HOME   »  2010年06月
Archive | 2010年06月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日振島・大崎の地の東横

 
 2010年6月26日(土)~27日(日) 大潮 干潮12時51分 3.8㎝ 満潮19時51分 202.6㎝ 干潮1時28分 102.9㎝ 満潮6時42分 185.9㎝ 雨のち曇り 南の風強く? 波0.5m

 今回は7人組で日振島の夜釣りに行ってきました。

 前日の金曜日より大雨が降り、南風が強く吹いていました。特に須崎の方はひどく川はかなり増水していました。

 26日の朝に海の様子が気になり、太平洋側、須崎沖の状況を見てきました。波は2.5m強、川の濁りがかなり沖まで出ていてこの辺では釣りが出来る状態では無かったです。

 日振島は北側でも釣りが出来ます。しかしもし欠航だとエライ事はなってしまいます。渡船屋さんに確認の電話をすると「北側なら全然大丈夫」とのこと、安心しました。

 予約解凍の餌を買いに行ったのが11時頃、須崎ではかなり凄い雨が降っていました。本当に今晩は大丈夫だろかと真剣に思ったほどです。

 宇和島が近づくにつれ、小雨に。14時半、港に到着。渡船がありません、梅雨グレ狙いの昼釣りが出ていました。


 夜釣りの場合、殆どの方が顔見知りの方ばかりです。今回はこの悪天候の中、おかしい?連中が14人も集まっていました。

15時過ぎに出船、矢ヶ浜ぐらいまではボチボチの南からの波、矢ヶ浜から日振島まではかなり大きい波になり渡船の左側は潮を大きく被りドンブラ揺れながらの走行となりました。この状況ではみんな笑うしかありませんでした。

 でも日振島の影に入ると波は無く、風も山越しなので静かとなっていました。

 北側の安全な磯に順々に下りていきます。隊長は神さんと大崎の地の東横に上がりました。

 左側の大崎の地、TURUさん、玉ちゃん、Oさんの3人が上がっています。
01_IMGP8163-1.jpg
 磯は広いですが、足場が非常に高いです。
02_IMGP8166-1.jpg

 満ち潮が大崎の地の前より右方向に流れていました。
03_IMGP8167-1.jpg

 正面、潮は右に流れているものの、かなり遠いです。
04_IMGP8168-1.jpg
 右側、尾島方向。
05_IMGP8169-1.jpg

06_IMGP8164-1.jpg

07_IMGP8165-1.jpg

 明るい内はフカセもやってみたかったのですが、潮がハエ際を流れていないので断念、カゴでアチコチ投げて水深や潮の状況を見てみます。

 やはり予想通りとても浅い感じです。竿2本でも底を掻く場所が沢山あります。潮が沖に出てくれないと厳しそうです。

 沖の右流れに引かれて少し左沖に流れている所が有ります。そこを重点的に攻めてみます。餌取りは余り多くない状態でした。

 17時41分、気持ち良くウキ入れ。釣れてきたのはお腹がパンパンのイサギで38㎝ありました。
08_IMGP8170-1.jpg

 これから入れポンかと思うと餌取りが多くなってウキに反応がありません。たまにウキをポコポコさせるのは本当に小さい小鯛と磯ベラでした。
09_IMGP8171-1.jpg

 17時半前には暗くなってきました。ケミを付け夜釣り開始。17時30分、40㎝のイサギが喰ってきました。その1投後にも同サイズのイサギが。神さんにも小さなイサギが釣れました。これで入れポンになるかと思うと、直ぐに魚の気配が無くなり餌が残りだしました。ヤバイ感じです。
10_IMGP8172-1.jpg

 20時頃には潮も完全に止まり、引き潮の流れ待ちの状態に。しかし、引き潮が一向に動いてくれません。22時頃に少しだけ左方向に流れただけで直ぐに止まってしまいます。この時に30㎝弱のアジが釣れました。

 隣の大崎の地も潮が動かずに苦戦しているようでした。

 0時04分、久しぶりにウキ入れで40㎝ぐらいの魔鯛が。この直後、同じ場所でウキ入れが。これは大きな魚では無かったのですが、手前のシモリに潜ってしまいました。手前はかなり浅いようです。
11_IMGP8173-1.jpg

 大崎の地は休まずに釣り続けています。アチコチに投げ分けてボチボチと釣れている感じでした。2時の干潮を過ぎても満ち潮は流れてくれません。時間は4時を過ぎてしまいました。

