HOME   »  スポンサー広告  »  スポンサーサイト   »  御五神  »  御五神 寝床1番→平場

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

御五神 寝床1番→平場

 
 2007年5月27日(日) 若潮 満潮03時56分 178㎝ 干潮10時33分 73㎝ 満潮16時58分 170㎝ 波0.5→1.0m 北西の風弱く 晴れ 水温19度?

 今回も懲りずに御五神に行ってきました。前日までどこに行こうか迷っていましたが会員のてんしょうさんが御五神に行くので付いていきました。

 家を1時30分に出発、途中宇和島で朝食をとり4時過ぎに船着きに到着。車が4台停まっています、フカセ、カゴ共に喰いが良くないので客は少ないです。

 フカセの客5名と私達2名を乗せ定刻4時45分に出船します。今日は良い凪ぎです。船首にいても波を被りません、5時15分には寝床沖に到着。
01_IMGP0958-1.jpg

 本日は田島渡船がクジの親です、てんしょうさんが親をやります。
02_IMGP0952-1.jpg

 親は残りクジです、今日は7船の2番クジでした。 
DSCF0639.jpg

 平場、イマバリと交換出来無いか問い合わせてもらうも駄目のようで寝床1番にてんしょうさんと2名で上がる事に。

 南側は引き潮が少し沖に出ています。てんしょうさんは今日は試作ウキのテストなので高場よりカゴを投げます。私は南船着きでフカセでやってみます。

 引き潮は2番沖側より満ち潮に似た北東方向に流れを変えます。船着き前のシモリ際を流れるようになりました。ウキが入ります、餌取りです。メンドリ(オジサン)を釣ってしまいました。
03_IMGP0959-1.jpg

てんしょうさんは餌が落ちないと嘆いています。
04_IMGP0961-1.jpg

 試作の「てんしょうウキ」良く飛んで羽が大きく見易かったです。
05_IMGP0962-1.jpg

又直ぐにハエ際でウキ入れ、今度は磯ベラ君でした。
06_IMGP0963-1.jpg

 次はカジラ君・・・
07_IMGP0964-1.jpg


 潮が余りにもハエ際を流れるようになり8時前に北側に移動する事に。

 南側船着き付近。
08_IMGP0965-1.jpg

 北側に移動、2番は誰も上がっていません、やりたい放題です。

 北側から見たサンタバエ。
09_IMGP0966-1.jpg


 潮は2番北側をかすめ由良半島方向に流れています。北側は2番との水道を引かれて北東方向に流れ、沖で引きの本流に乗っています。ハエ際に撒き餌をしても何も見えないので仕掛けを重くして棚も深く取り、速い潮の中を探ってみます。沖の引き潮の中で潜らせて当りを探るも餌取りが少しかじる程度でした。
10_IMGP0967-1.jpg

 8時17分、田島の親父さんが見回りに来ます。平場が空いているようでハエ変わりします。
11_IMGP0968-1.jpg

 船から見た3番、2番水道側で2名、4番側で1名釣っていました。
12_IMGP0970-1.jpg

 5番、誰も上がって居ませんでした。
13_IMGP0971-1.jpg

 サンタバエ、1名釣っていました。
14_IMGP0972-1.jpg

 移動中の隊長。
15_IMGP0974-1.jpg

 本島陰にうえむらの親父さんの船発見、朝の抽選には遅れてきたようです。
16_IMGP0977-1.jpg

 8時33分、平場到着、隣の亀の首では2名が釣っていました。
17_IMGP0980-1.jpg

 平場ではカゴに仕掛けをチェンジします。潮は引き潮が緩くイマバリ方向で出ています。14ヒロより開始。

 てんしょうさんは12ヒロで、しかし餌取りが居ないようです。80枠の玉網が凄く大きく見えます。
18_IMGP0981-1.jpg

 桑バエよりイマバリとの間をタナを深くしながら探っていきます。深くすれば餌は落ちるようになってきました。 
19_IMGP0982-1.jpg

 潮が止まりかけた10時28分に初めてのウキ入れです。ウキがポコポコ、道糸も少ししか持っていきません。案の定小鯛でした。
20_IMGP0983-1.jpg

 10時57分、ウキ入れがあるも又しても小鯛・・・
21_IMGP0984-1.jpg

 11時07分、ヒナダン先端でフカセで釣っていた人にヒットです。玉助します、35㎝ぐらいのグレのようでした。
22_IMGP0985-1.jpg

 11時16分、今度はマトモなウキ入れです、道糸が走ります、頭を振り少し抵抗しています。無理に抜き上げずにてんしょうさんの80枠で掬ってもらいます、46㎝の何とか魔鯛と呼べるサイズでした。
23_IMGP0986-1.jpg

