HOME   »  日振島  »  日振島・大崎の中

日振島・大崎の中

 2011年6月25日(土) 小潮 満潮1時27分 173.7㎝ 干潮8時25分 64.5㎝ 満潮15時00分 150.3㎝ 晴れ 南東~南西の風が山越しで弱く 波0.5m 水温21.8度ぐらい

 今回は、25日(土)の晩に日振島での夜釣りを計画していましたが、台風5号の影響で24日(金)の朝の時点で欠航が決定となりました。

 釣りに行くと決めたら、自制心のブレーキが効きません、どこであろうと竿を出す覚悟です。

 船頭さんが「25日(土)の昼釣りなら問題なく出れるよ」

 即答で、「夜釣りが出ないなら昼釣りに行きます」

 こうなれば、暑いのは覚悟の上で気合いを入れました。

 夜釣りなら、雨が降らなかったら11人、雨が降っても6人が行く予定でした。しかし、夜釣りが中止となり「昼釣りに行くよ」と言うと、みんなドン引き、残ったのは神さんの1人だけ、さすが神さんは中々の根性者です。

 定刻4時20分の5分ぐらい前に11人の昼釣りの客を乗せて出船。4人は底物、後は上物ですが、カゴ客は隊長達2人だけのようです。

 数日前から強い南風が吹いて南磯は使えない状況、北磯にほぼ全船が集合すると予測。くじ運次第ですが、フカセ磯も視野に入れカゴでもフカセでもOKなように準備はしていきました。

 と言っても隊長の場合、フカセ竿は3本、カゴ竿は3本がいつも竿袋に入っています。結局、いつでも何釣りでもOKなんです。

 今回は矢ヶ浜手前での抽選、くじ親は当船、隊長がくじ親に出ていきました。5船のくじ、最後に残ったのは3番でした。

 ハエ割りを見てみると、大本命の「大崎の中」が、直ぐに「大崎の中と、大崎の中の左隣」と希望します。足場の良い方に神さんに上がってもらう作戦としました。

 大崎の中の前に到着、足場は左横が良さそうので隊長が大崎の中、神さんが左横に上がりました。

 5時14分、大崎の中の左横に上がる神さんです。
01_IMGP8775-1.jpg

 東側、綺麗な朝日が上がっていました。
02_IMGP8776-1.jpg

 右隣の門口、6月11日(土)の晩に夜釣りで上がっていた所です。今回は他船のフカセの方が2人上がっていました。
03_IMGP8777-1.jpg

 準備を始める神さん。潮位は110㎝ぐらいだったと思います。前を渡船が通過すると、引き波が平たい所まで上がってきていました。
04_IMGP8778-1.jpg

 潮は引き潮が右側の門口方向に流れています。11日の夜釣りでのデータを亀吉さんから聞いていたので攻めるポイント、浮き下は把握出来ていました。後はイサギを喰わすだけです。

 1投目から餌取り、その後も餌取り・・・  夜釣りはやってなかったのでモーニングサービスはある筈のに・・・

 非常にヤバイ感じです。しかし15投ほどした頃に綺麗に浮き入れが。6時10分にやっと1枚目のイサギが釣れました。
05_IMGP8781-1.jpg

 最初の1枚は大事に玉助、しかしその後は入れポンになり強引にぶり上げる事に。ここは足場が余り良くありません。針掛かりの悪いのは糸を緩めると直ぐに外れてしまいます。それを足で踏みつけ〆る事に。

 5枚目ぐらいに40UPの良型が、しかし〆め損ねて海に帰っていきました。潮は少し右沖に流れを変えましたが、こんな調子で10枚強が釣れました。

 潮が真沖に出ていくようになりイサギの浮き入れは無くなり、刺し餌も残りだしました。少し深くして流してみます。

 そうすると浮き入れが、40㎝のグレでした。7時53分には50㎝のグレが釣れました。
06_IMGP8782-1.jpg

 この後、48㎝のグレを追加したところで潮が左沖に流れを変えました。すると刺し餌はボチボチと取られるものの浮き入れは無くなってしまいました。

 8時頃の状況、今回は神さんもイサギの顔が見えたようです。潮位は70㎝ぐらいだと思います。
07_IMGP8783-1.jpg

 真沖方向。
13_IMGP8790-2.jpg

 右前、尾島のローソク方向。
08_IMGP8784-1.jpg

 右隣、門口方向。
09_IMGP8785-1.jpg
 
 干潮を過ぎても潮は左沖に流れていきます。沖に流しても小鯛だけです。

 9時22分、やっと見回り船がやってきました。右隣の門口は竿を仕舞って、ハエ替わりをするような感じでした。

 渡船の乗り込み、門口が替わりそうなので、神さんを左隣から門口にとハエ替わりを交渉。
10_IMGP8787-1.jpg

 大崎の地は4人が上がっていましたが、1人が釣っているだけで、後はブラブラしていました。フカセは厳しいようです。
11_IMGP8789-1.jpg

 門口にハエ替わりする神さん。
12_IMGP8790-1.jpg

 門口からは左沖向きに良い感じの潮が流れています。ここからも釣れそうな潮ですが、時間が経つにつれ魚の活性は下がっていきました。沖まで流しても小鯛しか喰ってきませんでした。

