HOME   »  2016年05月
Archive | 2016年05月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大アジ祭り

 2016年5月28日(土)~29日(日)

 今回は、思惑のハエが予約出来たということで大アジ祭りに連れていってもらいました。

 同礁者はK本君。K本君は沖磯デビュー戦です。サポート役に徹しようと思いましたが、最後の方はマジモードになってしまいました。

 右隣では、ゆ~ゆ~さん、TURUさんが釣っています、少し覗きこむと姿が見えて、声も聞こえる距離です。

01_DSCF2758-1.jpg

 上礁したところは、右側が険しく立っている為に、右投げの人には少し釣り難い場所です。足場的には1番右が良いのですが、
左投げしか出来ません。おまけに後ろに針が掛かりそうです。

 中央は、足場はそこそこ、何とか右投げが出来ます。後ろは少し気になりますが。

 一番左は足場はそこそこですが、満潮時にやばそうです。後ろも気になります。それとクーラー置き場まで一番遠く途中がギザギザで移動が辛いです。

 潮は緩やかに右流れ、K本君が中央、隊長が右の釣り座で始めました。

02_DSCF2759-1.jpg

 小雨が降っているので、魚が居れば1投目から釣れそうな感じです。

 予想通り1投目からイサギが喰ってきます。最初の10投ほどで6枚、K本君にも1枚釣れました。しかし、その後は餌取りの猛襲に。

 右隣組も餌取りに苦戦して日没までにイサギ1枚だけのようでした。

 少し左流れになったので、左側の釣り座に移動してみました。

 少し暗くなり夕まずめのチャンスタイム到来です。電ケミをつけたK本君のウキが綺麗に入り、道糸が走ります。30㎝ぐらいの小鯛君。この後の魔鯛、大アジラッシュに期待します。

 しかし、そんなに簡単には釣れません。たまに釣れてくるのは、ウリボウ太りばかり、気配は有るものの大鯛の当たりは引けませんでした。

 潮は右に左にちょろちょろと流れています。いつ釣れてもおかしくない状態なのに釣れません。魚が居ないのか、やる気が無いのか、腕が悪いのか・・・

 20時過ぎにやっと大アジを引き当てほっとしました。後はK本君に釣ってもらうだけです。

03_DSCF2760-1.jpg

 たまにイサギの良型が喰ってきますが、殆どがウリボウばかり。

04_DSCF2762-1.jpg

 満潮の潮止まり前に、何とか2枚目を追加。

05_DSCF2764-1.jpg

 満潮を過ぎ、引き潮が左方向に動き始めました。この潮の流れで魚の活性が上がり、K本君にも大アジが釣れました。これでサポート役の肩の荷が下ります。

 明け方に向けて、K本君が猛ラッシュを始めました。夜釣りの感じがつかめたようです。最後はかなりヤバいところまで追いついてきてマジモードで逃げました。

 明るくなった5時過ぎに餌取りが湧いてしまい納竿としました。

 本日の釣果。大アジ9枚(最大52㎝)、イサギ(ウリボウを含む)28枚。

06_DSCF2767-1.jpg

 K本君の釣果。大アジ6枚、小鯛1枚、イサギ10枚ぐらい。沖磯デビュー戦としては大健闘でした。

08_DSCF2770-1.jpg

 ゆ~ゆ~さんの釣果。大アジ3枚、魔鯛1枚、イサギ多数。さすが安定した釣果です。

07_DSCF2768-1.jpg

 TURUさんは、大アジ1枚、イサギ多数。クーラーが鬼のように重かったです。

 他のハエに上がっていた、わがままTさんは、イサギをぼちぼちと釣っていました。

 大アジ4枚は、TURUさん家と、わがままTさん家に嫁いでいきました。

09_DSCF2772-1.jpg
  
10_DSCF2774-1.jpg
 
 大アジは脂のりのりで刺身、焼きものと絶品。イサギ、ウリボウ共に腹パンでした。

 次回は、6月11日の土曜日の夜釣り、場所はまだ未定です。
スポンサーサイト

日振島・5番

 2016年5月14日(土) 小潮 満潮0時44分 174.8㎝ 干潮6時51分 106.3㎝ 満潮12時3分 147.2㎝ 干潮18時44分 63.9㎝ 波0.5m 北西の風弱く→無風

