HOME   »  2011年06月
Archive | 2011年06月

日振島・大崎の中

 2011年6月25日(土) 小潮 満潮1時27分 173.7㎝ 干潮8時25分 64.5㎝ 満潮15時00分 150.3㎝ 晴れ 南東~南西の風が山越しで弱く 波0.5m 水温21.8度ぐらい

 今回は、25日(土)の晩に日振島での夜釣りを計画していましたが、台風5号の影響で24日(金)の朝の時点で欠航が決定となりました。

 釣りに行くと決めたら、自制心のブレーキが効きません、どこであろうと竿を出す覚悟です。

 船頭さんが「25日(土)の昼釣りなら問題なく出れるよ」

 即答で、「夜釣りが出ないなら昼釣りに行きます」

 こうなれば、暑いのは覚悟の上で気合いを入れました。

 夜釣りなら、雨が降らなかったら11人、雨が降っても6人が行く予定でした。しかし、夜釣りが中止となり「昼釣りに行くよ」と言うと、みんなドン引き、残ったのは神さんの1人だけ、さすが神さんは中々の根性者です。

 定刻4時20分の5分ぐらい前に11人の昼釣りの客を乗せて出船。4人は底物、後は上物ですが、カゴ客は隊長達2人だけのようです。

 数日前から強い南風が吹いて南磯は使えない状況、北磯にほぼ全船が集合すると予測。くじ運次第ですが、フカセ磯も視野に入れカゴでもフカセでもOKなように準備はしていきました。

 と言っても隊長の場合、フカセ竿は3本、カゴ竿は3本がいつも竿袋に入っています。結局、いつでも何釣りでもOKなんです。

 今回は矢ヶ浜手前での抽選、くじ親は当船、隊長がくじ親に出ていきました。5船のくじ、最後に残ったのは3番でした。

 ハエ割りを見てみると、大本命の「大崎の中」が、直ぐに「大崎の中と、大崎の中の左隣」と希望します。足場の良い方に神さんに上がってもらう作戦としました。

 大崎の中の前に到着、足場は左横が良さそうので隊長が大崎の中、神さんが左横に上がりました。

 5時14分、大崎の中の左横に上がる神さんです。
01_IMGP8775-1.jpg

 東側、綺麗な朝日が上がっていました。
02_IMGP8776-1.jpg

 右隣の門口、6月11日(土)の晩に夜釣りで上がっていた所です。今回は他船のフカセの方が2人上がっていました。
03_IMGP8777-1.jpg

 準備を始める神さん。潮位は110㎝ぐらいだったと思います。前を渡船が通過すると、引き波が平たい所まで上がってきていました。
04_IMGP8778-1.jpg

 潮は引き潮が右側の門口方向に流れています。11日の夜釣りでのデータを亀吉さんから聞いていたので攻めるポイント、浮き下は把握出来ていました。後はイサギを喰わすだけです。

 1投目から餌取り、その後も餌取り・・・  夜釣りはやってなかったのでモーニングサービスはある筈のに・・・

 非常にヤバイ感じです。しかし15投ほどした頃に綺麗に浮き入れが。6時10分にやっと1枚目のイサギが釣れました。
05_IMGP8781-1.jpg

 最初の1枚は大事に玉助、しかしその後は入れポンになり強引にぶり上げる事に。ここは足場が余り良くありません。針掛かりの悪いのは糸を緩めると直ぐに外れてしまいます。それを足で踏みつけ〆る事に。

 5枚目ぐらいに40UPの良型が、しかし〆め損ねて海に帰っていきました。潮は少し右沖に流れを変えましたが、こんな調子で10枚強が釣れました。

 潮が真沖に出ていくようになりイサギの浮き入れは無くなり、刺し餌も残りだしました。少し深くして流してみます。

 そうすると浮き入れが、40㎝のグレでした。7時53分には50㎝のグレが釣れました。
06_IMGP8782-1.jpg

 この後、48㎝のグレを追加したところで潮が左沖に流れを変えました。すると刺し餌はボチボチと取られるものの浮き入れは無くなってしまいました。

 8時頃の状況、今回は神さんもイサギの顔が見えたようです。潮位は70㎝ぐらいだと思います。
07_IMGP8783-1.jpg

 真沖方向。
13_IMGP8790-2.jpg

 右前、尾島のローソク方向。
08_IMGP8784-1.jpg

 右隣、門口方向。
09_IMGP8785-1.jpg
 
 干潮を過ぎても潮は左沖に流れていきます。沖に流しても小鯛だけです。

 9時22分、やっと見回り船がやってきました。右隣の門口は竿を仕舞って、ハエ替わりをするような感じでした。

 渡船の乗り込み、門口が替わりそうなので、神さんを左隣から門口にとハエ替わりを交渉。
10_IMGP8787-1.jpg

 大崎の地は4人が上がっていましたが、1人が釣っているだけで、後はブラブラしていました。フカセは厳しいようです。
11_IMGP8789-1.jpg

 門口にハエ替わりする神さん。
12_IMGP8790-1.jpg

 門口からは左沖向きに良い感じの潮が流れています。ここからも釣れそうな潮ですが、時間が経つにつれ魚の活性は下がっていきました。沖まで流しても小鯛しか喰ってきませんでした。