 11時37分、又しても私に当りが・・・小鯛でした。
24_IMGP0987-1.jpg

 ゆっくり取り込んだのですが脱腸していました。魔鯛は水圧変化に弱い魚です。良型を掛けた場合はゴリ巻きして弱らして取り込みましょう。
 12時を過ぎた頃にやっと満ち潮が流れ始めました、良い雰囲気になってきます。しかしここから刺し餌が残り始めました。たまに餌取りがつつく程度です。

 12時37分、仕掛けを回収していると餌取りが掛かっていました。丸ハギ君です、これが餌を触っているようでした。
 25_IMGP0988-1.jpg

 13時を過ぎると渡船が一斉に動き始めます、もう少し攻めたかったのですがこの辺で納竿としました。

 平場。満ち潮になると少し波気だってきました。
26_IMGP0989-1.jpg

 ヒナダン。
27_IMGP0990-1.jpg

 桑バエ。
28_IMGP0991-1.jpg

 ヒデサンのシモリ(カサバエ)。
29_IMGP0993-1.jpg

 高場のシモリ。
30_IMGP0994-1.jpg

 高場。
31_IMGP0995-1.jpg

 クロカワ。
32_IMGP0996-1.jpg

 同船の方がイサギバエに上がっているようです。
33_IMGP0997-1.jpg

近くでみると割りと足場の良いハエでした。しかし満ち潮で荒れている時には被り気味です。
34_IMGP1000-1.jpg

 イサギバエの方は丸ボーだと嘆いていました。

 寝床島。
35_IMGP1003-1.jpg


 帰りに一文字に寄ります、まだここで一人が降りて釣るようでした。
36_IMGP1004-1.jpg

先端でコッパグレを釣っていました。
37_IMGP1005-1.jpg




 本日の釣果  魔鯛1枚 46㎝、小鯛3枚
        てんしょうさんウキ入れ無しの完全丸ボー



 
 てんしょうさんとのウキ入れの差はタナ取りと攻めるポイントの違いのようでした。浅いタナで餌が残る場合は深めていけば餌は落ちるようになります。私は14~22ヒロの間を探っていました。17ヒロで4枚魔鯛が釣れてきた状態でした。

 イサギはまだまだのようです。グレも沖には湧きグレは居るのですがハエ際では見えない状態でした。

 例年だと梅雨入りの時期よりイサギ、グレ共に喰いが良くなってくると思われます。今年のイサギの喰いに期待したいです。

38_IMGP1006-1.jpg

スポンサーサイト
Comment
やっぱり、感じやすいんでしょう?
やっぱり、敏感なんでしょう!
22ヒロなんて、深海まで入れているのに、カワハギのかすかなアタリまでとらえて、真鯛針で釣ってしまう…。

隊長さんって、感じやすい方だったんですね(爆)

一番最後の赤い魚は、なに言うさかなですか?
もらったことはあるけど、僕の針にはかからないさかなです!
あれは
MOTOさん、最後の赤いのは、超へたくそにしか釣れない魚で、学名は「ウヨチイタソクタヘ」って言います。
???
●MOTOさん
カワハギ君は勝手に喰ってました。針は魔鯛針の9号です。
以前25ヒロまで入れてみましたが正面沖ならウキが立ちます。水深50mはあるようです。
ちなみに底物の方はハエ際で35m仕掛けが入ると言っていました。

●てんしょうさん
私が余りに深く釣ってしまいペースを乱されたようですね、本当は12~14ヒロで喰わしたい所ですね。
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

へたくそ隊長

Author:へたくそ隊長
酒好き、男好き?の「へたくそ」釣り師です。
海釣り何ならなんでも有り、カゴ釣りをメインとしています。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。