HOME   »  スポンサー広告  »  スポンサーサイト   »  ルアー  »  ルアー釣り

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ルアー釣り

 
 隊長の持っているルアー竿、ルアー、小物の紹介と、浅はかな講釈をグダグダと書いてみます。

 DAIKO、PRS-1303H 磯からの青物、シイラ、スズキ釣りに使用。(最近活躍無し)
01_IMGP2296-1.jpg

 ここの説明は後ほど行います。
02_IMGP2296-2.jpg

 DAIKO、PRS-902ML スズキ釣りに使用。(最近活躍無し)
03_IMGP2297-1.jpg

04_IMGP2297-2.jpg

 SHIMANO、TROUT ONE XT 陸からのカマス、メッキ、スズキ釣りに使用。(ハブ太郎よりの頂き物)
05_IMGP2299-1.jpg

 TO-86ML2 LINE WT 6~10lb LURE WT 5~21g LENGHT 8′6″
06_IMGP2300-1.jpg

 TOURNAMENT-Z-C 2500C 2号ライン(約8lb)にリーダー3号(12lb)を使用。
07_IMGP2301-1.jpg

 ルアー色々、シイラ、青物、スズキ用。
08_IMGP2303-1.jpg

 これに一杯あったのですが残りは磯道具入れに入っています。(10個ほど???)
09_IMGP2302-1.jpg

 スズキ用。
10_IMGP2305-1.jpg

 カマス、メッキ、スズキ用。
11_IMGP2306-1.jpg

 陸からの道具一式。ショルダーバックに入れてウロウロしています。
12_IMGP2307-1.jpg

 リーダー用のナイロン3号、スプリットリング、替え針、プライヤー、メージャー。
13_IMGP2308-1.jpg

 スプリットリング。
14_IMGP2309-1.jpg

 替え針。
15_IMGP2310-1.jpg

 プライヤー(先曲タイプ)、ルアー釣りでは必需品です。針外し、スプリットリング、針交換、ラインカッターに使用。
16_IMGP2313-1.jpg

 ルアー、大きいヤツ色々。
17_IMGP2315-1.jpg

 ポッパータイプ(120~130㎜)、海面をバシャバシャしてきます。魚がバイトする瞬間が見えます。
18_IMGP2315-2.jpg

 メタルジグ、海底から中層を高速巻きで狙います。重くて遠投可能、広範囲が攻めれます。75㎜、40gぐらいのヤツです。
19_IMGP2315-3.jpg

 1番上、ミノー、シンギングタイプ(90㎜???)。海面下数mを泳いできます。リップの長いほど深く潜りブリブリします。メタルジグ、30g???
20_IMGP2315-4.jpg

 ルアー、小さいヤツ色々。
21_IMGP2316-1.jpg

 バイブレーションタイプ(70㎜)、小刻みに震え、カチャカチャと音がします。他のルアーを見切られた時に有効。
22_IMGP2318-2.jpg

 ソフトルアー、色々なタイプが有り、ジグヘッドに刺し使います。カマス、メバルに有効です。
23_IMGP2318-3.jpg

 ススギ君用、ミノー(フローティング、シンギング 65~90㎜)
24_IMGP2317-1.jpg

 ミノー(シンキング)、鮎カラー、75㎜、8番フック。針が錆びてしまってます。
25_IMGP2312-1.jpg

 本当に小さいヤツ、65㎜以下。軽すぎて投げにくいです。
26_IMGP2318-1.jpg

 ミノー(フローティング)、65㎜、10番フック、これで80㎝のスズキが釣れます。
27_IMGP2311-1.jpg

 今年釣ったスズキ君です。
suzukikunn_minamib_4-1.jpg

 ミノーにはフローティング、シンキングの2種類あり、見分けがつき難い物があります。大抵背中か腹側にFとかSとか書いてあます。これはF、フローティングです。
28_IMGP2321-1.jpg