 4時8分、久し振りのウキ入れで38㎝のイサギが釣れてきました。
12_IMGP8174-1.jpg

 これからが朝マズメのラストチャンス。満ち潮も少しは右に流れ始めました。しかし、肝心のウキ入れがありません。魚の気配が非常に薄いです。結局明るくなって小さな小鯛を釣っただけで無念の納竿となりました。

 今回の釣果。イサギ4枚(40~38㎝)、魔鯛1枚(40㎝ぐらい)、小アジ1枚。
13_IMGP8175-1.jpg

 今回もお世話になった清家渡船さんです。
14_IMGP8184-1.jpg

 大崎の地の東横の釣り座。足場は良好。しかし後ろが高くなっている為に非常に投げ難かったです。
15_IMGP8183-1.jpg


 よねちゃんの釣果(フカセ)。風、波との格闘の釣りだったようです。
16_IMGP8192-1.jpg

 右隣に上がっていた悠遊さんの釣果。姿は見えなかったものの、飛んでいくウキは良く見えていました。流石、沢山釣っていました。
17_IMGP8193-1.jpg

 左隣のTURUさんの釣果。いつ見ても流石です。2階席からエライ所まで投げていました。
18_IMGP8194-1.jpg

 Oさんの釣果。これも好漁です。
19_IMGP8195-1.jpg

 今回は、初めて上がった場所でしたが、予想以上に潮通しが悪く、おまけに浅かった為に完全にハエの選択ミスでした。仕掛けも4セットロストして乗り切れないままの釣りで終わってしまいました。しかし、この付近には魚が沢山居ることが分かりました。

 また機会があれば、この付近も攻めてみたいと思います。


 7月4日(日)は小型船舶免許の失効更新講習。秋ぐらいからは数年振りに貸し船釣りもチャレンジしてみます。

 7月10日(土)は御五神への夜釣りの予定をしています。
スポンサーサイト

御五神・某場所

 2010年6月20日(日)

 イサギ14枚(35㎝ぐらい)とグレ2枚(50 49.5㎝)でした。

 沖はとても荒れていたようで8時半頃に撤収になったようです。
01_IMGP8161-1.jpg


02_IMGP8162-1.jpg

03_IMG_0620.jpg

04_IMG_0621.jpg

06_IMG_0623.jpg

07_b36ca6f8-1.jpg

愛媛県・某波止~日振島・19番

 愛媛県・某波止 

 2010年6月11日(金)~12日(土) 大潮 満潮20時14分 265.9㎝ 干潮2時2分 105.1㎝ 満潮7時36分 232.9㎝ 晴れ 南東の風強く 波0.5m

 某波止の昼釣りでイサギが釣れたとの情報を入手、夜でも釣れるかもと思い、久し振りに波止に行ってみました。

 会社の後輩の富坊が先行して17時40分に波止に到着、波止の外向きには誰も居ないとの連絡が入ります。続いて先輩Mさんが別の波止に到着します。

 定時に仕事を終え、19時過ぎに出発、まずは先輩Mさんの行っている波止を偵察。ここは南東の風が強く吹きつけていました。夕まずめに50㎝ぐらいの寒ダイを釣り、日没後は餌取りも居ない厳しい状態でした。

 次に富坊の行っている波止に行ってみます。ここは殆ど風が当てていない状況で釣り易そうです。ゆっくりと準備をして23時前より竿を出してみました。

 潮は引き潮が緩く右方向に流れていました。闇夜のせいか餌取りの反応も薄く、たまに取られるような厳しい状況でした。右流れが続き只時間だけが過ぎていきました。

 3時37分、初のウキ入れで魚がヒット、頭を振っています。40㎝ちょいのこの辺では珍しい脱走魔鯛でした。
01_IMGP8148-1.jpg

 4時を過ぎると辺りが少し明るんできました。これからが朝まずめのゴールデンタイムです。

 4時26分、思惑通りにウキ入れ。まあまあサイズの魔鯛のようです。66㎝ありました。
02_IMGP8149-1.jpg

 続いて4時41分、ウキ入れ、今度は優しい引きで頭を振っていません。本命のイサギかも??? 予想通り、良型のイサギ、43㎝ありました。波止でこのサイズが釣れるのにはビックリです。
03_IMGP8150-1.jpg

 もう1枚と気合いが入りますが、そんなに簡単には喰ってくれません。5時46分、やっとウキ入れが。今度もイサギのようです。こいつも良型で42㎝ありました。
04_IMGP8151-1.jpg

