大物は上がっておらずに30㎝弱の小鯛ばかりのようです。 

 結局、13時前まで粘るも良型の魚は釣れず北西風に吹かれただけでした。

 本日の釣果、小鯛11枚、40㎝?脱走魔鯛1枚。
07_IMGP7584-1.jpg


 次回は25日(日)に三崎宇和海側の沖磯に、わがままTさん、ハブ太郎、それとここのブログにも良く来て下さるカゴ釣り師さんと4人で行く予定としています。 

 次回は良い魚が釣りたいです。

三崎・波止巡り

 
 2009年10月9日(金)~10日(土) 中潮→小潮 干潮17時30分 117.8㎝ 満潮 23時00分 216.8㎝ 干潮 4時53分 21.5㎝ 満潮 12時43分 月出 21時09分 月没 11時13分 月輝面 74.4% 月齢 20.3 北の風強く→北西の風弱く 曇り→晴れ

 今回は三崎の波止で大アジが釣れだしたとの情報が入ってきたので波止巡りに行ってきました。予定としては夜の内に大アジを釣って、夜明けより別の波止に移動してハマチを狙いたかったです。


 会社の先輩が昼より仕事をサボッて先行して出発しました。15時半には三崎に到着、本命波止の釣り座を確保出来ました。

 定時に仕事を終え、餌を調達してから18時前に出発、21時前に現地に到着しました。

 先輩は明るい内に40魔鯛と日没後に大アジ2枚と中アジ数枚を釣っていました。これで俄然やる気が増してきます。 

 風速はかなり弱まってきているものの風向きが良くありません。北風が左側よりまともに当ってきます。道糸が大きく吹けてしまいウキまで引っ張ってしまいます。又、潮も明確に流れていない状態でした。

 餌はボチボチと取られる状況ですが、ゼンゴが触っているのか本命の大アジではないようです。22時を過ぎた頃にるきさんがやってきました。

 3人で真面目に攻めますが、大アジの回遊は中々有りません、ただ寂しい時間だけが過ぎていくだけでした。

 0時を過ぎた頃にやっと魚が回遊してきたようです。まず最初に隊長に当ってきました。一度立った筈のウキが寝ています、何かが喰い上げているようでした。

 合わせを入れると生態反応が有ります。まずまずの引きですが、えらい上を走ってきます。どうも良型のサバのようです。良く引くはずです、尻尾に針が掛かっていました。
IMGP7566-1.jpg

 これを皮切りに大アジ、中アジが入れポン状態となりますが喰い込みが渋く、中々針掛かりさせる事が出来ません。やっと掛けても途中で外れてしまいます。

 るきさんは効率良く中アジを針掛かりさせていました。かなり小針を使っているようです。

 この後、何とか大サバをもう1本追加する事が出来ました。しかし時合いは30分弱と短く、時合いを過ぎると全く当りが無くなってしまいました。

 3時頃にやっと回遊してきました。今度は中アジが多いです。しかし、これも直ぐに終わってしまい、中々大アジを釣ることが出来ません。

 誰一人休む事なく竿を振り続けますが、再度の回遊は無く夜明けを迎えてしまいました。


 この後、最近ハマチが好調な某波止に偵察に行ってみましたが、総勢20人ぐらいが釣っていました。さすがにこの間に割り込む勇気は無く、別の波止に行ってみます。

 この波止にもルアーマンが5人いました。直ぐに諦めて帰る事を予想して降りて行きました。しかし頑張ってルアーを振り続けています。結局1時間ほど後ろから見学されられる事となってしまいました。

 やっと場所が空いたのでカゴを振ってみました。潮はかなり速く流れていて良い感じです。しかし餌取りが凄くて直ぐに餌を取られてしまいました。へたくそ者には本当に打つ手無しです。

 結局、3時間ほど釣った所で撒き餌も無くなり、無念の納竿としました。

 本日の釣果。
IMGP7567-1.jpg

 大サバ2本、中アジ3枚、小鯛1枚。
IMGP7568-1.jpg

 ゼンゴサイズ17枚。
IMGP7569-1.jpg

 るきさんの釣果。38㎝を頭に15枚。小サバ2本。
0004482M.jpg

 大サバは刺身にして食べてみました。脂が乗っていてアジより美味しかったです。
IMGP7570-1.jpg
 

 今回は1年振りのるきさんとの釣行でした。るきさんはこの1年で中々と腕を上げていました。この後の活躍が期待出来そうでした。

 るきさん、今回は本当に何もアドバイスする事は無かったです。アジのヒット率は大変良かったですね。あの場合はあの仕掛けのものでしょうね。

 もう少し手返しを速くすれば数多く釣れると思います。又、ご一緒しましょう。


 次回は18日(日)の予定です。もう一度リベンジするか、沖磯に渡るか思案しています。

三崎宇和海側・地の大バエ

 
 2009年10月4日(日) 大潮 満潮07時46分 230.2㎝ 干潮13時50分 48.9㎝ 晴れ 北西の風弱く 波0.5m

 今回は7月25日(土)に日振島へ夜釣りに行ってから後、色々ありまして10週振りの釣行となりました。

 5時出船予定ですが、気もはやり4時前に三崎港に着いていました。北風も余り強くなく、波も無いような感じでした。

 4時前に出船、15分ほどで地の大バエに到着。ここは2005年の10月に73・71㎝の魔鯛を釣っている相性の良いハエです。その時は夜明け前にイサギも釣れているので到着早々よりケミホタルを点けて頑張ってみました。