 これはS、シンキングです。 
29_IMGP2324-1.jpg



 ルアー竿の表記の見方ですが、m、g、号で書いてないので見難いです。
01_IMGP2296-1.jpg

02_IMGP2296-2.jpg

 PRS-1303Hの場合、名前から長さ、竿の構成、硬さが判ります。

 LENGHT(レングス)13′0″は13.0feet(フィート)で1フィートは30.48㎝、13.0*30.48㎝=396.24㎜で約3.96mです。
 フィートは尺(30.30cm)とほぼ同じく、歩幅が基準となっているようです。西洋と日本とで歩幅が0.18㎝違うようです。

 3は3ピース構成の意味で2ピースなら2、1ピースなら1と表記されます。どのメーカーも同じようです。振出タイプもありますが、やはり曲がり、ガイドバランス等で継ぎ竿(逆並継)の方が主流です。

 Hは竿の硬さの目安で、この場合はheaver(ヘビー)でそこそこ硬い部類に入ります。磯竿でいえば3号ぐらいです。

 SXUL→XUL→UL→L(ライト)→ML(ミディアムライト)→L(ライト)→M(ミディアム)→MH(ミディアムヘビー)→H(ヘビー)→XH→XXHの順に硬くなっていきます。メーカーによって表記の仕方が違う場合があるかも知れません。

 LURE Weight(ルアーウエイト)はDAIKOの場合、oz(オンス)表示となっています。
 1ozは28.35g、1/2~2ozなので、14.18~56.70gのルアーが快適に使用できます。DAIWA、SHIMANOの場合はg(グラム)表示になっているので分り良いです。エギングロッドの場合、エギの号数表示の場合があります。

 LINE(ライン)は16~30lb(ポンド)。
1lbは16ozで28.35*16=453.6g、1号ラインの引っ張り強度が約2㎏で2000g/約500gで約4ポンドラインに相当します。

 16~30lbの場合、ナイロン道糸に換算すると約4号から約7.5号の糸が使用できると判断されます。ナイロンの場合、号数の約4倍がlb数と覚えておけば簡単です。

 PEラインを使用する場合はまた計算が複雑となってきます。

 ナイロン1対してPEは2.5~3倍の強度があります。DAIWAのPE1.5号で16lb、3号で30lb。単純に号数の約10倍がlb数と覚えておけば簡単ですね。

 ACTION(アクション)はルアーの引く速さでMODERATEは???、他のFast(ファースト)、Regular(レギュラー)、Slow(スロー)、Regular Fast、Regular Slowなどがあります。

 ルアー専用の道糸はlb表示されています。直径も表示されているので通常のナイロン道糸と見比べれば大体の号数も分ります。

 ルアーも長さ(㎝もしくは㎜)と重さ(g)表示されています。ミノーの場合、上記でも述べたようにF、Sで種類が分ります。

 最初に付いているフックは弱く、直ぐに伸びるので替え針は買っておくべきです。

 ルアー竿もバスロッド、トラウトロッド、シーバスロッド、エギングロッド、ジギングロッドと種類も長さ、硬さも色々とあります。

 ルアーも色々な形、大きさ、色があります、本格的に始めたらかなりの出費が必要ですね。



 以前釣ったススギ君(マル、ホシ)、です。チヌの落とし込みにいった時に初めて釣りました、10年ほど前の事です。  
31_suzuki-1.jpg

 その翌日に達坊がルアーで行って爆釣りしてきました。これがキッカケでルアーを始めました。ホシスズキ73㎝。
32_suzuki-2.jpg

 磯からも狙ってみました。須下での釣果、ヒラスズキ君、72㎝。
33_suzuki-3.jpg

 同日、須下でのブッチャンの釣果、ヒラスズキ君、73㎝。
34_suzuki-4.jpg

 暫くしての須下の達坊の釣果、ハマチまで釣ってきました。
35_suzuki-5.jpg

 これで調子の乗り、手結沖までシイラを釣りに行きました。135㎝、13.0㎏、PE2号(20lb)、ショックリーダー10号(40lb)で獲りました。(右側は終身の小さなシイラです)
37_shira.jpg

 その時に使用したルアーです、シイラの鋭い歯でギザギザになっています。事務所に飾っていて見てニヤニヤしています。
38_IMGP2331-1.jpg

スポンサーサイト
Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

へたくそ隊長

Author:へたくそ隊長
酒好き、男好き?の「へたくそ」釣り師です。
海釣り何ならなんでも有り、カゴ釣りをメインとしています。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。