FC2ブログ
HOME   »  三崎、宇和海側  »  三崎宇和海側・ハカセバエ(夜釣り)

三崎宇和海側・ハカセバエ(夜釣り)

 2017年12月29日(金)~30日(土) 中潮 満潮 16時31分 190.7㎝ 干潮 23時15分 38.3㎝ 満潮 6時0分 197.2㎝ 月出 14時02分 月没 3時35分 月輝面 87.1% 月齢 11.8

 12月には何かと野暮用が有り、今回が釣り収めとなってしまいました。

 予報では北西風が緩むようにとなっていますが、港ではまだ爆風が吹き荒れていました。

 昼釣り客が居るようで、13時29分に出船します。

01_DSCF4432-1.jpg

 この時期の夜釣り客は気合いが入っています。

02_DSCF4433-1.jpg

 まずはツブセに2人が夜釣りで上がります。

03_DSCF4435-1.jpg

 続いて星遊会の猛者2人がウマに半夜釣りです。

04_DSCF4436-1.jpg

 ウマを回ると北西風も当りが弱くなり、余りシブキも被らずにハカセバエ到着。

 14時31分の状況。

05_DSCF4437-1.jpg

 満ち潮が左前の離れ磯をかすめ良い感じで流れています。

06_DSCF4438-1.jpg

07_DSCF4439-1.jpg

08_DSCF4440-1.jpg

09_DSCF4441-1.jpg

 とにかく明るい内は最初の数投が勝負、急いで仕掛けを組みます。

 最初から直ぐに餌が残りません。4投目で40ぐらいの魔鯛を捕獲。

10_DSCF4442-1.jpg

 小さなスズメダイ、小さなアイゴ、浮きには反応が有ります。

 やはり、良型のウマズラ君も居ました。こいつはアンテナが折れていました。

11_DSCF4443-1.jpg

 15時35分の状況。

 北西風が17mぐらい、流石に西側より吹き回してきます。仕掛けも投げ難く、道糸も大きく取られてしまい釣り難い状況です。

12_DSCF4444-1.jpg

 バッカンや道具が飛んでいかないかヒヤヒヤ物でした。

13_DSCF4445-1.jpg

14_DSCF4446-1.jpg

15_DSCF4447-1.jpg

 潮下大遠投作戦のT師匠に初の浮き入れ。

 48㎝の良く太ったグレ、頂きました。

16_DSCF4448-1.jpg

 やはり餌取りが湧いて勝負になりません。ともかくお土産は確保出来たので記念撮影。

17_DSCF4449-1.jpg

 16時32分、やっと35イサギ。しかし、後は続きません。

18_DSCF4450-1.jpg

 16時50分の状況。

19_DSCF4451-1.jpg

 風向きが変わったのか、かなりましになりました。

20_DSCF4452-1.jpg

21_DSCF4453-1.jpg

 T師匠、餌取りが多く夕まずめまで戦線離脱。

22_DSCF4454-1.jpg

 17時過ぎ、辺りが少し暗くなってきました。ケミを付けての夜釣り開始です。

 満ち潮の流れはかなり弱くなってきます。


 イサギのつもりがメバル君。

23_DSCF4456-1.jpg

 30ぐらいの中アジ。

24_DSCF4459-1.jpg

 ここで潮変わり、引き潮が左側に流れ始めました。

 最初は速い横滑りの流れ、ここでT師匠に50ぐらいの魔鯛が釣れました、さすが効率良く釣ります。

 隊長にはイサギ、中アジ、ゼンゴ太りが。

 餌が残りだしたのでかなり沖まで流してみます。

 潮は次第と左沖向きへと変わっていきます。

 
 19時過ぎ、100mほど流したところでゆっくりとした浮き入れ、満ち糸も走りません。

 ゼンゴかな??? 合わせを入れると良い感じの手応えで、頭を強く振っています。

 70アップの良型魔鯛の感じ、しかし、掛けた方向が良くありません。

 道糸は左前の離れ磯の直ぐ左側を通っていて、かなりヤバいです。

 竿を左に寝かし渾身の力で浮かしにかかりますが、やはりパワー不足、浮き止は出ていましたが最後に魚が瀬際に突っ込んでしまい張りつきました。

 今回もやってしまいました、本当にへたくそです。(泣)