 13時を過ぎた頃にやっと右流れになりました、これがラストチャンスです。朝のポイントとは少し違ったものの何とかイサギを3枚追加する事が出来ました。しかし型は小振りでした。

 13時40分、渡船が動きだしたので納竿としました。

 左方向、潮位は140㎝ぐらい。
14_IMGP8795-1.jpg

 真沖方向。
15_IMGP8796-1.jpg

 右前方向。
16_IMGP8797-1.jpg

 右前、尾島のローソク方向。
17_IMGP8797-2.jpg

 右横、尾島、門口方向。
18_IMGP8797-3.jpg

 本日の釣果。
 イサギ15枚ぐらい(最大38㎝)、グレ3枚(50 48 40㎝)、小鯛7枚ぐらい。
19_IMGP8797-4.jpg

 港で記念撮影、少しは渡船屋さん情報には協力出来ました。
20_2011_06_2520taichuo20isagi.jpg

21_2011_06_2520taichou20cooler.jpg

22_2011_06_2520taichou.jpg

24_2011_06_2520taichoutomo.jpg

 本当に激暑の1日でした。余りに真面目に釣り過ぎて日射病寸前でした。夏場は充分な水分補給と陰なのでの休憩が必要だと感じました。

 次回は7月9日(土)の晩に、日振島の夜釣り行きを予定しています。
スポンサーサイト

日振島・門口

 2011年6月11日(土)~12日(日) 長潮~若潮 満潮16時00分 157.2㎝ 干潮21時30分 100.9㎝ 満潮3時24分 173.3㎝ 干潮10時20分 45.5㎝ 月出14時27分 月没1時03分 月輝面72.8% 月齢9.2 曇り一時雨 波0.5m 南の風弱く

 今回は、今年初の日振島の夜釣りに行ってきました。天気予報では大雨、前日から当日の昼にかけてはかなり強い雨が降っていました。そのせいか、予約客は8人だけ、それも「へたくそ」つながりの方ばかりでした。

 定刻15時に8人を乗せ出船。他の渡船には夜釣り客が居なく、8人だけで日振島を貸切りとなりました。

 まず最初に、亀父ちゃん、次にTURUさん組3人、3番目に亀吉さん、4番目に神さんと隊長の2人が門口に上礁しました。よねちゃんは、最後にいつもの所に行ったようでした。

 15時57分撮影。北側。
01_IMGP8740-1.jpg

 北東側、尾島方向。
02_IMGP8741-1.jpg

03_IMGP8742-1.jpg
 
 北東側、尾島のハナレ方向。
04_IMGP8743-1.jpg

 東側、本島と尾島との水道。潮は右向きに流れていました。
05_IMGP8744-1.jpg

 西側、隣に上がっている亀吉さんです。
06_IMGP8745-1.jpg

 大声を出せば、話せる距離です。
07_IMGP8746-1.jpg

 直ぐにカゴの準備をして沖に投げてみます。全く初めてのハエなのでウキ下も手探り状態でした。手前の潮だけ右に流れ、沖はゆっくりと当ててくるような流れでした。道糸が大きく右に取られ釣り難いです。

 数投後、ウキがポコポコしています。小鯛君が夜釣りに来た事を歓迎してくれました。しかし、小鯛君が連発するだけで本命のイサギは喰ってきません。やはり日没後が勝負のようです。

 辺りが薄暗くなってきて、夕まずめのチャンス到来。18時57分、綺麗なウキ入れでイサギが喰ってきました。38㎝と良型です。 
08_IMGP8749-1.jpg

 19時09分、隣の亀吉さんも釣っていました。
09_IMGP8750-1.jpg

 19時10分、2枚目のイサギ。
10_IMGP8751-1.jpg

 19時22分、神さんのウキが始めて入ります。魔鯛、イサギとは違う引きです。上がってきたのは45㎝のグレでした。さあ、これで神さんにはイサギを釣ってもらうだけとなりました。
11_IMGP8752-1.jpg