 13時を過ぎた頃にやっと右流れになりました、これがラストチャンスです。朝のポイントとは少し違ったものの何とかイサギを3枚追加する事が出来ました。しかし型は小振りでした。

 13時40分、渡船が動きだしたので納竿としました。

 左方向、潮位は140㎝ぐらい。
14_IMGP8795-1.jpg

 真沖方向。
15_IMGP8796-1.jpg

 右前方向。
16_IMGP8797-1.jpg

 右前、尾島のローソク方向。
17_IMGP8797-2.jpg

 右横、尾島、門口方向。
18_IMGP8797-3.jpg

 本日の釣果。
 イサギ15枚ぐらい(最大38㎝)、グレ3枚(50 48 40㎝)、小鯛7枚ぐらい。
19_IMGP8797-4.jpg

 港で記念撮影、少しは渡船屋さん情報には協力出来ました。
20_2011_06_2520taichuo20isagi.jpg

21_2011_06_2520taichou20cooler.jpg

22_2011_06_2520taichou.jpg

24_2011_06_2520taichoutomo.jpg

 本当に激暑の1日でした。余りに真面目に釣り過ぎて日射病寸前でした。夏場は充分な水分補給と陰なのでの休憩が必要だと感じました。

 次回は7月9日(土)の晩に、日振島の夜釣り行きを予定しています。
スポンサーサイト
Comment
こ、困りますねぇ、鯛長さん、日振を勝手に荒らしては・・・・

しかし、魚を持った鯛長の顔、目の辺り黒抜きに見えるンぢゃが、こりは身元がバレぬよう個人じょーほーなんちゃら修正画像ぢゃおか?
そりとも神さんの呪い心霊写真か、単なる日焼けかにゃ?
意地というかなんと言うか・・・流石です。熱中症予防の飴?も出てますので持って行くといいですよ。大漁おめでとうございます
>日振よね? ちゃん
ありゃ、昼釣りにはお誘いしなかったですかね???

隊長に今更個人情報保護なんかは有りません、逆光とサングラスのせいですね。
神さんの呪いですか・・・ それは少しは感じています。
次回は、ゆ~ゆ~さんと上がってもらうように段取りしてみます。

>TURUさん
一緒に来れば良かったのに。昼釣りでも魚はボチボチと釣れますよ。
しかし、気合いと根性がいりますね。
熱中症はかなりヤバイと本当に感じました。
7月9日は何が何でも行きましょう。
分別ある・・・
分別のあるへたくそ会員もいるのですね。(笑)
目から鱗。
10数名が参戦したのかと思っていました。その中で、遠投のTuru氏はどれだけ爆釣したのかとBlogチェックするのに一向に更新がない。
おっかしいなーと思っていました。納得です。

隊長様 そこまで無理してやると魚の餌になりますよ。ご用心ご用心。
7月9日は、目立たぬよう、じゃまにならぬようにこっそりと餌撒きに行きます。
流石やね!
お肴釣りに逝きたいなぁと想うも暑いので、涼しくなるまで引きこもり(笑)
>星遊会様
他の会員さんはほぼまともな感じです、しかし、隊長だけがその辺はかなり突出しているように思われます。
魚の餌ですか・・・ なっても良いかなとも思っています。
7月9日は楽しみにしておきますね。

>ハブ汚さん
一番嫌な季節となりましたね。
涼しくなり昼釣りが出来るようになればご一緒しましょう。
ジキングばかりじゃ無く、磯釣りの奥義を教えて下さいね。

心霊写真
隊長、あの日から猛暑の始まりですね。

門口の穴の中から大声で隊長に話しかけると釣れ、釣れと合図を送っていましたね。

ですから、隊長の釣果写真は私の心霊が乗り移っています。
(笑)
そうゆう訳です。よねちゃん。
今日の夜釣り
さるお方が、今晩、神さんが最初に上がっていたハエで夜釣りをしているようです。
大潮なので、かなり潮位が上がってきて激ヤバになっている模様です。
これも、神さんの呪いでしょうか???

Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

へたくそ隊長

Author:へたくそ隊長
酒好き、男好き?の「へたくそ」釣り師です。
海釣り何ならなんでも有り、カゴ釣りをメインとしています。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索
RSSフィード
リンク