 もうこれで朝まずめ終了かと思っていた6時1分、富坊が竿を曲げています。玉助に行きましたが玉の柄が短くて大変難儀しました。手前が富坊が釣った66㎝の魔鯛、向こう側が隊長が釣った魔鯛です。両方とも綺麗な魚体でした。
05_IMGP8152-1.jpg

 この後、6時半頃に潮が左流れに。しかし20分程で右流れに変わりました。餌取りも増えてきだしました。

 7時過ぎに右隣の方に50㎝ちょいの魔鯛がヒット。続いて隊長にもヒット、50㎝弱の魔鯛が浮いてきました。しかし玉助寸前、針外れで海に帰っていきました。

 この後、8時前まで粘るもウキ入れ無しで納竿としました。

 隊長の釣果 魔鯛2枚、40㎝ちょい 66㎝。イサギ2枚、43 42㎝。
 富坊の釣果 魔鯛1枚、66㎝。

 波止でこれだけ釣れれば充分です。会社の先輩Mさんは夜の内はノーヒット、夜明けからは15㎝ぐらいのゼンゴと40強~30㎝のチヌ7枚、寒ダイを1枚釣って8時半頃納竿したようです。




 第2ラウンドの日振島の渡船屋さんに移動。2時間ほど仮眠をして15時に出船しました。

 日振島・19番 

 6月12日(土)~13日(日) 大潮 干潮13時16分 -0.3㎝ 満潮20時13分 205.4㎝ 干潮1時51分 100.7㎝ 満潮7時8分 187.9㎝ 曇り後雨 南東の風強く→弱く 波1.5→1.0m

 南東の風が強く日振島南側の磯はうねりが強く厳しい状態でした。みんな安全策で北側に逃げていきます。19番は南東の風、波には強く何とか出来る状態なので神さんと2人で上礁して頑張ってみました。
06_IMGP8153-1.jpg

 南東の風は直接当らないものの、たまに吹きまわしてきています。潮は満ち潮が何故か逆方向にかなり速く流れていました。

 隊長はカゴ、神さんはフカセで始めてみます。ハエ際には餌取りが殆ど見えません、フカセでは餌が残る状態、カゴの方は餌取りがボチボチと居る状態でした。
07_IMGP8154-1.jpg

 思い切り、引き潮方向の左向きに流れていました。
08_IMGP8155-1.jpg

 少しうねっています。
09_IMGP8156-1.jpg

 19番のシモリ。
IMGP8157-1.jpg

 満潮時、東の低場は完全に被っていました。
10_IMGP8158-1.jpg

 西の低場もかなり駆け上がっていました。
11_IMGP8159-1.jpg

 肝心な夕まずめにはウキ入れがありませんでした。満潮の20時を過ぎると潮は完全に止まってしまいます。ここで疲れのせいか睡魔がやってきて2時間ほど寝てしまいました。23時前、再開。潮は全然流れていません、本当に潮田んぼ状態です。餌取りも居ない寂しい状態でした。

 23時11分、神さんにウキ入れが。30㎝ちょいのイサギでした。
12_IMGP8160-1.jpg

 この1枚でやる気は出てきたものの、魚の気配は薄いままです。たまに掛かってくるのはガシラのみ・・・ 24時を過ぎると雨まで降ってきました。

 干潮の2時を過ぎても潮は流れてくれません。3時半を過ぎた頃から少し沖は右方向に流れ始めました。ここでウキ入れがあったのですが、35~30㎝ぐらいのアジで4枚釣ったところで当らなくなってしまいました。

 4時を過ぎると薄っすらと明るくなってきだしました。潮も近くなりイサギ、魔鯛が釣れそうな雰囲気となってきました。しかし、魚のやる気は全く無く、ノーヒットのまま5時20分には納竿としました。

 全体的にイサギはまだ釣れていなく、日振島まで北上してきていないと感じました。途中から雨は降ったものの風は緩くなり余り寒い思いはしなかったです。

 今回は神さんの夜釣りデビュー戦でしたが、悪天候が災いして余り良い結果とはなりませんでした。しかし、次回はきっちりと釣ってくれる事でしょう。


 次回は20日の日曜日に御五神行きを予定しています。26日、土曜日には日振島の夜釣りのリベンジ戦を予定しています。

プロフィール

へたくそ隊長

Author:へたくそ隊長
酒好き、男好き?の「へたくそ」釣り師です。
海釣り何ならなんでも有り、カゴ釣りをメインとしています。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。