 しかし、この後が続きません。満ち潮は動かないし、餌取りも沢山、たまに釣れるのは小鯛だけです。

 22時を過ぎた頃より、少し沖向きに流れるような感じとなりました。22時20分、やっと3枚目のイサギ。
12_IMGP8753-2.jpg

 22時29分、40㎝ぐらいの魔鯛。
13_IMGP8754-1.jpg

 23時13分、4枚目のイサギ。 
14_IMGP8755-1.jpg

 23時39分、40㎝強の魔鯛。
15_IMGP8756-1.jpg

 もう1枚、イサギが喰ったんですが、抜き上げ時に口切れ、惜しいことです。 

 この後、潮も動かず、魚の気配も全く消え、刺し餌が落ちなくなってしまいました。あちこちに投げ分けてみますが、シモリに捕まり仕掛けをロストするだけ・・・ 全く手の打ちようが無くなってしまいました。

 この状況で朝マズメを迎えました。潮は動いてないものの、イサギの活性は上がって何とか3枚を追加する事が出来ました。

 本日の釣果。イサギ7枚(最大38㎝)、魔鯛2枚。小鯛沢山。 
16_IMGP8759-1.jpg

 5時35分撮影、尾島方向。
17_IMGP8760-1.jpg

 尾島のハナレ、朝釣りで3人が上礁。
18_IMGP8760-2.jpg

 門口釣り座。2人ならゆっくり釣れます。足場も割りと良い感じでした。
19_IMGP8761-1.jpg

 隣の亀吉さん。
20_IMGP8762-1.jpg

 ここは1人でしか釣りにならない感じです。
21_IMGP8763-1.jpg

 6時06分、やっと迎えの「だいだい丸」がやってきました。
22_IMGP8766-1.jpg

 港に帰って、みんなの釣果を確認。TURUさんの釣果(30Lクーラー)。イサギは41.5㎝、魔鯛は60㎝、メバルは35㎝。さすがです。
23_IMGP8767-1.jpg

 亀吉さんの釣果(43Lクーラー)。イサギは15枚(最大43㎝)、グレは3枚(最大48㎝)、アジは5枚(30㎝ぐらい)。さすが亀吉さんです、隣のハエで大釣りされてしまいました。
24_IMGP8768-1.jpg

 亀父ちゃんの釣果(56Lクーラー)。魔鯛は2枚(60㎝ぐらい)、イサギ多数。フカセでの釣果にビックリでした。
25_IMGP8770-1.jpg

 よねちゃんの釣果(56Lクーラー)。グレ多数(40UPは5枚)、大きなコロダイ、シマアジ2枚(40㎝ぐらい)。フカセで釣っています、さすがよねちゃんです。
26_IMGP8772-1.jpg

 渡船屋さんHPより拝借。
27_2011_06_1220yozuri20taichou.jpg


 幸いにも、雨が殆ど降らずに良かったです。潮が動かなかったので大変苦戦してしまいました。みんなボチボチの釣果だと予想していましたが、釣る人は確実に釣っていました。

 隊長も日振島の夜釣りでは、まだひよこだとつくづく感じさせられる一日となりました。

 次回は、25日(土)の晩に日振島夜釣りのリベンジ戦を予定しています。
 

中泊・デッパリ

 2011年6月4日(土) 中潮 満潮7時23分 190.3㎝ 干潮14時11分 5.2㎝ 晴れ 南の風弱く 波1.0→0.5m

 
今回は4人組で中泊に行ってきました。メンバーはカゴ釣り師さん(へたくそ芝ちゃん)、花ちゃん、わがままTさん、隊長です。

 4日は第1土曜日なので休みでは無いのですが、わがままTさんから悪の誘いを受け、仕事をサボって行ってきました。

 1時10分にわがままTさんと落ち合い同乗していくようにしていました。12時40分に目覚ましのアラームをかけていたのですが、寝たぼけて再眠。1時12分に携帯が鳴り寝過ごした事に気がつきました。

 約30分遅れの出発となってしまい、朝食抜きで中泊港に直行、4時10分頃に到着しました。3年振りぐらいの大失態でした。しかし、こんな迷惑を掛けた時は割りと釣れるものです。


 定刻5時前に15人ぐらいを乗せ出船、まずはデッパリに向かいます。約10分後、デッパリ前に到着、他船は来ていないのでジャンケンも無く上礁。当組4人と他の組2人の合計6人での上礁となりました。
 
 満潮が7時半頃なので満ち潮がイキツキ側よりゴイゴイ流れていると思っていたのてすが、余り流れていません。コデ島の方に跳ね出し沖で左に曲がっている感じでした。
01_IMGP8703-1.jpg

