HOME   »  三崎、二名津  »  三崎、二名津トビワタリ

三崎、二名津トビワタリ

 
 2007年8月11~12日(土~日) 大潮 満潮 20時17分 247㎝ 干潮 02時13分 120㎝ 満潮 6時38分 202㎝ 月出 04時19分 月入 18時43分 月齢 28.1 波 0.5m 南西の風?強し 晴れ時々雨 水温?度

 今回は悠遊さんが段取りの三崎、二名津の釣行に同行させてもらいます。

 12時に保内町のジョイフルに集合なので、須崎を9時30分に出発予定とします。9時前、行き付けの釣具屋さんに到着、ハブ太郎も着ていて荷物をイプー号に積み込みます。

 先程よりハブ太郎の方に終身名誉会長の方から電話が掛かっているようで、「暇なので事務所に寄っていけ」との事だ。一応寄る事として出てきたら写真を撮って逃げようとの作戦とします。

 終身事務所前に行くと、4tユニック車に乗って臨戦態勢で待っています。
01_IMGP1387-1.jpg

 ヤバイです、目が完全に逝っています、これは逃げなくては。
02_IMGP1387-2.jpg

 仕事場が東津野方面らしく、全開で追わえてきます。
03_IMGP1389-1.jpg

 登り坂なのにエアーブレーキをプシュプシュ言わせて煽られます、非常に怖いです。
04_IMGP1391-1.jpg

 何とか途中で追撃を振り切り、12時には保内町のジョイフルに到着します。暫くして悠遊さん、MOTOさんも到着します。昼食を兼ねたミーティングをし、13時前には二名津向きに出発します。

 13時30分に船着きに到着、一番乗りです。MOTOさん、やる気満々でニンニンしています。
05_IMGP1396-1.jpg

 ハブ太郎、ハブ次郎(MOTOさん)、師匠弟子でニンニンしています。
06_IMGP1398-1.jpg

 悠遊さん、ハブ太郎共に気合いが入っています。
07_IMGP1400-1.jpg

 隊長がウ○コで居ない間に皆さんのクーラーの中身のチェックがされてました。
 ハブ太郎のクーラー、ビールが何本入っているかは不明です。
08_IMGP1400-2.jpg

 MOTOさんのクーラー、ビールが2本入っています。
09_IMGP1400-3.jpg

 隊長のクーラー、ビールが6本入っています。
10_IMGP1400-4.jpg

 ハブ太郎が何か叫びながら玉を出して何かを掬っています。
11_IMGP1400-5.jpg

 悠遊さんが準備中に餌バケツを風で飛ばされたようです。ハブ太郎、「餌バケツ捕ったどぉ~」と、吠えています。良く見ると隊長の6m玉の柄にハブ太郎70㎝玉枠の組み合わせです。
12_IMGP1400-6.jpg

 ハブ太郎が着替えを始めます、パンツまでプロバイザーを穿いています、暑さ対策は完璧のようです。最近かなり腹が出てきています。(爆)
13_IMGP1400-7.jpg

 暫くして車が一台入ってきました。状況を聞いてみます。
 「あ~あ~そうですか、それで今日はどちらに上がられるんですか???」
 「わ、わしか?わしは船頭じゃけん、どこにも上がらん。わしが上がったらあんたら困ろう?
 「・・・???」
14_IMGP1400-8.jpg

