HOME   »  スポンサー広告  »  スポンサーサイト   »  その他色々  »  最近の釣果

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最近の釣果

 最近、貧果続きでブログ更新をサボっていましたが、久々に書いてみます。

 ① 2011年5月14日(土)

御五神行きで宇和島まで行っていましたが、宇和島のロングのトンネルに入る午前4時過ぎに船頭さんよりTEL、「西南西の風が強く吹いているから、出船は無理よ」

 「やはりですか・・・ 風向き、強さを携帯からチェックしながら行っていたので、ひょっとしたらとは思っていたのですが・・・ ここまで来て欠航は無いでしょう・・・

 渡船組合からの欠航の決定では無いようなので、他の渡船なら出船するかもとは思ったのですが、それではいつも行っている渡船屋さんに悪いような気がして別の場所に行くように検討します。

 まずは日振島の船頭さんの携帯にTEL。しかし客の予約が入っていないとの事で欠航。こうなれば、蒋渕に行って港から直接船頭さんにTELしてみます。

 1番船は出ていたものの、無理なお願いをして2番船で出船。中鵜留止、契バエは他船から上がっていました。大鵜留止1番も自船の客が上がっています。

 大鵜留止2番に初めて上がってみました。ここなら大鵜留止1番から釣れているイサギのポイントの横が攻めれる筈です。

 大鵜留止2番から見た大鵜留止1番。常連さん達2人が釣っています。
IMGP8668-1.jpg

 南西側。黒島、向こうには御五神の寝床が見えています。
IMGP8669-1.jpg

 ウキ下を変えながらせっせと打ち返しますが、潮が動かずに餌取りに翻弄。たまにウキを沈めるのはコッパグレ、磯ベラ、ガシラ君、小鯛でした。

 大鵜留止1番も餌取りに苦戦しているようで、2人で中型魔鯛を3枚釣るのがやっとのようです。

 大鵜留止1番が12時に磯上がりするので、大鵜留止2番から1番に磯替わりする事に。

 やはり、ここも餌取りが沢山、潮も殆ど流れていません。納竿前に少しだけ右沖に流れ始め、そこで同礁者が小鯛を2枚ほど、隊長には最後の最後に間違いでイサギが釣れました。35㎝ぐらいでした。
IMGP8671-1.jpg

 抱卵でお腹が張っているものだと思っていましたが、沢山のボイルが出てきて卵は少ししか張ってなかったです。




 ② 2011年5月22日(日)

 昨年末より近所の叔父を津島マリンの貸し船でモイカ釣りに連れていくとの約束をしていたので、行ってみました。

 モイカ釣りからは最近遠ざかっていました。波止からのウキをつけた泳がせ釣りは、以前かなりやった事があるので感じは分っています。しかし津島マリンの貸し船からの掛かり釣りのモイカポイントは、真珠ブイの直下に産卵の為の木の枝を沈めています。水深は20~30mぐらいあるようです。

 だから通常のウキ釣りでは難しく、仕掛けを底に沈めて穂先でアタリを取る釣り方となりました。

 モイカが居れば直ぐにアタリがある筈です。しかし、穂先にアタリの反応は有りません。近くで釣っている船の方にもアタリが無いようです。

 モイカが居ないのか、潮が悪いからやる気が無いのか、全く判断出来ません。そこへ、丁度津島マリンのキャプテンが見回りにやってきて、色々とアドバイスをしてもらいました。

 最近、この辺が良いようのでポイントを替えずにもう暫く粘ってみます。余りに退屈なので叔父がカゴを振りだしました。すると30㎝ぐらいのグレが釣れるではありませんか、モイカ釣りをしながらカゴも投げてみました。

 潮は少し左沖の方に緩やかに流れています。餌取りは殆ど居ない状況です。

 数投後、ウキがズッポリと入り道糸がスルスルと出ていきます、良い感じのウキ入れです。まずまずの重量感、少し抵抗もしています。深いので無理をせずにゆっくりとやりとりをしました。

 3回ほどポンピングで寄せた頃にテンションが・・・ 針外れ??? ハリスは細いとはいえ切られるほどの引きでは無かったです。

 仕掛けを回収してみるとハリスがザラザラに、途中のシモリ有るらしく触ったようです。ハリスを少し太くして気合いを入れ直す事に。

 暫くして2度目のウキ入れが。今度は簡単に寄ってきます。首を少ししか振らない引きなので多分チヌだと予想していましたが、予想通りのチヌで53㎝でした。
IMGP8672-1.jpg
 
