HOME   »  2011年04月
Archive | 2011年04月

蒋淵・大鵜留止1番

 2011年4月24日(日)
01_IMGP8544-1.jpg

02_IMGP8545-1.jpg

03_IMGP8545-2.jpg

04_IMGP8547-1.jpg

05_IMGP8548-1.jpg

05-1 IMGP8548-2

06_IMGP8549-1.jpg

07_IMGP8550-1.jpg

08_IMGP8551-1.jpg

09_IMGP8553-1.jpg

10_IMGP8552-1.jpg

11_IMGP8554-1.jpg

12_IMGP8554-2.jpg

13_IMGP8555-1.jpg

14_IMGP8556-1.jpg

15_IMGP8557-1.jpg

16_IMGP8559-1.jpg

17_IMGP8560-1.jpg

18_IMGP8562-1.jpg

19_IMGP8564-1.jpg

20_IMGP8566-1.jpg

21_IMGP8568-1.jpg

22_IMGP8568-2.jpg

23_IMGP8569-1.jpg

24_IMGP8570-1.jpg

25_IMGP8571-1.jpg

26_IMGP8572-1.jpg

 
スポンサーサイト

最近の動画

 よねちゃん動画より拝借して、隊長動画にハリコしました。






日振島・北の中→尾島のハナレ

 2011年4月17日(日) 大潮 満潮6時23分 194.1㎝ 干潮12時41分 28.2㎝ 晴れ 北西の風強く→弱く 波1.0→0.5m 水温17.1度


 今回は予定通り、日振島に行ってきました。

 日の出も早くなり、4時50分に7人のお客さんを乗せ出船。今回は隊長自らが抽選に。5船の4番クジ、最悪のクジを引いてしまい、カゴの本命磯は完全に外してしまいました。それどころか、まともにカゴの振れるハエが有りません。

 どこに上がろうかと思案します。幸い、「北の中」を他船より譲ってもらったので、朝は「北の中」、見回り船で潮位の下がった「尾島のハナレ」に行く作戦としました。

 5時40分、「北の中」に上礁。北西風の影響でかなり風波が立っていて、ハエ際はかなり駆け上がってきていました。 
01_IMGP8508-1.jpg

 北の3番方向。こちらより潮が右側に流れています。
02_IMGP8509-1.jpg

 正面方向。沖の右流れに引かれて前に潮が出ていました。
03_IMGP8510-1.jpg

 北の2番方向。2番の前で潮が近寄り速く流れています。
04_IMGP8511-1.jpg

 隊長は右投げなので右の釣り座より、専属玉助、兼カメラマンは左投げなので左の釣り座より攻めてみます。

 右投げと左投げなので仕掛けの投入点が交差します。右投げの隊長の方が左側の前に投げれるので、沖の潮に入れ易い有利な状況でした。少し右側に投入すると沖の潮に弾かれ流れるコースが全然違うようになります。

 餌取りは全く居ない状況、魚が居れば沖の潮に乗る前後で必ず喰ってくるような感じでした。

 6時35分、沖の潮に乗った頃に待望のウキ入れ。イメージ通りの綺麗なウキ入れです。

 割りと最初から頑張って引いてくれます。かなり沖で喰わせたので寄せてくるのに腕力の無い隊長はバテバテに。70UPと思うような引きでしたが期待に反して、かなり小振りで63㎝でしたが綺麗な雌の魔鯛でした。