 久し振りにまじめに書いてみます。


 当初、夜釣りを予定していましたが、本命のハエの予約が出来ず、他の場所では南東の風の影響が出そうなので、安全策として日振島の昼釣りに行ってきました。

 今回は、いつも乗っている「だいだい丸」は人数が揃わずに欠航、代わりに「天吉丸」でお世話になりました。

 「天吉丸」も3人だけでの出船、途中他船からの無線連絡も無く3人だけで日振島貸し切りとなりました。

 常連さん達は2番と4番を希望、本当は22番を攻めてみたかったのですが、燃料代がかかると迷惑になるので5番に上がる事としました。

 まず2番に凄腕のフカセ師さん。

01_DSCF2650-1.jpg

 2番を得意とされている方で、色々と情報を頂きました。

02_DSCF2651-1.jpg

03_DSCF2652-1.jpg

 次は4番、この方も通い慣れた方でした。

04_DSCF2653-1.jpg

 水道は、まだ引き潮がかなり流れています。

05_DSCF2655-1.jpg

 3番方向。

06_DSCF2656-1.jpg

 名礁5番。

07_DSCF2657-1.jpg

 ここは、フカセの時期には中々上がれない場所です。それとハエが低いために小潮周りか干潮時限定の場所。少し波があると水没してしまいます。

08_DSCF2660-1.jpg

 5時33分、上礁。

09_DSCF2661-1.jpg

 東方向。

10_DSCF2664-1.jpg

 南東方向。左より竹ヶ島、寝床、御五神本島が見えます。

11_DSCF2663-1.jpg

 西方向。7番、遥か向こうが8番。

12_DSCF2665-1.jpg

 5時55分、釣り開始。

13_DSCF2667-1.jpg

 引き潮が南東方向に緩やかに流れています。まずは12ヒロで状況を探ってみます。

14_DSCF2666-1.jpg

 南方向。

15_DSCF2668-1.jpg

 潮が引けばフカセ2人ならゆっくりと出来ます。しかし、チャラン棒は必須の場所です。チャラン棒は各渡船屋さんが貸してくれますし、差し込む穴もしっかりと開いています。
 
16_DSCF2669-1.jpg

 最初の2投は餌が残ってきましたが、直ぐに餌取りが湧いてしまいます。

 6時17分、余り流さずに回収してみます。するとエビルアー??? 生体反応有り 南の低場に濡れる事を覚悟で出ていき、巻き倒します。 幸い濡れませんでした。

 全く予想もしていないオオモンハタ、最近この魚が増えているようです。
 
17_KC4I0013.jpg

 その数投後、綺麗なウキ入れで大本命のイサギです、後ろに置いてあった玉枠を取り振りかえってみると、水面で腹を返し竜宮城に帰っていきました。40㎝ぐらいあったのでとても残念でした。

 南東向きから南西向きに流れが変わってきました。7時27分、正面ぐらいでウキ入れ、道糸もパラパラと出ていきます。

 イサギと確信していましたが、これも予想外、大きなメバル、多分、自己新記録です。

18_DSCF2671-1.jpg

 流れは南西から南東の間でフラフラ、流れも弱く、餌取りが沢山、大苦戦です。

19_DSCF2673-1.jpg

20_DSCF2674-1.jpg

21_DSCF2672-1.jpg

22_DSCF2676-1.jpg

23_DSCF2675-1.jpg

 あちこち投げ分けると餌が残ってくる時も有ります。 ウキ下を浅くしたり深くしたり、10~18ヒロあたりと変えてみました。

 南東向き手前は12ヒロでベラが喰ってくる所が有ります。南向きはかなり深く20ヒロは入りそうです。南西向きは30mぐらい所に10ヒロぐらいのシモリが有るみたいです。そこを抜けるとかなり深いかも???