 貸し船のイケスで泳いでいるモイカの餌用のゼンゴです。喜んで沢山買ってきていたのてすが、移動時の酸欠と水温が高くなったせいか、生きていたのは20匹ぐらいでした。
IMGP8673-1.jpg
 
 同船した会社の先輩のモイカ仕掛けにアタリがあったようで巻いています。1㎏弱のモイカがゼンゴを抱いていますが、残念がら針掛かりしていなくてバレてしまいました。

 これで少しやる気が出てきました。生きの良いゼンゴに付け替えアタリを待ちます。又々、先輩にアタリが。今回はもう1ハイのモイカが付いてきてゼンゴにアタックしていました。

 これも針掛かりが悪くバレてまいました。しかし、墨は吐かなかったのでまだまだチャンスは有ります。マジモードで釣りますが、潮が船の方に当ててくるようになり反対側の真珠のブイに移動ました。

 こちら側からなら、モイカもカゴ仕掛けも両方出来ます、暫く粘ってみましたが、両方ともにアタリが無く、場所移動しました。

 もう時間も少ないのでモイカ釣りは断念してカゴ釣りに専念します。西沖側のポイントに移動したのですが、北西風が強くあたり、潮も流れていない状況でした。

 ここで小鯛、ガジラを数枚釣り、14時前にギブアップしました。

 他のモイカ釣りの方は11時頃よりの潮で8ハイ釣っているのが最高で、後の方は数ハイ程度だったようです。

 教訓、初めての釣りは難しい、熟練者の指導がないと簡単には釣れない、本当に良く分りました。




 ③ 2011年5月28日(土)

 本当は沖の島での夜釣りを計画ていましたが、生憎の台風2号の接近で中止。中泊の朝釣り、日振島も出船出来そうにないです。

 無駄な抵抗はせず、じっとしておけば良くのですが、釣り行きたい病がうずきます。28日の朝の内なら雨、風ともに強くないと判断して佐田岬の波止に行ってきました。

 気合いを入れ、4時前から竿を振ります。風は北東の風がそこそこ、雨は少し降っているぐらいでした。潮は明確に流れていません。上潮が風に吹かれて湾奥にいっているような感じです。

 2投目に餌がかじられます、多分ゼンゴでしょう。やはり3投目にゼンゴが釣れました。モイカの餌に丁度ですが、荷物を軽くする為に竿を1本しか持ってきていません。

 モイカ仕掛けの竿は車まで取りに戻らなくてはいけなく、泣き泣きカゴを振っていました。ゼンゴが3匹釣れ、夜明けのゴールデンタイムを迎えます。

 潮は流れていませんが、一発、大判魔鯛の当る波止なので集中力を高めます。しかし、アタリは無く夜が明けていきました。

 ウキがポコポコしています、またゼンゴかな??? 少し重いので違うようです。全く予想していなかったフグでした。
IMGP8674-1.jpg

 6時前、潮が少し右沖に流れ始めました、魚が喰う感じの潮です。すると直ぐにウキ入れが。小鯛か??? チヌか??? 43㎝のチヌでした。
IMGP8675-1.jpg

 何故か、最近チヌばかりです。次の1投でもウキが入ります。これはもっと頑張りますが、チヌの引きです。51㎝でした。
IMGP8676-1.jpg

 この後、直ぐに流れは弱くなり餌取りばかりとなりました。風は北西向きになり凌ぎ易くはなったのですが、雨は時々強く降ってきます。

 見渡す限り釣り人は居ません。車もほんの数台通っただけで、みんな天気を嫌がっている感じでした。

 潮は一向に流れてくれません、時間が経つと餌取りの反応も薄くなってきました。風が又、北東側に変わり、かなり寒く感じてきました。

 かなり頑張ったのですが、11時前にギブアップしてしまいました。

 帰りに他の波止も覗いてみたのですが、モイカ釣りの方が1人頑張っているだけでした。
 
 今度は潮の流れる所で釣ってみたいとつくづく感じる1日でした。

 次回は、6月5日の日曜日にイサギ狙いで宇和海の沖磯に行くようにしています。しかし、梅雨入りになったので難しいかもしれませんね。
スポンサーサイト
Comment
残念でした。
昨年に続いて‥in沖ノ島中止になり残念でした…
期待していたのですが‥最強コンビの力ですかね~
今週末は‥釣りに行きたいですね

鯛長~‥お願いします
しかし・・・
意地で釣ってますね。なぜかチヌに好かれてますね(笑)今週末はチヌがいない場所ですから頑張ってください
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

へたくそ隊長

Author:へたくそ隊長
酒好き、男好き?の「へたくそ」釣り師です。
海釣り何ならなんでも有り、カゴ釣りをメインとしています。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。