 完全にやってしまいました、釣り以前の予選落ちでかなり凹んでしまいます。
15_IMGP1400-9.jpg

 14時33分、三角までの客を積んで第一便がでます。
16_IMGP1401-1.jpg

 ハブ太郎、かなり暑いようです。
17_IMGP1402-1.jpg

 15時28分、残りの客を積んで出船します。
18_IMGP1403-1.jpg

19_IMGP1404-1.jpg

21_IMGP1406-1.jpg

22_IMGP1408-1.jpg

 明神漁港、西波止。
23_IMGP1410-1.jpg

24_IMGP1410-2.jpg

 見舞崎。
25_IMGP1411-1.jpg

26_IMGP1412-1.jpg

 灯台下(ヒサミバエ)
27_IMGP1415-1.jpg

 灯台下。
28_IMGP1417-1.jpg

29_IMGP1418-1.jpg

 灯台下西側。
30_IMGP1419-1.jpg

31_IMGP1420-1.jpg

 ナギサバエへ2人が上がります。
32_IMGP1425-1.jpg

33_IMGP1426-1.jpg

34_IMGP1426-2.jpg

 松漁港。
35_IMGP1427-1.jpg

36_IMGP1431-1.jpg

 松漁港、西側の地磯。
37_IMGP1432-1.jpg

 チョボ。
38_IMGP1436-1.jpg

39_IMGP1436-2.jpg

 小チョボ。
40_IMGP1439-1.jpg

 平チョボ。
41_IMGP1441-1.jpg

 ヒラバエ???
42_IMGP1442-1.jpg

 大谷の中。
43_IMGP1448-1.jpg

 三角の東??? 船から磯上がりしにくそうなハエです。
44_IMGP1449-1.jpg

45_IMGP1450-1.jpg

 ハブ太郎、MOTOさんが上がっている三角です。
46_IMGP1451-1.jpg

 ハブ太郎、腹を出しています。MOTOさんはチ○コ触っています。ハブ一門はオカシイです。
47_IMGP1451-2.jpg

 これから一晩かけて面白い事があるんでしょう。
48_IMGP1452-1.jpg

 三角方向。
49_IMGP1453-1.jpg

 ビョウブ。
50_IMGP1454-1.jpg

 与侈漁港付近の風力発電用風車。今年の春に出来たようです。数えてみると20基ありました。
51_IMGP1457-1.jpg

 与侈漁港。中央に新波止が出来ていました。
52_IMGP1458-1.jpg

 与侈漁港、東側の地磯。
53_IMGP1459-1.jpg
 
 与侈漁港。
54_IMGP1460-1.jpg
 
55_IMGP1461-1.jpg

56_IMGP1462-1.jpg


 半田漁港。
58_IMGP1465-1.jpg

59_IMGP1468-1.jpg

東波止に2人、西波止に3人います。
60_IMGP1468-2.jpg

61_IMGP1469-1.jpg

 ショウガツ。
62_IMGP1471-1.jpg

 2人が上がります。足場は平らで最高です。
63_IMGP1473-1.jpg

 そろそろウノクソが近づいてきて風が強まってきます。

 船頭さんが「この風やけど、本当にウノクソに上がる???」
 「はい、上がります」

 しかし近寄ってみると南の風が山を越えてきて旋風が巻いています。
 「無理ですね、他に上がります、ハエ在りますか???」 
64_IMGP1474-1.jpg

65_IMGP1476-1.jpg

 串漁港、風が強いせいか釣り人は誰も居ません。
66_IMGP1479-1.jpg

67_IMGP1480-1.jpg

68_IMGP1481-1.jpg

69_IMGP1482-1.jpg

70_IMGP1483-1.jpg

 16時07分、やっとの事でトビワタリに上礁します。西からの風が強いですが何とか釣りは出来そうです。
93_IMGP1511-3.jpg

71_IMGP1484-1.jpg

 東側方向、串漁港が見えます。満ち潮が串漁港に当たり西方向(左側)に流れています。
72_IMGP1485-1.jpg

 西側方向、早い潮が流れています。西陽でウキが見えにくい状態です。
73_IMGP1486-1.jpg

 沖を凄い船が通っていきます。
75_IMGP1488-1.jpg

 悠遊さんの餌、撒き餌は赤アミ(ジャミ)主体、刺し餌は生のようでした。イサギ、アジ狙いのようです。白長靴は最近気に入っているようです。
74_IMGP1487-1.jpg