今回も専属玉助、兼カメラマンが活躍してくれました。
05_IMGP8512-1.jpg

 玉枠が大きいので魚が小さく見えてしまいます。
06_IMGP8513-1.jpg

 針掛かりを確認すると、どえらい向きで刺さっていました。こんな刺さり方はかなり珍しい筈です。
07_IMGP8514-1.jpg

 この後、直ぐにカメラマンにもウキ入れが。小鯛のような感じですが、ひょっとしたらコブ鯛かも???
08_IMGP8515-1.jpg

 一応、玉助に行ってみます。水面で出てきた魚の頭には・・・ やはり小さなコブが有りました。
09_IMGP8516-1.jpg

 久し振りに見る小さなコブ鯛でした。
10_IMGP8517-1.jpg

 この後、満ち潮の流れは終わり引き潮が流れ始めます。流れる方向は同じく右方向ですが、手前に当ててきてしまい釣り難くなってきました。

 手前の潮溜まりにはボチボチと餌取りが居て、小さな磯ベラが針掛かりしてきます。 
11_IMGP8518-1.jpg

 時間を追うごとに益々と手前に当ててきて横滑りの変な潮になってしまいました。こうなれば打つ手は無し、見回り船で磯替わりをします。

 9時28分、かなりハエ際まで潮が当ててきています。
12_IMGP8519-1.jpg

 北の3番方向。
13_IMGP8520-1.jpg

 正面方向。
14_IMGP8521-1.jpg

 北の2番方向。
15_IMGP8522-1.jpg

 やっとの事で「尾島のハナレ」に磯替わり。満潮を3時間は過ぎているので、かなり釣り座は広くなっていました。

 11時41分、撮影。東方向。引き潮は余り流れていません。
16_IMGP8523-1.jpg

 西方向。尾島との水道側。こちらも流れていません。
17_IMGP8524-1.jpg

 南方向。日振3番が微かに見えています。
18_IMGP8525-1.jpg

 南西方向。
19_IMGP8526-1.jpg

 南西側から見た釣り座。
21_IMGP8528-1.jpg

22_IMGP8529-1.jpg

23_IMGP8531-1.jpg
 
 北東方向から北西方向とアチコチと投げてみますが、潮の流れが緩く、餌取りの活性も低いままでした。

 13時頃より少し満ち潮が流れ始めましたが、状況に変化無し。結局、まともなウキ入れの無いまま撃沈してしまいました。

 東方向、かなり沖までシモリが有ります。
24_IMGP8532-1.jpg

 西方向、やっと良い感じの流れとなってきましたが、喰い気のある魚は居ませんでした。
25_IMGP8533-1.jpg

 南西方向。
26_IMGP8534-1.jpg

 南方向。
27_IMGP8535-1.jpg

 尾島周辺。
29_IMGP8537-1.jpg

 尾島のハナレ。
30_IMGP8537-2.jpg

 北の3番周辺。
31_IMGP8538-1.jpg

 北の4番。
32_IMGP8539-1.jpg

 北の3番。
33_IMGP8540-1.jpg

34_IMGP8541-1.jpg

 北の3番の方の釣果。
35_IMGP8542-1.jpg
 
 9番の方の釣果。
36_IMGP8543-1.jpg

 渡船屋さんでの釣果写真。
37_2011_04_1720oosaki-1.jpg

 今回も魚の気配が薄く、大変厳しい釣りとなってしまいました。朝の満ち潮がもう1時間流れれば、もう1枚は釣れていたかもしれません。

 他のハエかなりも苦戦したようです。他船情報ですが75㎝の魔鯛が2枚釣れた所も有ったようです。


 次回は、24日の日曜日に「こもぶち」を攻める予定としています。

御五神・平場

 2011年4月10日(日) 小潮 干潮5時25分 116.4㎝ 満潮10時41分 161.5㎝ 干潮17時53分 51.1㎝ 晴れ 北西の風弱く 波0.5m 水温?度


 今回の釣行は9日の土曜日を予定していましたが、南風の影響で波が残るであろうと判断、1日延期して10日の日曜日に御五神に行ってきました。

 
 4人の釣り客を乗せ、定刻5時半前に出船、辺りは直ぐに明るくなってきました。天気の良い日曜日なのに抽選場の集まってきたのは6隻ぐらい、どこの渡船も5人ぐらいしか乗っていなく、本当に寂しい状態でした。

 抽選の結果、平場行き。ここは3月26日に上がっていて、前回とほぼ同じ潮、餌取りが多くやる気のある魚の気配は薄かったです。

 前回と比べると、今回はもう少し満ち潮は動いているようです。
01_IMGP8502-1.jpg

 正面、南東方向。満ち潮が押し当ててきて右、左に分かれています。
02_IMGP8503-1.jpg

 東向き、本島との水道方向。亀の首方向に少し流れている感じです。
03_IMGP8504-1.jpg

 南西向き、ヒナダン方向。こちらは右側に流れていました。
04_IMGP8505-1.jpg

 ここは朝の満ち潮でイサギが喰うハエなので気合いを入れて頑張りました。左流れの潮は押し当ててきて緩く流れるだけ、投げてからは道糸を巻かなくていけないような潮でした。

