HOME   »  中泊  »  第4回フレンドカップ(中泊、松島の高場(北))

第4回フレンドカップ(中泊、松島の高場(北))

 2008年1月20日(日) 中潮 満潮05時41分 172.4㎝ 干潮10時54分 119.9㎝ 満潮16時03分171.9㎝ 波1.0m 小雨 北西の風弱く 水温?度
   
 今年も釣具のフレンドの大会で中泊に行ってきました。ひので渡船、しば渡船の2船を貸切り、約60名の大会でした。

 受付時間終了間際の5時前にやっと港に到着します。大会本部にはへたくそ会の駕篭忍者宏さんがスタッフとして頑張っていました。寒い雨の中、ご苦労様でした。
01_IMGP3446-1.jpg


 宏さんにお願いしてMOTOさん、うーたんの3人で上がれるようにクジを引かせてもらいます。クジの結果、しば渡船の20 21 22番に決まりました。 

 6時50分、小雨が降る中出船、風が余り吹いてないのが幸いです。

 まずは中バエに向かいます。ここで愛媛渡船さんとジャンケンして負けてしまったようです。コデに2ヶ所くらい着け、小地島に2ヶ所ぐらい着け、岡向きに帰ります。中泊は余り行った事が無いのでチンプンカンプンです。

 次が私達の順番で松島の高場(北)に3人で上がりました。
02_matsushima_kita.jpg

02_-1matsushima_kita.jpg

 残りの方は鹿島のカンオンザキ、ソウベエに降りたようです。実はこの2ヶ所が大会の優勝、準優勝の魚が釣れた所でした。

 引き潮が鹿島の水道を東向きに良く流れています。魔鯛、イサギが良く釣れそうな感じです。本流狙いと準備を始めます。

 ここでトラブル発生、気合いを入れて道糸を巻き直してきたのですが、竿を伸べる時にほわっと出てしまいました。MOTOさん、うーたんから爆笑されてしまいます。こうなれば自分も笑うしかありません。
03_P1010128-1.jpg

 「絶対、切ったらいかんで」と野次られます。暫く格闘しましたが凄い状態で何ともなりません。
04_P1010129-1.jpg

 2人が見てない隙にこっそり切ってやっと竿を伸べます。

 ウキは1号、ガンダマ6Bに2号、4号ジンタンをハリスに打ち、まずはウキまで竿2本半の棚で本流を攻めてみます。

 本日のファーストヒットは自分の後ろ首辺りでした。手が届かないのでMOTOさんに外してもらいます。

 「隊長、これもネタですか???」
 「これでも真面目にやってるつもりなんですが・・・」

 MOTOさんに針とハリスをしっかり見られてしまいました。ちなみに4号ハリスに9号魔鯛針でした。始めからグレは捨てての魔鯛狙いの仕掛けです。

 7時52分、2流し目に50m沖ぐらいでウキが見えなくなり勢い良く道糸が走ります。合わせを入れ、MOTOさんいる右下の所に降りていきます。

 この優しい引きは33㎝ぐらいのイサギでした。「イサギが釣れますよ」と2人に声を掛けます。
05_IMGP3451-1.jpg

 東側(右下)で釣っているMOTOさん。落ちるのが怖いのか少し腰が引けています。
06_IMGP3449-1.jpg

 西側(左)て釣っているうーたん。足元より速い潮が流れています。
07_IMGP3450-1.jpg

 潮が暴れて中々良い所に流れず苦戦します。8時19分、同場所で又ウキ入れで同寸のイサギでした。この後、もう一枚追加します。
08_P1010131-1.jpg

 今度は最初少し糸が走りウキは見えなくなりますが、後の走りがありません。30秒ほど待って竿先できいてみると何かが喰っているようです。

 スルスルと付いてきます。イサギより少し重いかな、何と外道???本命???のグレでした。グレが勝手に喰っていました。34㎝ぐらいです、これで一応権利発生です。

 対岸の鹿島。
09_P1010133-1.jpg

 カンオンザキに2人見えてました。
10_IMGP3453-1.jpg

 いつの間にか、全員釣り座交代、潮下より隊長、うーたん、MOTOさんの順となっていました。
11_IMGP3455-1.jpg

 うーたんはハエ際から沖まで沈めて狙っていましたが、グレの気配が無いようです。
12_P1010132-1.jpg

 潮の流れは良いものの中々当りを引けません。棚を4本まで落とし、ウキも2号にチェンジし浮かしたままかなり沖まで流してみます。100mぐらいの所で久々にイサギが当ってきました。