 21時前になると早くも引き潮の流れが弱まります。

 干満差が少ないと早くに満ち方向に流れるようです。


 少し休憩して今までの釣果撮影。本来ならこれで十分。

25_DSCF4464-1.jpg

 21時を過ぎると満ち方向の流れとなりました。2時間ほど早い感じです。

 このチャンスでT師匠が中アジ、ゼンゴ太り、ウリボウを釣っていました。

 満ち方向の流れは次第と速くなっていきます。

 しかし風向きが変わったのか東方向より強く吹き回してくるようになりました。


 21時43分、南正面より少し流れたところで綺麗な浮き入れが。

 近いのでかなり強烈に頭を振る感じが良くわかります。

 ここでまたパワー不足、魔鯛に足元に突っ込まれてしまいました。

 潮が引いているので右側の低場に移動して引っ張ると何とか出てきました。

 26_DSCF4466-1.jpg

 71魔鯛、体感的には80近くに感じてしまいました。

 2発連続でバラさずに良かったです。

 これで一応格好はつきました。

27_DSCF4470-1.jpg

 23時頃、本来の干潮の時間です。この頃に一時緩くなりまた速く流れるようになりました。

 T師匠は釣果に満足したようで、テントを張っての熟睡タイム、朝まで姿が見えませんでした。


 23時14分、かなり沖で45魔鯛。

28_DSCF4473-1.jpg

 潮の流れも良く、餌取りも多くないのですが、なかなか魚を喰わせることが出来ません。


 0時前、30ぐらいのサンバソウ。

 0時7分、40石鯛。

29_DSCF4475-1.jpg

 0時23分、43石鯛。

30_DSCF4479-1.jpg

 やはり、月明かりが有ると石鯛が喰ってくるようです。


 1時3分、かなり沖で57魔鯛。

43_DSCF4482.jpg

 もうクーラーが一杯です。

31_DSCF4487-1.jpg

 とりあえず、T師匠のクーラーに入れておきます。

32_DSCF4489-1.jpg

 2時を過ぎると激流となりお手上げ状態。

 やはり、夜の満ち潮は速いです。


 少し仮眠を取り、3時頃から一番西側の潮裏を初めて釣ってみました。

 この頃には月明かりも無くなり期待薄の感じです。


 手前側は緩く沖に流れ、本流に乗ると速くなってしまいます。

 何とか釣りは成立するので退屈しのぎに釣ってみます。


 3時28分、久し振りのウキ入れで40ぐらいの魔鯛。暗くなっても喰うようです。

33_DSCF4491-1.jpg

 4時頃には満ちの流れも弱くなり本命ポイントで釣りましたが、生体反応が無く、5時前には納竿とました。

 
 本日の釣果。71魔鯛。48グレはT師匠からの頂きもの。

34_DSCF4493-1.jpg

 その他、色々。

35_DSCF4495-1.jpg

 43,40石鯛。30石鯛はT師匠にお裾分け。

36_DSCF4496-1.jpg

 57魔鯛、小鯛はT師匠にお裾分け。

37_DSCF4497-1.jpg

 イサギ6枚(最大38㎝)

38_DSCF4498-1.jpg

39_DSCF4499-1.jpg

40_DSCF4500-1.jpg

 中アジ(最大35㎝)

41_DSCF4501-1.jpg

42_DSCF4502-1.jpg

 バラシ1発は残念でしたが、本当に良い釣り収めとなりました。

 初釣りは13日(土)の夜釣り、三崎宇和海側を予定しています。

 
スポンサーサイト



Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

へたくそ隊長

Author:へたくそ隊長
酒好き、男好き?の「へたくそ」釣り師です。
海釣り何ならなんでも有り、カゴ釣りをメインとしています。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索
RSSフィード
リンク