 朝一、餌取りはまだ少ない感じ、少し深い棚で攻めてみます。朝日が海面に反射して眩しいので船付きから投げて、一番左側に移動してウキを睨みます。

 数投後の7時前、割りと近くを流れていたウキがずっぼりと入りました。直ぐに合わせを入れるとますまずの手ごたえでドラグが少し滑っています。ここからだとやりとりしずらいので、船付き側にヨタヨタと移動しました。

 移動完了、さあ反撃開始です。ドラクは少し滑るものの、魚はこっちは向いています。2回ぐらい寄せては巻き、勝負有りと思った瞬間、突然テンションが無くなってしまいました。

 針外れ??? まさか切れたよう感じでは無かったのに・・・ 仕掛けを回収して確認してみると針が有りません。チモト付近が擦れて切れていました。魚の歯に当って切れたのかと思ったのですが、上の方もかなりザラザラになっていたので、根に触って切れたようです。

 全然取れない魚では無かったのですが、喰わした場所とウキ下の長さ、移動時の時間ロスで魚にヤバイ所に走られてしまったようです。

 このハエは足元でも水深35mも有る所なので、まさか根に触られるとは思ってもいません、その油断が失敗となってしまいました。


 今の時間が時合いなのか、同礁していた悠遊さんにもウキ入れが。横から見ていると良い感じの曲がりをしています。直ぐさま仕掛けを回収して玉助にと仕掛けを全力で回収しながら悠遊さんのやりとりを観察します。

 3回ほど寄せてきた頃にテンションが無くなってしまいました。この感じは針外れの可能性大です。やはり針外れでした。多分60UPの魔鯛だったと思われます。

 この後、直ぐにウキ入れが、しかし、餌取りのような鈍い入り方でした。ずっと底を付いてきます。ウマズラ、小鯛やイサギとは違う魚のようですが何だか予測出来ません。上がってきたのは35㎝強のサンノジ君でした。
05_IMGP8506-1.jpg

 平場にはかなり上がったのですがサンノジを釣ったのは初めてでした。サンノジは「よねちゃん」が大好きなので直ぐに電話、悠遊さん便で届けてもらうように絞めてから悠遊さんのクーラーに入れました。

 8時を過ぎると満ち潮はまともに流れるようになり、魚が喰ってきそうな雰囲気となってきました。しかし、へたくそなのか餌取りに邪魔され、ウキ入れが有りません。

 8時45分、やっと2回目のウキ入れで大本命のイサギを捕獲、35㎝でした。
06_IMGP8507-1.jpg
 
 10時頃までは良い感じで流れたものの、ウキ入れ無し、11時頃より少し引き潮が動き始めました。

 アチコチを攻めてみるも小鯛が2枚釣れただけ。悠遊さんはヒナダン側に移動して40㎝ぐらいのイサギを1枚釣っていました。


 結局、朝のモーニングサービス的なウキ入れは有ったものの、その後は餌取りも多くなり、今回の平場も打つ手無く、完全に撃沈されてしまいました。
 

 御五神での魚釣りは非常に難しいので、次回は今週末の16(土)か17(日)に日振島行きを予定しています。しかし今のところ天気予報が良くないです。

  

 

日振島・19番

 2011年4月3日(日) 大潮 満潮06時59分 198.9㎝ 干潮13時12分 29.4㎝ 曇り時々晴れ 北西の風強く 水温16.5度ぐらい

 年度末の激務からやっと開放され、復帰第2戦目は日振島に行ってきました。天気予報では曇りで少しの南風を予測していましたが、予想に反しての強い北西風でした。

 矢ヶ浜沖での抽選には3船しか集まらず、グレが喰わなくなったことでどこの渡船屋さんも客が少ない状況でした。

 3船の2番クジ、余りにハエが多いので選択に困ってしまったのですが、前日に魔鯛の釣果があった19番に上がってみます。

 横島を抜け、本島との水道は北西風が強く大きな白波がたっていました。4番を希望の方も居たのですが、潮位も高くシブキが被っていたために断念しました。

 19番はかなり風が当てているだろとは思いましたが、今日は桜鯛狙い、気合一発で上がってみました。

 今日はフカセ魔鯛のつもりでしたが、風がきつく、海は白波がたっています。右側の低場は常時シブキがかかっています。この状況ではフカセは無理なので、カゴ仕掛けで狙ってみました。

