HOME   »  スポンサー広告  »  スポンサーサイト   »  波止  »  佐田岬・某波止

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

佐田岬・某波止

 
 2008年10月18日(土)~19日(日) 中潮 干潮16時41分 満潮22時12分 干潮4時42分 満潮11時39分 月出19時58分 月没10時05分 月輝面85.3% 月齢18.8 晴れ 北の風弱く→北東の風強く 波0.5m 水温?度

 今回は先週と同じ佐田岬の某波止にリベンジ戦で行ってきました。同行者は「媛釣り人」さんちの掲示板で知り合った、るきさんと、へたくそ会会員のわがままTさんでした。

 14時前に津野町でわがままTさんと落ち合い、一路、佐田岬を目指します。るきさんは13時頃に松山を出発していました。
 
 15時44分、るきさんの方が先に狙いの波止に到着し、情報を流してくれます。

 「カゴ釣りしている方が太刀魚も釣るようです、どうしますか???」
 「何時まで釣るか聞いてみて」
 「23時頃まで釣るようです」
 「そしたら、そこの手前側で邪魔しないように釣りましょう、後2人行くと伝えて下さい」

 「夜になれば、もう1人連れの方が来るようです」
 「そうですか、今、八幡浜です、急いで行くようにしますね」

 やはり、土曜日です、もしかとは思っていましたが先客の方がいました。

 16時52分、やっと到着です。るきさんとは初対面で、色々と話しをしてみました。中々の好青年でした。今回の目標はるきさんに佐田岬で初魔鯛を釣らせる事でした。

 早速、ビールを呑みながら、るきさんの餌の準備、カゴ仕掛けを作るのにアドバイスをしてみます。辺りは少し薄暗くなってきました。絶好の夕マズメです。右側先端は先客の方が2人居るので、左側の磯場からカゴを投げるようにアドバイスしました。

 わがままTさんも準備が出来て、同場所から2人がカゴで様子を見てみます。

 17時52分、悠遊さんから入電、「隊長の近くの波止まで来ています、ここで太刀魚を狙ってみます」との事でした。悠遊さんも好き者です。

 1人の方がやってきました、先客さんの連れの方のようです。暗くて顔は分らないのですが、どこかで聞いたことがある声です。何とうーたんでした。会社の若い子2人に場所取りをさせていたようです。
01_IMGP6861-1.jpg

 先端でうーたんが準備を始めます。偵察に来るとは聞いていましたが、まさか同じ場所に釣りに来るとは・・・ さすが、うーたんです。
02_IMGP6861-2.jpg
 暫く、うーたん達の太刀魚釣りを傍から観察します。直ぐに若い子が4本指サイズの太刀魚を釣り上げました。今晩は爆釣モードになるのかな??? でも、そんなには甘くありません、その後、アタリが有りません。

 うちの組は真面目にカゴを打ち返しています。月が正面の山より出てきた20時半頃よりアタリが出るようになりました。わがままTさん、るきさんは入れポン状態になっていました。

 るきさんにも35㎝ぐらいの良型アジがヒットしました。
03_IMGP6862-1.jpg
 
 中々、良いサイズです。るきさんは後3枚ぐらい、わがままTさんも41㎝を筆頭に5枚ほど釣りあげました。
04_IMGP6863-1.jpg

 20時56分、悠遊さんに「大きなアジが釣れていますよ、こちらに来ませんか???」と誘ってみます。向こうの波止も太刀魚の気配が薄いようで直ぐにやってきました。 

 この調子でアジが喰い続けると思ったのですが、大きな月が海面を照らしだすと、ゼンゴが湧いて餌が持たないようになってしまいました。次の良型アジの回遊を待って、2人はカゴを打ち続けます。

 釣りもせずに暫く、うーたん、悠遊さんとの会話を楽しみます。うーたんは太刀魚の気配が無いので、若い子2人を残しさっさと帰っていきました。さすが、うーたんです。現場の見切りも早いです。

 うーたんに捨てられた2人も暫く粘っていましたが、太刀魚は一向に当らずに帰っていきました。

 右側先端が空いたのでカゴ仕掛けを準備して投げてみます。しかしどこに投げてもゼンゴばかり・・・  厳しい状態でした。23時半頃よりわがままTさんは車に仮眠に行きました。