 隊長とへたくそ芝ちゃんは、後ろの高場から4人の釣りを暫く観察してみます。
02_IMGP8707-1.jpg

 5時52分、早速この潮の流れでわがままTさんにイサギがヒット。まあまあサイズです。
03_IMGP8709-1.jpg

 6時5分、潮は本来に近い流れに。しかし潮位が上がってきたので、波が駆け上がってきています。
04_IMGP8710-1.jpg

 良い感じの流れになりつつあります。
05_IMGP8711-1.jpg

 6時13分、太陽はこんなに上がっていました。
06_IMGP8714-1.jpg

 イキツキの上まで偵察に行ってみます。イキツキの右側、速い当て潮に苦戦していました。
07_IMGP8716-1.jpg

 足場も悪く、投げ難そうです。
08_IMGP8716-2.jpg

 イキツキ、ここも速い当て潮に苦戦していました。
09_IMGP8717-1.jpg

 デッパリ先端をかすめ満ち潮が流れています。
10_IMGP8718-1.jpg

11_IMGP8720-1.jpg

 同礁した別の組の2人の方しか釣っていません。
12_IMGP8723-1.jpg

 花ちゃんは仕掛けチェンジ??? へたくそ芝ちゃんはまだ観察中、わがままTさんは早々と休憩していました。
13_IMGP8725-1.jpg

 6時34分、満ち潮はかなり速くなってきました。
14_IMGP8726-1.jpg

 イキツキの方からゴイゴイ流れてきています。
15_IMGP8727-1.jpg
 
 ここで、へたくそ芝ちゃんがやっと竿を出し、早速何かを喰わしています。サンノジだろうと見ていましたが違う魚のようで玉助の要請が。隊長が玉助しました。
16_IMGP8728-1.jpg

 40㎝弱のコウロウの幼魚でした。
17_IMGP8729-1.jpg

 縞々が消えてきて格好の良い魚です。
18_IMGP8730-1.jpg

 この流れでもイサギの活性は上がらずにみんな苦戦していました。
19_IMGP8731-1.jpg

 7時5分の状況です。
20_IMGP8732-1.jpg

 隊長のバッカンはまだ開いていません。
21_IMGP8732-2.jpg

 こんな感じに満ち潮が緩み、わがままTさんに2枚目が、へたくそ芝ちゃんもイサギを2枚釣りました。
22_IMGP8733-1.jpg

23_IMGP8734-1.jpg

 わがままTさんにイサギが2枚釣れた事だし、ボチボチと準備してみます。第1投を投げた7時28分にTURUさんからTELが。

 TURUさん「どうですか、釣れていますか???」
 
 隊長「今、1回投げたところです」

 TURUさん「え、何しよったんですか???」

 隊長「後ろからみんなの釣りを観察していました、まあ今からボチボチやってみます」

 潮なのか、ポイントなのか、腕なのか直ぐに2枚釣れ、わがままTさんから、緊急自粛要請があり又後ろから見学する事に。ずぶ濡れになった長靴の中を乾かすには最適の時間でした。

 8時半を過ぎた頃より満ち潮から引き潮の流れに変わってきました。しかし、イキツキ向きに舞い込む釣り難い潮です。

 この潮になるとみんなのテンションがダウン。ここで隊長が釣りを再開します。潮がハエ際を流れる厳しい時間が過ぎていきました。

 10時を過ぎた頃より、やっとまともな引き潮の流れに。この潮で4枚、へたくそ芝ちゃんも2枚ほど追加。

 しかし、直ぐに激流になり苦戦します。激流の中、何とか2枚を追加、へたくそ芝ちゃんも2枚ほど追加し12時過ぎには納竿としました。

 納竿後に急に潮が緩み、これから喰いそうな潮に。もう1時間早くこの潮になっていればもう少し釣れていたと思いました。

24_IMGP8735-1.jpg

25_IMGP8736-1.jpg

26_IMGP8737-1.jpg

27_IMGP8738-1.jpg

 本日の釣果。イサギ8枚、最大38㎝。
28_IMGP8739-1.jpg
 
 へたくそ芝ちゃん、イサギ6枚、サンバソウ1枚。

 わがままTさん、イサギ4枚。

 花ちゃん、イサギ3枚。

 同礁の方、2人でイサギ2枚。


 今回は一番、ぶらぶらしていて釣りをしていなかった隊長が結果的に竿頭になってしまいました。

 のっこみイサギは確実に入ってきていますが、潮が不安定で速く苦戦してしまいました。小潮周りになればもっと釣れると思いました。

 次回は、11日(土)の晩に日振島での夜釣りを予定しています。 
プロフィール

へたくそ隊長

Author:へたくそ隊長
酒好き、男好き?の「へたくそ」釣り師です。
海釣り何ならなんでも有り、カゴ釣りをメインとしています。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索
RSSフィード
リンク