 左側の高場までシブキが飛んできます。朝一の潮は満ちの潮止まり、ウキは北西風に押され、道糸は大きく左に取られてしまいます。餌取りはボチボチと居る感じでした。

 7時半頃、やっと本命の引き潮が南東側の動き始めました。直ぐに速くなり道糸を全部引き抜いていく良い感じの流れでした。しかし、ガシラ以外はウキに反応が有りません。と言うか、余りに白波が強い為にウキが立っているのか、寝ているのか、沈んでいるのか波の谷間が大きくて見えない状況でした。

 9時20分、やっと待望のウキ入れです。しかし大きく道糸がふけている為に走りが分りません。取り合えず、合わせをいれてみます。竿の曲がり、重量的にはまあまあの魚のようです。

 魔鯛、青物??? 最近魚を釣っていないので良く分りません。時々少し反撃をしながら寄ってきます。ウキ止が見えた頃から少し頑張ってくれました。底で白く光っているので、魔鯛のようです。

 70ぐらいと予想していましたが、少し大きくて76㎝の綺麗な雌の魔鯛でした。
IMGP8491-1.jpg

IMGP8490-1.jpg

 左側のカンヌキに綺麗に刺さっていました。
IMGP8492-1.jpg

 雌が釣れれば雄も居る筈です。欲を出してもう1枚と頑張ってみます。

 19番のシモリの向こう側の水道の引き潮の流れは速くなったものの沖で右に曲がって流れ始めました。黒潮の流入の影響か流れ方が変な感じでした。

 10時32分、2度目のウキ入れです。暫く待つも道糸のふけが大きいのか全然走りません。合わせを入れると魚は居るようです。

 先程より小振りか素直に寄ってきます。今回も手前に寄って来てから少し頑張ってくれました。

 79㎝の雄でした。
IMGP8493-1.jpg

IMGP8495-1.jpg

 今回も左側のカンヌキに掛かっていました。
IMGP8496-1.jpg

 21番、鴎島方向。水道の引き潮が流れが確認出来ません。
IMGP8498-1.jpg

 19番、シモリ方向。少し沖で潮が右流れになっていました。
IMGP8499-1.jpg

 19番正面。ハエ際は緩く左沖に流れ、かなり沖は速い右流れとなっていました。
IMGP8500-1.jpg

 この後、益々変な流れになり、13時過ぎの干潮の後まで続きました。カゴが届く範囲は殆ど潮が動かずに完全にお手上げ状態となり13時40分には納竿としました。

 今回、お世話になった清家渡船さんのHPから写真を拝借しました。
2011_04_0320cooler.jpg

 今回は70UPの魔鯛を2枚と結果的には良かったのですが、強い北西風と魚の活性は低く、かなり厳しい釣りとなりました。

 次回は4月9日(土)に御五神行きを予定しています。今度はハマチかイサギが釣りたいです。

  

2011年4月3日速報

 日振19番で魔鯛を2枚釣ってきました。
IMGP8497-2.jpg

2011年1月よりの釣行


① 2011年1月3日(月)   御五神・ヒナダン。

 朝の満ち潮が残っていた時にイサギ1枚、引き潮初めにイサギ2枚でした。後は餌取りの猛攻で撃沈。

 他の同行者にはイサギ、サバ、ヤズ、小鯛がボチボチと釣れていました。
IMGP8428-1.jpg



② 2011年1月23日(日)  御五神・サンタバエ。

 朝の満ち潮は南東側に跳ね過ぎ、小鯛ボツボツ。引き潮ではグレ2枚でした。
IMGP8438-3.jpg


③ 2011年2月6日(日)  御五神・ササバエ。

 潮の流れは良かったものの、餌取りの猛攻にあい撃沈。
 


④ 2011年3月26日(土) 御五神・丸バエの平場。

 潮の流れは弱く、餌取り沢山。ネイリの子、イサギを1枚釣るのがやっとでした。
IMGP8488-1.jpg


 やっと年度末の激務から開放されました。これからは、ほぼ毎週ペースで釣りに行く予定です。

 まず明日は日振島でフカセ魔鯛をやってきます。
プロフィール

へたくそ隊長

Author:へたくそ隊長
酒好き、男好き?の「へたくそ」釣り師です。
海釣り何ならなんでも有り、カゴ釣りをメインとしています。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索
RSSフィード
リンク