 悠遊さんは東側に移動して潮上から攻めてみます。
78_IMGP1491-1.jpg

 悠遊さんのウキ、今にも入りそうです。
77_IMGP1490-1.jpg

 西側の光る所迄を重点的に攻めてみます。20㎝級のアジが喰ってきます。
79_IMGP1492-1.jpg

 餌取りのフグ君。
80_IMGP1493-1.jpg

 ウリボウも喰ってきます。
81_IMGP1494-1.jpg

 竿2本の棚で磯ベラが喰ってきます、西側は浅いのか、シモリがあるようです。
82_IMGP1495-1.jpg

 18時30分を過ぎると夕日が大分落ちてきます。
83_IMGP1496-1.jpg

84_IMGP1497-1.jpg

85_IMGP1500-1.jpg

 19時09分、完全に日没します。
86_IMGP1502-1.jpg

 ケミホタルを点け夕まずめを攻めてみます。
87_IMGP1504-1.jpg

 西側には雨雲が19時半頃には少し雨が降りだしました。
88_IMGP1506-1.jpg

 この夕まずめのチャンスで悠遊さんが40㎝級の魔鯛を釣ります。さあ、これからだと気合いが入ってしまいます。

 20時を過ぎた頃に満ち潮が止まり、緩やかな引き潮が東向きに流れ始めました。

 しかし暗くなってからアジも当たらずに刺し餌も全然落ちません。魚の気配が薄いです。

 次に当たったのは22時を過ぎてから、悠遊さんに良型メバルが当たってきました。
89_IMGP1507-1.jpg

 魚が喰わないのと、ビールの呑み過ぎ(500*2本.350*7本)で酔ってしまい、23時より2時まで仮眠する事に。悠遊さんは休まずに釣り続けていたようですが当たり無し。
 2時より再開、東向きをずっと流しますが竿2本でシモリに捕まって苦戦します。

 3時08分、やっと悠遊さんに当たりがあり30㎝級のイサギを釣り上げます。
90_IMGP1508-1.jpg

 その後、又しても悠遊さんが同寸のイサギを追加します。私は遠投力が足らずにポイントまで仕掛けが入ってないようでした。

 4時頃、本格的に雨が降ってきます、えい加減今迄風に吹かれて寒いのにさらに濡れて風に吹かれてしまい散々な目に合います。

 5時を過ぎるとやっと夜が明け、潮も満ち潮が動き始めました。朝まずめの大判をと思い頑張りますが当たり無し。迎えの船が前を通っていったので納竿としました。

 三角のハブ太郎、MOTOさん、流れずに居ました。 
91_IMGP1510-1.jpg


 

 本日の釣果、小アジ7枚、ウリボウ2枚。日暮れから一回もウキ入れが無かったです。



 悠遊さんの釣果。魔鯛1枚、イサギ2枚、メバル1枚、アジ数枚。
92_IMGP1511-1.jpg


 MOTOさんの釣果、アジ3枚?、バナナ1本? しかしバナナは良い曲がりをしています。
93_IMGP1511-2.jpg

 
 ハブ太郎の釣果、イサギ2枚。

 タカバに花ちゃんが上がっていましたが中アジ2枚のようでした。どのハエも喰いが悪く苦戦していました。それでもチョボ、小チョボ、平チョボはボチボチ釣っていたようでした。

 朝、帰ってきて船頭さんが言いました。
 「竿出せた???」
 「はい」
 「ずっとやれた???」
 「ずっとやりました」
 「本当に・・・」

 何か信じられないような顔をしていました。


 次回は25~26日の定例会で同じく三崎、二名津でリベンジを予定しています。



スポンサーサイト
Comment
三郎さん!
E方だと思ってましたが・・・残念です。速やかに三郎を襲名してくださいね(笑)
白長靴はわりかしえいでぇ~
楽しかったです
この前は、お世話になり、ありがとうございました。
お魚は釣れなかったけど、めちゃくちゃ楽しかったです。

あっそうそう!隊長さん、ハブ三郎がいややったら、「風の又三郎」の名前を借りてはいかがしょう(爆)
ええですよ!「サブちゃん!」とも呼べるし!
風も吹かすし、船頭もぶっ飛び!!
「風のあひる隊長又(の名を)三郎」さん、
又、遊んでくださいね。
ハブ三郎
今度貧果なら襲名間違い無しですね、そうならないように頑張ってきます、サブちゃんと呼ばれるのは嫌です。

しかし私より「ハブ三郎」に相応しい方が数名いますが、そう思っているのは私だけでしょうか???
Trackback
[[attached(1,aline)]]= 三崎のアジさん、イサキさんのご機嫌は…? ='''夏磯'''といえば、やっぱり'''夜釣り'''が気持ちいいですね。この日は、新月のため月は見えませんが、星はきれいに見えそうです。違う
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

へたくそ隊長

Author:へたくそ隊長
酒好き、男好き?の「へたくそ」釣り師です。
海釣り何ならなんでも有り、カゴ釣りをメインとしています。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索
RSSフィード
リンク