 西向きは投げてないので??? 北向きも12ヒロぐらいなら釣れるかもしれません。

 南向き、勝手に針掛かりしてきたのは、ウリボウ、ゼンゴ、小メバル。

24_DSCF2678-1.jpg

 北マクラまで釣れてしまいました。イサギの活性はかなり低い感じです。
 
25_DSCF2682-1.jpg

 9時12分、見回り船。まだ緩やかに南東向きの流れ。
 
26_DSCF2684-1.jpg

27_DSCF2683-1.jpg

 御五神方向から爆走してきた漁船が、6番の東側からモンの前まで網を入れていきました。

28_DSCF2685-1.jpg

 茶色い網でした。

29_DSCF2686-1.jpg

 10時を過ぎると完全に潮も止まり、風まで止んでしまい、暑くて暑くてまるで罰ゲームのようです。

 おにぎりを食べ、暫く休憩。南東向き、再開第1投目に久し振りのウキ入れでイサギ、11時15分の事でした。

 この1枚で少しテンションが上がったものの、この後も直ぐに餌取り沢山。

30_DSCF2687-1.jpg

 ハエ際は、黄色いスズメダイ沢山と30㎝弱のキツが数匹うろちょろしている状態でした。

31_DSCF2688-1.jpg

 もう完全に潮田んぼ、打つ手無し、ただ暑いだけでした。

32_DSCF2689-1.jpg

33_DSCF2690-1.jpg

34_DSCF2691-1.jpg

35_DSCF2692-1.jpg

 南向きの釣り座。割と平坦です。干潮になれば右前のフジツボの付いた平たい所に出ていけます。この状況で水深20㎝ぐらいでしょうか。潮が高い時には取込み時に非常に邪魔になってしまいます。

36_DSCF2695-1.jpg

 西裏向きの釣り座(船着)。足場はまあまあ。満ち潮の右流れの時のもう一人用。

37_DSCF2696-1.jpg

 西沖向き。西裏から南側への移動の時に通ります。少し前下がりで濡れると少し滑りそうです。

38_DSCF2697-1.jpg

 2番方向。潮が動いていません。

39_DSCF2704-1.jpg

 3、4番方向。

40_DSCF2703-1.jpg

 早磯1番方向。

41_DSCF2702-1.jpg

 6番方向。

42_DSCF2698-1.jpg

 モン方向。

43_DSCF2701-1.jpg

 7番方向。

44_DSCF2699-1.jpg

 8番方向。どこも流れていません。

45_DSCF2700-1.jpg

 納竿時間は13時30分、13時10分には片付けをして記念撮影。
 
46_DSCF2705-1.jpg

 13時31分、お迎え船到着。

47_DSCF2706-1.jpg

 家に帰り、お決まりの記念撮影。

48_DSCF2707-1.jpg
 
 今回は、朝の引き潮が南東側に少し動いただけで、満ち潮は本来の7番方向には全く流れず、本島横島水道に引かれて南東側への緩い流れとなりました。

 潮位差から予想はしていましたが、この流れでは餌取りには勝てません。

 2番も潮の流れが弱く大苦戦、4番も大きなキツに遊ばれたようでした。

 今回の最大の収穫は2番の攻略法が聞けたことでした。


 次回は28日の土曜日の夜釣り、場所は沖の島かマル秘ポイント。

 夜釣りがヤバイようでしたら、28日の中泊の昼釣りかなと思っています。

 21日の夜釣りの釣果や、他り場所の魚の喰い具合で決めたいと思います。

愛媛県・某沖磯

 2016年5月1日(日)~2日(月) 大アジを釣りたくて夜釣りに行っていました。

01_DSCF2599-1.jpg

02_DSCF2600-1.jpg

03_DSCF2603-1.jpg

04_DSCF2608-1.jpg

05_DSCF2610-1.jpg

06_DSCF2611-1.jpg

07_DSCF2613-1.jpg

08_DSCF2614-1.jpg

09_DSCF2626-1.jpg

10_DSCF2628-1.jpg

11_DSCF2629-1.jpg

12_DSCF2631-1.jpg

13_DSCF2633-1.jpg

14_DSCF2634-1.jpg

15_DSCF2637-1.jpg

16_DSCF2646-1.jpg

17_DSCF2649-1.jpg
プロフィール

へたくそ隊長

Author:へたくそ隊長
酒好き、男好き?の「へたくそ」釣り師です。
海釣り何ならなんでも有り、カゴ釣りをメインとしています。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。