 まだ満ち潮ですが、本来とは逆方向の東方向(三崎港)に流れていました。潮の流れも良く1投目から釣れそうな感じの潮でワクワクします。でも現実はそんなに甘いものではありません。

 最初は17ヒロから流してみます。素直に東方向に流れていきます。刺し餌は時々ゼンゴが触っている感じでした。しかし簡単にはイサギは当ってきません。

 6時を過ぎると朝日が登ってきて、とても綺麗でした。
01_IMGP7530-1.jpg

 本当は右側の先端から釣りたいのですが、割りと潮が上がってきています。右前のシモリに潮が当り、潮が跳ね出ていくようになりました。
02_IMGP7531-1.jpg

 ハエ正面は引かれ潮になり右に流れ、跳ね出る潮に乗るようになってきました。こうなるとハエ裏に漂っていた藻が一斉に流れ出ていくようになりました。投げる度にウキ、道糸に掛かってしまい大苦戦の連続です。
03_IMGP7532-1.jpg

 TURUさんも度々大きな藻と格闘していました。
04_IMGP7533-1.jpg

 こうなれば足元が濡れるのを覚悟して右方向から釣るのが得策です。しかし波が来る度にヒビッて逃げ帰ってきてしまいます。

 ウキ下を25ヒロまで下げた所でやっとウキ入れがありました。
2009104大バエ 004

 本当に小さな小鯛君、余りに可哀そうなので海に帰ってもらいました。
2009104大バエ 005

 満潮の08時を過ぎても同じように流れてしまいハエ中は掛けた藻で一杯となってしまいました。

 09時02分、沖へ大遠投していたTURUさんにヒットです。直ぐに仕掛けを回収して動画撮影をしなければなりません。しかし今回も大きな藻が掛かっていて撮影が遅くなりました。

 余りに沖だったのでハマチ、ヤズを予想していたのですが、予想外の魔鯛でした。
 

05_IMGP7535-1.jpg

 綺麗な魔鯛でした。
2009104大バエ 006

 60㎝近くあります。
2009104大バエ 007

 直ぐに次の魚を狙いますが暫くして潮が緩んでしまい10時半頃からは殆ど流れなくなってしまいました。これでは中々勝負になりません。TURUさんはエギングでモイカ釣りの旅に出てしまいました。

 風も無く暑くなってきました。暫く昼食を取り休憩します。

 11時16分、再開、潮は緩く右に流れていました。正面より少し流れた所で綺麗にウキ入れです。完全に出会い頭の交通何事故のような感じでした。ハリスは6号を張っているし、ハエ際も深いので無理をせずにゆっくりと取り込みます。
2009104大バエ 009

 TURUさんは大バエの真後ろぐらいにいたようですが山を乗り越えて帰ってきてくれました。かなり急いで帰ってきたようで息が上がっていました。
2009104大バエ 010

 無事、玉助完了。パッと見は80㎝くらいに見えました。復帰戦の釣果としては上出来です。
06_IMGP7537-1.jpg
 
 74㎝でした。
07_IMGP7538-1.jpg

 無理やり30Lのクーラーに押し込みました。
08_IMGP7539-1.jpg
 
 TURUさんは再度モイカ釣りに行ってしまいました。しかしエギを抱いたモイカごとダツに襲われてしまいエギをロスト、しぶしぶ帰ってきました。

 再度、カゴを振り始めます。12時04分、又TURUさんがかなり沖の方で喰わしました。これもまあまあサイズのようです。


09_IMGP7542-1.jpg

 55㎝ぐらいあます。
2009104大バエ 014

 左がTURUさんのがま磯真鯛530、右が隊長の剛弓マダイ3.5-5.3です。 
2009104大バエ 015

 この後、少し右流れが速くなっていきました。ここで36・31㎝ぐらいの小鯛を追加して納竿としました。

 船着き付近。
10_IMGP7543-1.jpg

 正面。
11_IMGP7544-1.jpg

 右先端の低場。ここからがどちらの潮も釣り易いです。しかし満潮の時は水没しています。
12_IMGP7545-1.jpg

 右横のシモリ、ここへはかなり引けば歩いていけますがかなり大回りが必要です。
13_IMGP7546-1.jpg

 ツブセ方向。
14_IMGP7547-1.jpg

 ツブセ。
15_IMGP7548-1.jpg

 赤バエ。
16_IMGP7549-1.jpg

 童子バエ方向。
17_IMGP7550-1.jpg

 中央の大きいのが童子バエ、右端の小さいのが桜バエです。
18_IMGP7550-2.jpg

 途中、きらら館でNORIさんが検問していました。仕事中にも関わらず、ご苦労様でした。今回も美味しいミカンを頂きました。代わりじゃないですが、大きい魔鯛はNORIさんに貰って頂きました。

 家へのお持ち帰りは小鯛2枚、これだけあれば充分です。
19_IMGP7564-1.jpg

 TURUさんの釣果です。
0004460M.jpg

 今回もTURUさんにしっかりと稽古をつけてもらいました。同行したTURUママさんは少し飛距離不足で残念な結果になってしまいました。

 ここはとても深いハエですが、やはり餌取りの少ない沖目が有利なようです。

 今回、大きな魔鯛が釣れたのは22ヒロでした。TURUさんは18~20ヒロで喰わしていました。しかしこんなに深くなるとカゴ釣りも難しくなってきます。

 暫くは三崎の沖磯、波止を攻める予定です。

 
プロフィール

へたくそ隊長

Author:へたくそ隊長
酒好き、男好き?の「へたくそ」釣り師です。
海釣り何ならなんでも有り、カゴ釣りをメインとしています。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索
RSSフィード
リンク