 しかし11時になると引き潮も止まってしまいます。11時半頃に満ち潮が流れ始めました。この時点ではMOTOさん、うーたんはギブアップしていました。
 
 鹿島との水道は浅いだろと思い竿2本で流してみます。しかし流れが弱く手前側で引っかかってしまいました。

 仕掛けを作り直し、水道の中央を流してみます。20mぐらいの所で手にくる当りです。「きたでぇ」と頑張ってみますが、テクが無いので直ぐに張り付かれてしまいました。

 暫く、糸を張ったり緩めたりして出てくるのを待ってみます。後ろの方で声がします。
 「MOTOさん、潜っていって外してきてやったら、どう???」とうーたんが言っています。さすがに無理でしょう、爆笑です。

 12時を過ぎると船が港を出てきます、敢え無く納竿としました。
13_IMGP3456-1.jpg


 松島の高場(北)。
14_IMGP3457-1.jpg
 
15_IMGP3457-2.jpg

16_IMGP3458-1.jpg

 港に帰り検寸が始まります。一応小さいグレを出してみます。33.5㎝でした。
17_IMGP3460-1.jpg
 
 検寸が終わるとみんな集まって記念撮影。(しば渡船さんブログより拝借)
18_img_555207_29504726_0.jpg

 優勝は44㎝で理恵ママさんでした。岡田健二さんより賞品の竿を受け取ります。(しば渡船さんブログより拝借)
19_img_555207_29504726_1.jpg

 2位は40㎝で風林火山の眞規子さんでした。5位までが入賞で賞品を貰います。

 眞規子さんは魔鯛の72.5㎝も釣っていて他魚の部で優勝です。さすが有名人は上手な方が多いですね。

 理恵ママさんと眞規子が一緒に記念撮影しています。
21_IMGP3462-1.jpg

 うーたんは当日賞で柄杓を貰ってました。
20_IMGP3461-1.jpg

 当日はグレの喰いがかなり悪い状態でした。グレは8枚しか出てなく隊長は7位でB.B賞、シマノのレインウエアーを貰いました。
23_P1010135-1.jpg

 MOTOさんも帽子とタオル、ハリスを貰っていました。
22_IMGP3463-1.jpg

 本日、お持ち帰りの魚。イサギ1枚はMOTOさんとこに行きました。
24_IMGP3464-1.jpg

 イサギは刺身。
25_IMGP3465-1.jpg

 グレは湯引きにして食べました。
26_IMGP3466-1.jpg

 賞品の多い大会です。来年も是非参加したいと思います。
スポンサーサイト
Comment
イサキ、ありがとうございました
今年もフレンドカップは、修行でしたね。
でも、隊長のおかげでイサキを持って帰ることができました。
ありがとうございます。

この、イサキとグレは、隊長が捌いたんですか!
うまそうですね~!
釣れなくても毎年楽しいですね。
お祭りですから、もちろん来年も行きましょうね!
爆釣??
食いの渋い中で、さすが隊長様。

しっかりグレも釣って商品までゲット!!
イサギ3匹は大会竿頭の爆釣ではありませんか?
おめでとうございます。

それにしても、隊長様も長ちゃんも魚下ろしするのも最高ですね。うらやましい。
最近天気が…
へたくそ会らしさを発揮できていたのではと思います(爆)そのうちへたくそ会恐るべしといわれるようにしましょう。来年は私も参加します
レス遅くなました
●MOTOさん
今年も昨年以上に修行でした。でも、あのグレの活性の低さでは中々難しいものですね。
しかし、この時の隊長のフカセはカゴが付いてないだけの話で全く邪道なフカセ???釣りです。でも魚は喰ってきます、結果オーライでしょう。
魚はいつも自分が捌いています。胃袋の中の状態とか真子、白子だったのかと色々と分る事もありますよ。
来年も参加しましょう。

●kyo-chan
イサギは4枚でした。他の方は1人が1枚だけ釣っているようでした。イサギの喰いも良く無かったようです。
グレは完全にオマケでした。深みにいるグレは適当に喰ってきますね。

●TURUさん
そうですね、「へたくそ会」の名を売ってみましょうか、本当の「へたくそ」者として。来年は是非参加しましょう。
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

へたくそ隊長

Author:へたくそ隊長
酒好き、男好き?の「へたくそ」釣り師です。
海釣り何ならなんでも有り、カゴ釣りをメインとしています。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索
RSSフィード
リンク