 1時を過ぎた頃からは太刀魚を狙ってみます。悠遊さんと隊長は餌にキビナゴを付けて、ウキ釣りでやってみました。るきさんはキビナゴを縛りつけての引き釣りです。

 開始早々、るきさんの仕掛けに太刀魚が当ってきました。指3本サイズで先週よりかなり小振りのサイズでした。太刀魚が居るのが分ったので気合いを入れて釣り続けました。

 ウキ釣りの方はゼンゴがキビナゴを咥えて引っ張っていくだけで本命の太刀魚が中々喰ってきません。2時前、やっと悠遊さんが少し沖の方で喰わしました。これも3本指サイズでした。

 2時01分、苦戦していた隊長にも太刀魚が喰ってきました。これも3本指サイズでした。
05_IMGP6864-1.jpg

 その後、悠遊さんと隊長が1本ずつ釣り上げ、太刀魚の気配が無くなってしまいました。3時頃まで3人で粘ってみますが、アタリは無し、悠遊さんとるきさんは車に仮眠をとりに行きました。

 隊長は波止の上で横になってみますが、蚊の羽音が気になり全然眠れません。直ぐに太刀魚釣りを再開しました。

 4時を過ぎると太刀魚の群れが入ってきたようで当ってきますが、中々針掛かりしませんでした。4時17分にやっと3本目をゲッチュしました。
06_IMGP6865-1.jpg
 今度は4本指サイズでした。続けて3本指サイズがヒットしました。悠遊さんに「太刀魚、当ってますよ」と電話を入れます。しかし、その後は全くアタリ無し、群れが少なく、通り過ぎたようでした。

 隊長の太刀魚の釣果、指3~4本サイズを4本。
07_IMGP6866-1.jpg

 明け方より、カゴ釣りを再開します。まだ暗い内に悠遊さんが小鯛を連発、今日は良いかもと期待します。しかし餌取りが少ないです。

 6時32分、一番右手を攻めていたるきさんが竿を曲げています。横で見ていると玉助がいるサイズのようです。本日の初魔鯛、少し小さいですが、るきさんが釣ってくれました。るきさん、佐田岬での初魔鯛、オメデトウございます。
08_IMGP6868-1.jpg

 39㎝の綺麗な魔鯛です。これで今回の最大の目標をクリヤして、にわか指南役としてはホッとしました。
09_IMGP6870-1.jpg

 某釣り雑誌の取材が来て、わがままTさん、るきさんが魚を持って写真撮影してもらいました。
10_IMGP6872-1.jpg

 2人の釣果です。
11_IMGP6871-1.jpg

 今日はお魚さんのご機嫌がすこぶる悪いようです。どこに投げても殆ど刺し餌が残ってきます。寄ってくるのはカモメさんだけでした。
12_IMGP6874-1.jpg

 ふとみると、同行の方のウキが中々立ちません。その前方には1羽のカモメが・・・ 少し竿を煽ってみます。すると前方に居るカモメが反応しました。どうも投げた瞬間に刺し餌を喰ったようです。仕方なく回収してみます。
13_IMGP6875-1.jpg

14_IMGP6876-1.jpg

15_IMGP6877-1.jpg

 玉助は難しいのでハリスをたぐって寄せてみます。
16_IMGP6879-1.jpg

 かなり怒っています。
17_IMGP6880-1.jpg

 この後、隊長が捕まえ、首を持ちました。針がしっかり口ばしに掛かっています。釣った本人が羽にぶたれながら、口ばしで突かれながら、針を外しました。カモメ君、二度と喰ってこないでね。

 本当に餌取りの居ない厳しい状態でした。北東の風も強くなってきて釣り難いです。少しずつタナを深くしていきます。9時04分、やっと本日始めてのウキ入れです。何とか40魔鯛を捕獲しました。
18_IMGP6882-1.jpg

 9時39分にも同じ場所でウキ入れ、今度は42チヌでした。
19_IMGP6883-1.jpg

 この後、11時40分まで粘ってみましたがウキ入れ無し、さすがに最後には心が折れて納竿としました。

 
スポンサーサイト
Comment
鯛に太刀魚に…
カモメの助太刀にと、ええ働きをされてますね。
さすが、隊長です。
それにしても、ここの鯛はみんなきれいですね!!
・・・
カモメを羽交い絞めにしたのは久し振りでした。かなり凶暴な奴でした。

がまかつ竿を操る、凄腕の釣り師の方の指に猛アタックして、思わず離しそうになりました。(爆)
焼き鳥?
毎回釣果を上げてますね!入釣者の多い波止でこの釣果は立派です!しかしさらに入釣者を増やしてはいけません(爆)
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

へたくそ隊長

Author:へたくそ隊長
酒好き、男好き?の「へたくそ」釣り師です。
海釣り何ならなんでも有り、カゴ釣りをメインとしています。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。